オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「cut」11月号でアジア映画20という特集がありました。面白いなぁと思ったものの、ベスト20を挙げられるほどまだアジア作品を見ていないので全体的なベスト20を挙げてみたいと思います。

1. 風と共に去りぬ (ヴィヴィアン・リー)
2. 覇王別姫 (張國榮)
3. マイ・フェア・レディ (オードリー・ヘプバーン)
4. 心の旅路 (グリア・ガースン)
5. 哀愁 (ヴィヴィアン・リー)
6. ウエストサイド物語 (ナタリー・ウッド)
7. 欲望の翼 (張國榮)
8. 生きる (志村喬)
9. 美女と野獣 (ジャン・マレー)
10.街の灯 (チャーリー・チャップリン)
11.お茶漬けの味 (鶴田浩二)
12.おしゃれ泥棒 (オードリー・ヘプバーン)
13.グランドホテル (グレタ・ガルボ)
14.サウンド・オブ・ミュージック (ジュリー・アンドリュース)
15.天使にラブソングを (ウーピー・ゴールドバーグ)
16.ロミオとジュリエット (オリビア・ハッセー)
17.羅生門 (三船敏郎)
18.チャイニーズ・ゴースト・ストーリー (張國榮)
19.ロシュフォールの恋人たち (フランソワーズ・ドルレアック、カトリーヌ・ドヌーヴ)
20.ブエノスアイレス (張國榮、梁朝偉)

好みに偏りがあるので同じ人の出演作ばかりになってしまいました。一番見る回数が多いのは「風共」「心の旅路」「おしゃれ泥棒」「天使にラブソングを」あたりです。これから回数が増えそうなのは「チャイゴー」でしょうか。回数とお気に入り度が必ずしも一致しないのは、体力の兼ね合いです。
私はドラマティックな俳優が好きなので作品も自然とそんな感じのものばかりになっています。これってかなり心づもりして見ないと見終わったあと動けなくなるくらい疲れるんですね。だからそういう気分になったときにしか見ません。
レスリーにハマリにハマっているせいもありますけど、それを差し引いても彼の出演作を選ぶ目はすごいと思いますね。あとやはりヴィヴィアン・リー。「欲望という名の電車」もホント
にいい。
ヴィヴィアンやレスリーの作品を見ていると美しさも才能だと思うし、中身が伴ってこそ本当の美なのだと考えさせられます。
監督で作品を見るときは、マービン・ルロイ、小津安二郎、王家衛、陳凱歌が多いです。
まだ未見の作品もたくさんあるので今の時点でのベスト20になりますが…












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/86-b4f4f102

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。