オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2年前に上海で買ってきたA5サイズのノートです。表紙に書いてある三番目の文字が何なのか読めません・・・(笑) 写かな?
紙がペラペラで薄いのですが、意外や意外。万年筆のインクがにじむことなく、裏移りもせず、めっちゃ優秀なんです。
ペリカンのロイヤルブルーやエルバンのヴィオレパンセは、ノートによっては裏写りを覚悟で使うのですけど、なんて素晴らしい実力者なんでしょう!!
レスリーに会いたくて當年情を探している途中、文具店を見つけたので記念にノートを何冊か買って帰りました。その中の1冊です。レシートの印字が消えてしまって読み取れなくなっているのですが、旅ノートのメモによりますと、この工作写冊のお値段3.8元。日本円で55円ぐらいです。やすっっっ!他に買ったノートも、中国の漢字練習帳(ピンインを書ける場所がある英語ノートみたいなやつ)が2.5元、レポート用紙が3.5元でした。
こんな使えるノートならもっと買っておけば良かったよ~

何気に、ノートの作りも悪くないんですよ。中身は糸綴じになっていまして、開いたときにパカッと割れてくれます。ここモレスキンノートと全く同じです!しかも、モレスキンのように高くない!!(←ここ重要)
図書館に持って行く読みたい本リストをこのノートに書いているのですが、ページ数も多いので雑誌やムックなどのリストにも使っています。(バックナンバー読みたいときに、何号だったかわからなくなるので・笑)
ああ・・このノート仕事用にも使いたい(_ _*)・・・シュン
そういえば、表紙に工作って書いてある。仕事ノートなんだね~。100円以下でこのノートを買えるなら、もう無印ノート買わなくていいじゃん。(実際はこのノートは1冊しかないので、無印ノートにお世話になるしかないのですが)
「万年筆に良い紙」なんてよく見聞きしますが、普段使うのにそんな高級なノートいらんのです。とにかくたくさん書き込んで情報整理していきたいときには、こういうお手軽で、だけど実力のあるノートの方が良いんです。
そう言えば、上海のコンビニで買った封筒も、日本の郵便規格からすると定形外になるのですがしっかりしてて使いやすくて愛用しております。これは0.8元でした。もうすぐなくなる・・。

上海で入った文房具屋さんですが、広くてお店の中も綺麗だったのですが、店員さんがショッキングで。いや、向こうじゃ普通なんだろうけど、わたしがレジに行くまで他の店員さんと(かなり)談笑してたのに、いざお会計になるとムスッとしてお釣り・・わたしは手を出してるのに反対方向に投げられた(_ _*)・・・シュン お昼ごはん時で機嫌が悪かったんだと思うことにしよう。うん。
そこのお店は、普通の文具ばっかりて(普通のって何だよ・笑)、日本で売ってるものと大差ないデザインのものばかりだったのですが、細かいところを見てみると変なものがあって嬉しかったです。もし次に行くことがあったら、この「工作?冊」を20冊ぐらいマトメ買いするわ!それと文鎮を見てみたいなあ。あと、このときの旅行では作れなかったので印が欲しいです。かっこいいやつ!!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/672-6410b461

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。