オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨年は本をほとんど読めない1年になってしまったので、2009年はまた読書を目標に。と言っても「せめて1ヶ月に3~5冊は読みたいな」そんな、ものすごくささやかな目標。
本を購入すると、本棚にスペースはもうないし、お金もかかる。図書館に行くのが一番いい。そうすると、1ヶ月で読める本はそんなにない。そこで、読みっぱなしにならないように、読書ノートをちゃんと作ることにした。
これまでは手帳に感想を書きとめていたけれど、後で読み返すことも少なく、またどんな本を読んだのか忘れてしまいがちになる。読書ノートがあれば、長い年月かけて構築するデータベースと同じで、後々自分の歴史を面白がれる時が来るような気がする。
そんなことを思ったのが実は2月半ばだったので、中途半端ではあるものの2月から始めることに。(思い立ったが吉日と言います)
2月は「還珠姫」(瓊瑤)、「かもめ食堂」(群ようこ)、「わたしのマトカ」(片桐はいり)。
「還珠姫」は、「還珠格格」のノベライズ。しかも日本語版は完訳ではないので、かなり物足りない内容なんだけれども軽く楽しめた。日本で言うところのガールズノベルって感じのジャンル。ちょっと懐かしい香り。
「かもめ食堂」と「わたしのマトカ」は、映画「かもめ食堂」が好きなランチ仲間が貸してくれたので、その流れで片桐はいりの著書も借りてみた。普段、エッセイというものを読まないけれど、片桐はいりは好きだし、あの人の書く文章は面白いに違いないという、どこから来たかわからない確信があったので。
案の定、片桐はいりってばやっぱり面白い。あの人の個性ってのは「いかに人を不愉快にさせ、それをユーモアで包んでしまうか」だと思っていたけれど、まさしくその個性が沸々と笑いを誘ってくる。どうやら自身も同様に思っていたようで、文中にもそのような一節が出来てきた。

さて。今日から3月。読みたい本のリストばかり増えていき、ちっとも追いついていない現状ではあるものの・・・読めるものから読んでみよう。

【読みたい本リスト】
「食堂かたつむり」(小川糸)
「柘榴のスープ」(マーシャ・メヘラーン)
「衝動買い日記」(鹿島茂)
「あの頃、あの詩を」(鹿島茂)
「教科書でおぼえた名詩」
「ジェーン・エア」(シャーロット・ブロンテ)

はぃ すぴぃさんだよ(。-∀-)ニヒ♪

本はね~
あんまり『これ!』っていうのに出会えずに
不幸な日々を過ごしています。。

良い物語とのめぐり合わせが
ありますように(祈

2009.03.02 19:10 URL | すぴぃ #mQop/nM. [ 編集 ]

本を読み始めると夜更かしどころか徹夜してしまうのでホントに危険。
よく妹に怒られてたんだよ・・・
「姉ちゃんいい加減にご飯作って!!」って(笑)
今は怒る人もいないから読みたい放題なんだけど翌日に響くのがね~
つくづく、本ばっかり読んでても怒られない学生っていい身分だなあと思う今日この頃。

2009.03.02 20:56 URL | USA #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/656-29221765

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。