オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
熱心な野球ファンではないけれど、世界的規模の試合などではわりとよく観るスポーツです。
少し前から始まったWBCも、前回の大会がかなり楽しかったので今回も期待して観ていました。
「やたら韓国と当たるなあ~。まあ楽しい試合ならいいや」って思っていたのですが、どうも韓国相手の時には勝っても負けてもあまり楽しめません。
スポーツに限らず、韓国のちょっと過激な言動はニュースなどで知ってはいましたが、さすがにちょっとなあ・・・・度が過ぎる。大人気ないどころか、興ざめしてしまいます。スポーツを楽しんでいる感じがしない。
日本に対して好意的ではない感情を持ってる人が多いことは知ってます。だけど、今や韓国は経済的に自立した国家です。精神的にも自立していただきたい。(日本も精神的自立が完全とは思いませんが、少なくとも礼儀を欠くようなことは恥と思える精神はあると思う。思いたい。)
国を背負って闘うことと、相手を罵ることは別でしょう。そんな小細工しなくったって、韓国は世界で戦える力を持ってるじゃないですか。
WBCでのマウンドに国旗を立てた件や、キム・ヨナの「いつも日本人選手に妨害されている」発言などで、色々と注目を浴びている韓国スポーツ界ですが、わたしは素直に応援できなくなっています。
素晴らしい試合を見せてくれた選手たちに心からの拍手を送りたいのに、なんだか悲しい気持ちでいっぱいです。出来れば韓国との試合は見たくないとさえ思ってしまいます。
日本人が嫌い。それは構いません。個人の感情は他人にどうすることもできませんから。
でも誠意を尽くして向かっている相手に対して、またその場を作るために動いた多くのスタッフや、楽しみに足を運んできた観客に対して、とても失礼で心無い言動を、なんの疑問もなく公共の電波で流されているという事実に閉口するばかりです。
でもやっぱり、良い試合・演技を見せてもらえたのは競い合う互いがあったからなのだと「楽しかった。ありがとう」って言いたい。

芸術家、スポーツ選手と呼ばれる人たちは、その秀でた才能によって世界の人たちに多くの影響を与えます。その才能によって、たくさんの波を起こすことが可能な人たちなのです。だからこそ人々は憧れ尊敬する。
そして国を背負えば、それは個人の範囲から大きく飛び出し、人々はその向こうにその人の国を見る。大きな感動を与えてくれるときもあれば、大きな失望を感じてしまうこともあるのだと、どうか気付いてほしいものです。


一般庶民がマスコミに踊らされるのは世界各国共通だと思うから。
日本には冷静で客観的な立場で、そして思いやりと優しさを持って報道・発言を望みます。優しさは決して人の言いなりになることじゃない。言うべきことを言える強さがなければ、優しくなれません。アジアの先頭を走ってきた日本には、そろそろ包容力が必要な時期なんだと思う。
敗戦後、日本人が世界の国々から信頼を得てこられたのは、決して日本の経済力だけではないことを堂々と示してほしい。それがアジアのリーダーとしての風格になるはずだと信じてます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/662-bf1de936

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。