オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スメタナの“モルダウ”を合唱で歌ったことがあるのですが、

 山々の泉 出会い やがて一つの河になる
 谷から谷へと下り 流れは速くまた強く
 ざわめき流れる波間から 昔の勇士の歌響く
 祖国のため 兄弟たち 腕を組め

 (中盤まったく思い出せず)

 1000年の眠りから目覚めて 
 栄えある祖国の大地に春が来る
 今こそ祖国の大地に
 河ようねり 歓び歌えよ~


これしか歌詞を思い出せずに悶々・・・
一般的に歌われていた“モルダウ”の歌詞とは違うようです。他の歌詞を歌ったことがないので馴染めません。でもハッキリ覚えている部分が冒頭のみで・・・これもまたモヤモヤして気になります。
ラストの一番盛り上がる部分で気持ちを盛り上げて歌うように指導されるのですが、息が上がってきて苦しいときにツライ要求だ・・と思ってました。
元々クラシックがベースになっているので、音楽的表現の豊かさに合唱がついていけない現実。平和ボケした中学生ごときに、祖国の独立をかけた苦しみや歓びを歌うなんて難易度高すぎます。でも、歌っている時の爽快感はかなりのものでしたね。クラシックの醍醐味だと思います。
クラシックでは「美しく青きドナウ」も歌いました。これもそうとうキツイ音域がありまして悪戦苦闘した記憶があります。ソプラノパートだったわたしにとって一番苦しい曲だったなあ。
気を抜くと♪ドナウの~水は~ で声がかましちゃう(笑)
でもこれもラストが爽快感満点で♪我ら~いま歌う~ とこしえに美しく青きドナウの歌を~~~ で歌いきった瞬間ストレス全部消えます。
しかし後に宝塚の娘役たちでそれはそれは美しいハーモニーを聞かされたとき撃沈しましたね。確かその時のメンバーは各組の歌姫たちだったかと。(撃沈して当たり前か・笑)

合唱部でもないのに、色んな歌を歌いまくる中学3年間。音楽の授業は歌のみ!でした(笑)
1時間ずーーーーっと先生が弾くピアノの伴奏に合わせてひたすら歌う。いわゆる合唱曲以外ではオペラとか歌曲が多かったような気がします。
うまい下手は別にしてずっと歌ってるとさすがに気持ちがスッキリしましたね。声を出すというのはとっても良いものです。
1学期に1回、テストの代わりに歌の発表があって、好きな曲を1人ずつ歌わされます。

今でも歌えるぐらい好きなのが「カリブ夢の旅」なんですけど、笑えるのが自分のパートだけを覚えてるので途中♪ルールルルルールルーって。。。男子の歌っていたところは狐を呼んでしまいます(笑)
あと1番と2番で歌詞がちょっと違うところがあって、最初は“きらめくエメラルド”だったか“輝くエメラルド”だったか迷っちゃう。これは当時からそうでしたが(笑)
これを歌うわたしの脳内ではキャプテンキッドが真矢みきさんだったんですよね~。脳内のみきさんはいつも海賊姿でした。少し前「パイレーツ・オブ・カリビアン」っていう映画がありましたが、ああいう感じの・・・。
まさにこの曲は海賊の船長ウィリアム・キッドがモチーフだったわけで、わたしの脳内変換も大したもんかも。

はじめまして、マルと申します。
通りすがりですみません。

モルダウ、わたしも大昔に歌いました!それも同じ歌詞だと思われます。


♪栄えある我らの旗で すべての土地を埋め尽くせ
森には角笛鳴り響き 畑に緑は蘇り
鳥は歌い 魚は跳ね 人踊る

♪長い眠りから目覚め 我らは再び山を下るだろう 
兄弟の元へかえるだろう 
千年の眠りから目覚めて栄えある祖国の大地に春が来る
今こそ祖国に春が来る
河ようねり 笑い 喜び歌えよ 


…ところどころ自信はないですがこんな感じではなかったでしょうか?

小学校高学年の音楽の授業で習ったのですがあまりにも壮大なメロディーと歌詞に当時は圧倒されていたのを思えています。
いい曲ですよね。

あまりにも懐かしくて思わずコメント失礼させて頂きました。

2009.10.02 21:09 URL | マル #DLhE2T5I [ 編集 ]

>マルさま

こんにちは。コメントありがとうございます^^

歌詞、それです~
このブログはミラーブログで「想空」という本家が別にあるのですが、数日前にそちらで教えてくださった方がいて、モヤモヤが晴れました。
マルさまが教えてくださったものと同じです。
この歌詞はマイナーであまり知られていないのかと思ってたのですが、こうやってご存知の方からコメントいただけるなんて、インターネットってすごいなあ~

それにしても、これを小学生で歌うとはすごいですね。
この曲の存在感には凄まじさを感じますよね。子どもが歌うには本当に難曲だと思うのですが、同時に子ども時代だからこそ、良質の文化に触れる大切さも感じています。
そういう意味では、マルさまもわたしも、とても良い経験をしていることになりますね^^

教えていただいてありがとうございました。

2009.10.03 10:24 URL | USA #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/676-302359cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。