オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日の全日本選手権見てたけど、いやあ~やっぱり浅田選手はずば抜けてるね。
不調とは言え、他の選手とは比べ物にならないぐらいに演技のクオリティ高い。
彼女が大きく取り上げられ始めた頃は、彼女の持ち味でもあるふわふわした軽やかさが正直あまり好きなタイプではなかったのだけど、今はかなり好き。軽やかさだけではなく、強さのあるしなやかなスケーティングは浅田真央という選手の魅力を大きく広げたと思う。
タラソワコーチについてからそういうイメージになったので、やっぱり良い師についたことで多くを学んだのだなと感じます。

いまのフィギュア界で浅田真央ほどの技術力を持ってる選手はいないし、表現力においても技術分抜きんでているので、彼女が絶好調の状態だったら向かうところ敵なしなんだろうな。
そんな天才とも言える彼女がこれほど苦しんでもがいている姿を隠しもせず、むしろその姿から天才も人間なんだなって親近感が湧いてきて、知らず知らずにエールを送ってしまう人間的な魅力のあるスケーター。本当に素晴らしい選手だと思います。

それから、今回わたしがとても好感を持ったのが安藤美姫選手。
彼女のスケートも、わたしはまったく好みではなかったのだけど、ここ1年ほどの安藤選手のスケートはすごく好き。力みがなくて、かと言って手を抜いているわけでもなく、本当に穏やかでやわらかなスケートを見られるようになりました。
以前はなんとなくギラギラして演技も雑に見えてしまい、美しさに欠けるような印象だったのです。やはり彼女もまた色々な経験を経て、等身大の自然な美しいスケーターになってきたのだと思います。

早くから注目されると、その期待に追いつこうとして焦ったり無理したり、若いから余計につらいものがあったでしょうね。そんな大きなプレッシャーを自分の力に変えていけるようになった時が、最も美しく輝く充実した瞬間なのだろうなと感じます。

それにしても・・わたしの好きなスケーターは何故かいつも評価が思うように伸びない。悔しいわ。
鈴木明子選手を見てると、昨年の中野友加里ちゃんを思い出してしまってならない。
ああ・・あのジャパンオープンさえなければなあ~。せっかく代表に選ばれてたのに、世界選手権に出させてあげたかったよ(_ _*)・・・シュン もっというならトリノ五輪・・あの時の勢い、タイミングなら絶対、中野選手だと思ったのになあ・(_ _*)・・・シュン (って言う理由からもやる気のなさそうに見えた安藤選手が好きじゃなかったという)

民放でフィギュアの放送は偏りっぱなしで馴染めないので、NHK杯じゃなくてもNHKで放送してほしいです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/857-bb8126c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。