オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今、CMでよく流れている「ホリディ」。懐かしい曲です。『We are all alone』。
レスリーは初々しい歌だったなぁ。
なんて、すっかりBoz Scaggs(ボズ・スキャッグス)よりもレスリー寄りになっている私。
76年の曲ですので、もう30年も前になりますか。
レスリーがカバーして歌ったアルバムが77年ですのでリアルタイムなのよね。
頼りないけど、とっても可愛いレスリーの声がねぇ。。。たまらんのです。可愛いのに何だか泣けてしまう。
たぶん大人になったレスリーがこの曲を歌ったら、これまた味わい深くて泣けてしまうんだろうなぁ。聞きたかった。
この曲は色々な歌手がカバーしており、映画ではRita Coolidge(リタ・クーリッジ)が使われているようですね。


閉めた窓から 穏やかな光
ほら 何も問題ない
苦しむことはないんだ
外に出て はじめよう
すべてを忘れて今
僕たち二人 二人ぼっち

風に投げかけるから
愛する君 僕の愛を受け止めて 

この“We are all alone”をどう訳すかで歌の意味が変わってしまうと、常々話題になってきた名曲。
英語・・・・やっぱ難しいわ。ホンマあかんなぁ、と凹む。

今は、僕たちは二人きり、二人ぼっち、そんな風に聞きたい気分。
レスリーから告白されてる気持ちで聞くと、なんや ぽぅ~っ てなりますなぁ。(妄想族ですからジャマせんといてな)

レスリーからの愛、絶対に取りこぼさないわっ!
“我ゆゑに月をながむと告げつればまことかと見に出でて来にけり”
(私のことを想って月を眺めていると告げられたので、本当かどうか知りたくて確かめに来たんだよ)

本当に決まってるじゃない。

ある日突然、あなたは私の世界に入ってきました。
時々つれなくしたり、時々甘えてきたり、そうやって翻弄されながら、気がつけば私がレスリーの世界にいた。
月を見ればレスリー、お饅頭を手にすればレスリー。丸いものを見ればレスリー…て。。。違う違う!
「世の中に恋という色はないけれど、身に染みるものなのね…」と和泉式部は言いました。
あなたは姿が見えないときも色鮮やかで香り高い。
映像でしか知らないあなただけど、あなたと向き合う時、私は幸せな気持ちになるのです。

あなたは本当にカッコいいよ。
ピンと背を伸ばして、前を見て、一歩ずつ自分の道を歩いてきた姿は、本当に美しいって思う。
すごく憧れます。
あなたが本当に大好きだから、私も負けないくらい凛々しく美しい人になりたいって思う。
本当のことを言うと、あなたが亡くなった後に出会ったことはちょっとだけ悔しい。
でもそれ以上に、まだ知らないあなたとの出会いがたくさんあると思えるから、私は寂しくないし悲しくない。

ながめつつことありがほにくらしてもかならず夢の見えばこそあらめ(物思いに耽りながらも、何かよいことがありそうな顔をしているのは、かならず夢で逢えると思うから)

じゃ、また。夢で逢おう!
梅蘭芳はレオン・ライなの?
ヤフーニュースによると、トニさんとか隊長にも会ったと報道されたらしいけど、、
トニさんは前々から話出てましたけどね。。。隊長はないっしょ~~体格的にちょっと無理が…ある、、ヨネ。隊長の持ち味からしても、ちょっとキツイんちゃうかと思う。役者専門ちゃうし。
正直言いますと、なかなか隊長に会えない環境のワタクシとしましては、映画ではなく音楽に力を注いでいただきたいキモチ(笑)

