オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
野蛮秘笈
王晶(バリー・ウォン)監督、張柏芝(セシリア・チャン)主演。相手役に古巨基(ルイス・クー)その他出演者は「少林サッカー」「カンフーハッスル」でおなじみの面々。
久々におバカ香港映画を見ました。やはり金庸を知らない人にはワケわからん小ネタが多いんだけれども、香港カラーに慣れている人には気にせず見られるかも。


以下ネタバレ含みますのでご注意を。


霊鳳(セシリア・チャン)のパパとママは、なんと楊過(元華ユン・ワー)と小龍女(元秋/ユン・チャウ)(えw)。←意味不明な方は「カンフーハッスル」見てね。
2人は武林の使い手で、夜な夜な弱い人々のため悪と戦っておったわけなんですが、或る日娘に軽攻を使って飛んでるとこを見られちゃうんですね。んでその場は何とかごまかすんだけど、結局ばれちゃうんです。
武侠世界に興味津々の娘は、両親が武術の修練を積んだ崋山へ修行に行きます。そこでライバルの少女に会ったり、運命の恋人の予言を聞いたり・・。
大人になり就職した会社で彼女は運命の恋人・古龍(ルイス・クー)に出会うのですが、エライことに彼は九陰白骨爪の使い手から命を狙われるハメに・・・

何がツボってね・・・もうたまらんネタ万歳なんですよ。さすがバリー・ウォン!!武侠ネタだけでなく、堂々と他の映画のパロディーもどんどん入れてます。

例えば、古龍の親友“ガムヨン”は漢字で書くと“金擁(庸)”。ぶw
セシパパが、バースデープレゼントに持ってきたのが、なんとなんと!!あの神雕って・・・・(くそーーーっかっこいいぜパパ!!)しかもこの神雕が笑えるww 
p-352.jpgCGとかお金のかかることはしません!このご時勢になんと着ぐるみです。ステキ~~~ やっぱ鳥さんはそうこなくちゃ (えw)
だってね。パパのセリフ「こいつの前の飼い主は、あの楊過と小龍女だ」って言うの。これは紛れもなく、レスリーの「楊過興小龍女」を指しておるのです。ここに気付く人は何人いるのか・・少なくともレスリーファンには心温まるワンシーンでしょう。
パパと兄弟弟子(←これバリー・ウォンw)がSPになった場面では、あんまりにも暇なので紙くずでサッカー始めたり、ラスボスの手下が黒い衣服の男女(←黒風双殺?w)武器は爪~~~~wwあかん。。笑い止らんw
セシが玉女心経使ってたり(トイレットペーパーがこうなるのか・・)、内攻で毒を消すシーンとか爆笑。
九陰神経を身につけたはずの白眉が何故か降龍十八拳で応戦。
崋山に十八銅人(←これ少林寺よね?)、あげくの果てに登場したのが、九陰神経を破る技として愛し合う4人の男女での“真新必殺技”。決めセリフは「一家円満」・・・・・ムチャクチャやんwww
p-353.JPG
しかも、ヒロイン差し置いてママンが一番てっぺん~~~~ウケるw やっぱりこうじゃないとね~



しかし何でも「カンフー」だの「少林」だのつければいいってもんじゃ・・・・・
柴崎コウ主演の「少林少女」は見に行きましたが思いっきり落胆しちゃったのです。シンチーが関わっているとか書かないほうがいいよ・・とさえ思ってしまった。まあ、あれは香港風日本映画なので仕方がないですね。ヒロインの親友になるキティ・チャンは可愛かったけど。
ともあれ「カンフー少女」。タイトルでスルーしそうになりましたが見てよかった。久々に無意味に笑いました。この香港テイストがなんだか懐かしく、すきっ腹に染みました。
ちなみにDVDジャケで「少林サッカーのセシリア・チャン」って書いてありますが、すぐに思い出せんかったの・・・ドレッド・ヘアの怪しいヤツ・・片方がカレン・モクってことしか覚えとらんかったよ(_ _*)・・・シュン













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/620-c3c9ed39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。