オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
何だか忙しいまま3月が終わってしまいそうです。疲れた~(_ _*)・・・シュン
それでも今月6冊の本を読むことが出来たので良しとしましょう。休日に出かける気力もなく、こまごまとした家事を片付けながら、意外と読書できたので驚いてます。
本の感想をブログに載せるつもりでいたのですが、日々ブログを書くためにパソコンに向かうのがしんどかったので、読書ノートに書き留めた文章を校正して「USA STREET」を更新することにしました。それに伴って、本のコーナーを手直し中です。
ブログだと読んですぐに書かなきゃ~って気持ちになるのだけど、サイト更新ならそういう強迫観念がない分気持ちが楽にいられます。思えば、サイト更新の時は必ずノートにイメージを書き出してサイト構築や文章などをある程度まとめていたものですが、ブログの記事は半分以上思いつきで書いています。なので、後から読み直すと「よくもまあ・・こんな文章を・・・・」って恥ずかしくなるものもあるんだけど、反面、勢いがあってこれはこれで面白いなとも思っています。

さて。わたしが好んで読むのは文学が多いので、ほとんどの場合は文庫です。
いつも使っているブックカバーは、以前しばてぃーさんからいただいたBleu Bleuetのピンクのスウェード。可愛らしくて、文庫を読んでいない時はノートがくるまってます。しかし、だんだん端が黒ずんできて・・・せっかくの春色がかわいそうなことになってきました。スウェードの黒ずみを取るクリーナー使ったら取れるかな。でも靴用・・・心配だ・・。原始的に消しゴムという手もあるのだけど、起毛がなくなりそうで出来ない(笑)
しかし日本人はカバー好きだよね。ブックカバーに限らず、ホコリを被らないように、汚れないように、カバーをかけてるものが多いと思います。

わたしの読書ノートは、モレスキンのポケット(ルールド)です。エルバンのヴィオレパンセを使って書いていますが、よく言われるインクの裏抜けはありません。細字のペン先だからかな。ただ、インクが蒸発してものすごく濃くなってしまったり、万年筆もインクも1種類しか使っていないのに、やけに色んな紫色のページになっています。万年筆って面白い^^
それにしてもモレスキン。どんどん品質が落ちているようで、それなのに価格は上がっているというのが解せません。日本メーカーの紙質ほどは求めませんが、もう少し頑張っていただきたいものです。罫線の感覚や紙の色、開いたときに紙が浮かない、後ろにポケットがついているなど、ノートの作りに関してはトータルでモレスキンが最高に好きなんだけどなあ。お値段高くても納得させてくれる紙質にしていただきたいです。
もう1冊買って関西ノートを作ろうと思っていたのですが、使いたい万年筆のインクが裏抜けするとわかっているため手が出せません。
ノート・・良いのないかなあ・・・(最近、ノートばっかり探してるかもしれん・笑)。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/665-08cad2fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。