基本的に外見重視の私が独断と偏見で推薦させていただくなら、やっぱりニコしか思いつかん。
演技的には、ちょっと感情がストレートに出すぎるかなぁと思わないでもない。が、表情はいいし、何より時代物の衣装を着てる時の動きが綺麗。
(裾裁きも所作もしっくりしてるだけじゃなくて着崩しもできるなんて、若いのに感心しちゃう)
あとはもう少し演技に奥行きが出てくるといいのになぁ、と。
抑えた演技のときはそうでもないけど、感情が激してきた時の表現が一辺倒になりがちなのがちょっと気になる。
まだ若いし、これからだと思うけど。。。
ルックスが先行してしまってニコの演技について書いてる記事が少ないんだけども、なかなかの演技派だと思うな。
エヂ、ショーン、ニコ、、この年代の稼ぎ頭的な役者の中では(演技面でも幅でも)頭一つ抜けてると思う。

別の作品だとはわかってるけど、こればっかりは申し訳ない。
やっぱりレスリーを見てしまったから、どうやっても女形をやれる男優が思いつかないなぁ。
「Mバタフライ」のジョン・ローンはもともと京劇やってた人だけど私ダメやったなぁ。
なんか、、、ギョッとした記憶がある。これは作品の印象が悪かったのかもしれない。。
(当初「Mバタフライ」→レスリーに、「覇王別姫」→ジョン・ローンにオファーがあったらしい)

陳凱歌はことあるごとにレスリーの名前を出すけど、ホンマに相性がよかったんだろうなぁ。
「無極」の無歓をレスリーにやってほしかった、、っちゅー話は有名だけども、この「梅蘭芳」もレスリーで撮りたかったって言ってるし。。
ただ、蝶衣は確かに抜きん出てレスリーにピッタリの役、というかレスリーだからこそ光った役だって思う。
でも素朴でもいいので、心理描写の細かい人間ドラマを描いてほしいです。そういう役をレスリーに演じて欲しいなぁと思う。

レスリーの蝶衣ってホンマに奇蹟なんやとつくづく感じてしまうニュースでした。
終わり。

・・・・って、いや、、、そうじゃなくて。
この時期に「梅蘭芳」の記事を読んでレスリーのこと、また考えちゃったんです。
美しい人はたくさんいるけど、何て言うか、、、外見のそれ以上に見る人の気持ちを揺さぶるくらいの熱を持ってるにも関わらず、透明感のある表現力を持ってる人って、なかなかいないなぁ、、って。
年齢を重ねると次第にその人の味が出てきて、それはとても素晴らしいことではあるんだけど、同時に新鮮さに欠けるということでもあると思う。
レスリーがすごいと思うのは、それが役の姿なのか彼本来の姿なのかわからないくらい同化しちゃってるところ。
私の固定観念を見事に粉々にしてくれる。そして今まで思ってた彼とは違う姿を見せても、それが張國榮という人なんだと思わせてしまう、ある種の強引さがあるんですよね。
にも関わらず、ふと彼のことを思い浮かべる時は、優しくて柔らかい陽のあたたかさを感じてしまう。
そういうところが本当に魅力的でたまらない。
要するに、私はやっぱりレスリーが大好きなのっっ!

という告白にたどり着きました。
終わり。
この頃よく聴いているのがレスリーの“你這樣恨我”。
私はどんなにふらふら彷徨っても必ずレスリーで〆ないとダメみたいで。。。
最近は1日の終わりにこの曲を聴いてホッとします。
ストリングスとギターが舞ってるようなメロディー…70年代ちっくな雰囲気なのもお気に入りの理由です。
レスリーのデビューアルバム『Day Dreamin'』がベスト3に入るくらい好きなんですけど、レスリーと70年代はバッチリ合うんですよね。(70年代が青春真っ盛りの人なんだからピッタリなのは当然か)
いいなぁ。レスリー。お友達になりたかったわ。

この曲はラブソング?なのかなぁ?
内容がよくわからないんだけど、彼女と別れたんだけども、彼女が自分を恨めしく思ってて、だからとても心苦しくて…はやく君の気持ちがサッパリしてくれるといいな。もしまだ僕のことを恨んでるのなら、僕の歌を聴いて気持ちを収めてくれないか?僕を恨むんじゃなくてラブソングを恨んでよ、この曲を挽歌として聴いて許してよ、みたいな。。。(ものすごくこじつけてみた)
なんかちょっと一風変わった歌詞だわ。よくわからん。
ただ、彼は彼女にすごく優しいなぁって思って聞きました。
歌詞はこんなだけど、曲はとても懐かしむような優しい気持ちがあって、歌詞は彼の思いやりの裏返しというか、そんな感じがする。
何よりレスリーの歌い方がね。そんな気持ちにさせるんですよね。

