オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
dvd-047.jpg台湾の「花より男子」はまだ見たことないです。見たい見たいと思いつつ、いつ行っても誰かがレンタルしていてなかなか見られないんですよ。きっとレスリーが「そっちを見る前に僕を見るんだぁ~」ってヤキモチ焼いてるんだと思います。まだ見てないレスリーの作品いっぱいあるし(笑)
さて。チュンちゃんが出てるってことで「烈愛傷痕」を借りてみました。一条ゆかりの「恋のめまい愛の傷」(全2巻)が原作とのこと。ほぼ原作どおりなんだねぇ。。原作よりも乙女な雰囲気に仕上がっていて、そのへんF4のお一人が主演という感じがします(笑)
空港で出会ってパリで4日間を過ごすってのが、日光に変わってるところが微笑ましい。台湾人なのに日本名なのは字幕だけなのかな。更紗って名前とカレン・モクのイメージが合ってるので違和感はなく、チュンちゃんも亮さんって呼ばれ(書かれ)てても違和感ないのでいいんですけどね。京子さんがもうすこし大人のいい女って感じの人だと良かったかなぁ(ドラマの女優さんも悪くはないけど…ちょっと子どもっぽい気がする)。で、琳役がF4の一人だそうで。ジェリー・イェンと言うんですね。「あぁ、分かるかも~」第一感想。日本人受けするよねって感じの男の子でした(笑)今さら感じる「台湾ってアイドル王国なんやなぁ」という思い。

全体的に高得点なドラマだったんですけど、もうちょっと突っ込むとですね。できれば更紗をもう少しクローズアップしていただきたかったです。
この作品の中心だし、お母さんから「琳の将来を思うなら別れて」と迫られるシーンとかもサッパリしすぎ。もっとめちゃくち葛藤してるんやからさぁ。ホントはもっと前から彼女自身すっごい悩んで苦しんでるのに…。髪もバッサリいっちゃってくれ。パーマがストレートになったくらいじゃインパクトに欠けるやんかぁ。その前のセリフから流れてきてるんだしさ。(更紗という役からするとカレン・モクはちょっとイメージ違うのでそれもあるかもしれない)
亮さんだってめちゃめちゃ悩んでんねんで~。チュンちゃんあんまり出てこないし、亮さんと更紗の仲がどう深まってどうこじれちゃったかってのも大事なんだけど…。(でもってチュンちゃんも亮さんのイメージとはちょっと違う・苦笑)
とにかく更紗は二人から愛されるめっちゃいい女じゃないとダメなわけよ。なのになぁんかサッパリしてるんだわ。あぁぁ。もう歯がゆい。やっぱり私は女優重視なんだわ。
あ、琳はなかなか良かったと思う。背が高くて男っぽい子なんだけど可愛い。マンガでは18歳の琳と再会してからの琳は思いっきり雰囲気が違うんだけど、よくやってるなと思いました。後半の方が良かったかな。琳はガラス細工のように透明で繊細な面と強引で男っぽい面があるアンバランスなところが魅力の一つで、特に繊細さってのがかなり難しいと思うんですけども、ジェリー・イェンは繊細というよりも甘い優しい雰囲気を強調していて、これはこれで○だと思います。両方できる子いるんかいなと思ったらおったんやね…海の向こうには。

実はマンガは今年のお正月に実家で読んだんですけど(母が一条ゆかりファン)、「あぁ、一条ゆかりだなぁ」って感じのストーリー展開になってまして、台湾でドラマになっていたとは知らなかった。
りぼん派でしたからりぼんに載ってる作品はほとんど読んでましたがもう少しお姉さん向きの作品は読んだことないものもあって、帰省するたびに増えているマンガを読むのはお正月の楽しみとなっています(笑)※この作品は『コーラス』に掲載された95年の作品
一条さんのマンガはよくドラマになりますよね。あまりキャラクターに違和感がなくてでもわりとドロドロとした話が多いのでドラマには向くのかなと。(その昔のテレビドラマ「有閑倶楽部」はちょっと厳しかったけど…)
一条ゆかりは「こいきな奴ら」と「女ともだち」がお気に入りです。あと男嫌いの双子ちゃんの話「ロマンチックください」も好きです。
「砂の城」みたいな重い長編メロドラマよりも軽めの中編が好きかなぁ。短編のシリアスもなかなかいいと思うのがありました。「恋歌姫」っていうタイトルだったかな?「恋のめまい愛の傷」と同じで年下の彼が健気で純粋な切ない初恋の話でした。「夢のあとさき」もたぶんリアルタイムで読んだと思うんですけど、ちょっとサスペンスが入ってるシリアスもの。ビアンカの着ているお洋服がめちゃくちゃ可愛くて雑誌を塗り絵にして遊んだ気がする…。
一条さんは私が生まれる前からマンガ家さんだったんですねぇ。すごいな。「デザイナー」は読んだことないのです。昼ドラになるというからにはなかなかドロドロしていそうな予感。母に電話だ(買って送ったれや)。
おぉマンガ読みたくなってきた。。。
ところで、ジェリー・イェン。この人何役の人?と思って調べたら道明寺なの?!そうなんや…花沢類かと思った。へぇ。
今さらF4の写真を初めて見てみた…。Keyちゃんが「道明寺と花沢類しかわからんねん」って言ってたけど、それって西門さんと美作の髪型が昔の江口洋介みたいやから?
けど、私もわからんわ。。ジェリー・イェンだけ顔を覚えたからそれだけは大丈夫やと思う。
そういや映画ではkeyちゃんの好きな藤木くんが花沢類やってたな。(観たことないけど。つくしちゃんが内田有紀ってのがアカンねんな。私の好みじゃないの…。そしてCD版では花沢類を木村氏がやってましたね。ジャケ写を見ると道明寺より扱いがいいので、たぶん中身も花沢類が真ん中なんでしょう。木村氏は声がとても主張する人なので花沢類よりも道明寺の方が良さそうですが?)
実はうちの会社にこの映画のオーディションを受けた人がいるらしい(F4の一人として)。藤木くんはとても目立っていたとか。そりゃアンタ…いくらなんでも顔が違うぜ。
道明寺が谷原さんやねんなぁ。けど道明寺…アタシは西門さんが好きやねん。一番正統派の美形やと思うねん。谷原さんが西門さんやったら良かったのに~。声が絶対西門さんやの~
日本でも「花より男子」がドラマになるそうで、F4には私は速水もこみちという人がなかなかええんちゃう?と勝手に思ってましたが、結局よく知らない人ばっかりであまり興味が…。つくしちゃんはキッズウォーの井上真央ちゃんとか。これピッタリやん!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/78-ab195e5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。