彼の身勝手で彼女を振ったことにして、わざとこんな言い方してるんじゃないかな。
本当は彼の方が振られたんじゃ?
まだ彼女のことが好きなんだけど、でももう一緒にいられない。
このまま思いつづけるのは彼女に迷惑だろう。好きだからサヨナラしよう。もうバイバイしなくちゃいけない。
そうやって、まだ彼女のことが好きな自分の気持ちにサヨナラする自分への挽歌なんじゃない?
君と僕の気持ちを逆にしてみると、ものすごくしっくりくるんですけど?
恨んでるんじゃなくて好きで好きでたまらないんだよ。だからどうしても諦められなくて、諦めたくないけど忘れなくちゃいけなくて、とっても辛いからこのラブソングをラストソングだと思って歌うことで自分の気持ちに区切りをつけようとしてる。

うわぁ…切ない。これは切ないぞ。
これは切ないソングが大好きなことを知っての狼藉か?(狼藉て…)
うーん。私の解釈でいくと、1日の終わりに聴いてホッとしてる場合じゃないよなぁ。。
いや、どうかな。やっぱよくわからんな。。。私の能力ではこの曲を理解するのはまだ無理だ。
あぁ、なんて歌ってるのか知りたいよ~~。どんな解釈なのか教えてほしい~>レスリー!
おととい、夢にレスリーが出てきました。
やたら扉を叩くもんだから、「誰やねん、しつこいなっ!」と扉を開けると、レスリーが「Hi~」。。。。

ぎゃーーーー。なんでうちに???

と一人で焦ってたら、
「USAにお土産があるんだよー」
って、私の目の前に出てきたのはレスリーと同じくらいの背丈のパンダ。レスリーに手をひかれて立ってました。
レスリーに驚きすぎてパンダに反応できなかった私に、ややションボリのレスリー。ごめん。
だけど私はパンダと手を繋いでるレスリーがあまりに愛らしくて抱きつきたかったのだ(笑)

そしてレスリーが「スーシン、スーシン」って言うから、なんでチャイゴー?と意図がつかめずにいたところ、スーシンではなく寿司(笑)
お寿司食べに行きたいっていうリクエストだったのです。(今日の私はレスリーと意志の疎通がうまくいかないわ…)
それでレスリー(とパンダさん)をつれてお寿司屋さんへ。
パンダは大人しくお寿司食べてます。
レスリーは、、、自分が握った寿司を食べろと私に言います。
大スターにそんなことさせられん!と言いつつ、しっかりレスリー寿司を食す私。ここまできたら遠慮するつもりはない。
そして、お寿司を食べ終わった私に、
「今から旅行に行くから、パンダさんの面倒見ててね」
…私へのお土産じゃなかったのか。パンダを預かってほしかっただけなのか。レスリー…
そしてレスリーは元気いっぱい関空からどこかへ旅立ちました。それを見送る私とパンダさん…

ところで。いつ帰ってくるんだ?


昨日この夢の話をしていたところ、きぃちゃんから「USAちゃん、本当に疲れてたんだね…」と労われてしまった。
本当に。自分でもこんなに疲れてるとは思いませんでしたよ。
で、夢に出てきたレスリーのパンダさん。二本足で歩いてました。なぜ?
レスリーは私がくたびれてヘトヘトになると夢に出てくる。
目が覚めてレスリーの姿がぼんやり思い浮かぶとき、私は決まって力みから開放されてる。
だから疲れてる時も私は幸せだなぁと思う。

※この記事は11月30日までトップとなります。最新の記事は一つ下からどうぞ。
ここのところ忙しさにかまけてサボり気味でして、、、一気に記事アップしております。
今年はレスリーの生誕50周年。
いつもレスリーを真ん中に泣いたり笑ったり、楽しい場を提供してくださるLLさんが主催となり、ラストを締める12月にこのようなイベントが計画されています。
ワタクシ色々と予定があり当初は行けないはずだったこのイベントですが、、、予定が沒になってしまいこのイベントには行けることになりました。
これはレスリーが会いに来て~と言ってるのだと、勝手に勘違いすることにし、きぃちゃんを誘って12月お江戸へ参ります!
とりあえず飛行機の切符はおさえまして、これから細かい準備を始めねばなりません。でも、、、12月ってめちゃくちゃ忙しいんだよーーー。なのに江戸に行くことにした私、、バカ。ホントに考えなしな自分を責めるしかない。だけどつい「レスリーが悪いんだ。レスリーじゃなかったら行かなくて済んだんだ。レスリーのせいだ。。。」とレスリーに責任転嫁してしまいます。
イベントの内容は、実はよくわかっていません(笑)
でもLLさんだから楽しいことはわかってるし、、ピーターさんのお話はかなり面白いので期待大です。(前回がどんな内容だったかは、ワタクシの過去ログなんぞ 1 , 2)
遅くなってしまいましたが、、今さらながら告知。すみません。締め切りまであと1週間切っております。
【紅・LESLIE・想】
2006年12月16日(土) 
開場 12:30 
開演 13:30~ 16:30
場 所:青山ウィメンズプラザ ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67
会 費:2300円
締め切り:11月30日(木)
ちょっと思うことがありレスリーの曲で絶対にはずせない5曲を選んでいました。
“大熱”“沒有愛”“為你鐘情”の3曲だけは絶対何があってもはずせなくて、あと2曲が難しい。。
単に私のリピート率の高さで選ぶと、“My God”“Tonight And Forever”がすんなり入って決まりなんだけどさ(笑)
“月亮代表我的心”かなぁ。。。でもでも~“春夏秋冬”も…“知道愛”も好きだー!あ、でも“流浪”が…
などと堂々巡りに入ってしまい決まらない。うーん。。難しい。
他の人はどんな曲が好きなのかなぁと思ってLLさんを覗いてみると、やっぱり“追”“有心人”“我”って人気なんだなぁ…と思った。“侯斯頓之戀”が9位にくるとは…。意外だったけど私も好きだから嬉しい。“意猶未盡”も好きなんだよなぁ、、私。“願你決定”も。。。

アカン。やっぱり決まらん~~~。いっそレスリーに5曲選んでほしい。願張國榮決定~~~
レスリー・チャン生誕50周年記念エキシビション
神奈川県民ホール/10月19日(木)~22日(日)
入場無料

今年生誕50周年を迎えた張國榮(レスリー・チャン)のキャリアをパネルや映像でつづる、ファンの手によるイベント。
各国からの協力もあるとのことで、かなり見ごたえのある内容ではないかと思います。
また会場では記念のグッズも発売されるそうです。
21日には横浜中華街チャイナスターにてレスリーの代表作「さらば、わが愛 覇王別姫」が上映されます。

こんなに愛されて大切に思われているスターがいるだろうか。
近頃よくそんなことを考えます。
いつまでもレスリーが大好きな日本のファンの姿を、彼はきっと空からニヤリとしながら見てるに違いない。
レスリーを囲んで楽しそうにしている場所があれば、きっと気になって気になって、思わず近くまできてしまうに違いない。
だから来週、レスリーは日本から離れられないはず。

あのきぃちゃんが、自分から動くなんて~~~
あまりにもPASSIONが見たくて、、大きな画面で見られる場所を探していると。(仲良しで集まってPASSIONしようぜ計画)
ビックリだわよ。レスリー凄いわ。本当に。きぃちゃんをこんなに激変させるなんて!
長い付き合いだけど、きぃちゃんがここまでスピーディーに行動に移しているのをはじめて見た気がする(笑)
いつも私が言い出してきぃちゃんを振り回してるばっかりだったんだけど、やるやん。
そんなに大きなラブコールをレスリーにいただける日が来るとはねぇ、、、感無量。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。