オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1年ぶりとなるwulongさんとの再会。そして初めましての朱麗葉さん。
まずは腹ごしらえから、と水城路にある鼎泰豊へ。
事前にwulongが予約してくれていたのですが、なんと「予約入ってません」。。。
きっと私たちだけだったらスゴスゴと帰ってしまったことでしょう。(こんな遠くまで来たのに)
でもそこはしっかり訴えてくださり、無事食事にありつけました。ありがたや~
腹ペコ大王のきぃちゃんにオーダーを任せた。
小龍包(最近、小龍まで入力すると勝手に女が出てくる。。。やはり神雕の見すぎか)、菜っ葉の炒め物、玉子炒飯、、、(全部昨年と同じだ…)。
しっかりご飯も食べまして、じゃあ、次は?もちろんカラオケ。これが目的なんですから!
そう。トニさんの新作爆笑MVを見せたくてカラオケをリクエストしたようなもの(笑)
それに今回は春節前だし、どうしてもおめでたくレスリーとお祝いしたかったの。
カウンターで人数を伝えるとき、wulongさんってば四を十って言っちゃって(その前にこの話で盛り上がってた)、カウンターの店員さんが「え?十???」みたいな(笑) アブナイ、アブナイ。

部屋に案内され、それぞれドリンクを頼んで、まずはレスリーの(本当はTWINSの)“你最紅”。
しかしなかなかTWINSが出てこない。なぜだ?!
しかたなく店員のボクちゃんを呼びつけ「TWINSどうやって出すの?」と迫る4人。
ボクちゃんの応えは「TWINS知らない」。
(うっそーん。TWINS、大陸では人気ないの?あんなに可愛いのに?キミ本当に男子?)
すると、「TWINS知らないの?阿saと阿嬌っていう香港の二人組だよ~」とすかさず突っ込んでるwulongさん。さすがだ。。
ボクちゃんタジタジです。きっと私たちのこと怖かったんだろうね(笑)
「もういいよ。早くあと一つのコーラ持ってきて」(コーラを2つ頼んだのに1つだけずっとこなかった)
と言われそそくさと去っていきました。。。
そして無事TWINSを見つけ出し、レスリーとご対面。可愛い。可愛いよ、レスリー。(ほんわか)

さて。今回二度目ですし、私もすっかり中華カラオケに慣れましたので機械の操作係に立候補。
トニさんを見せたいと言いながら、実は曲名がわからずテキトーに連発していったのでした。
これ、すごいの。オープニングが、かぼちゃパンツの王子様トニさん。笑激なんてもんじゃない。
レスリーの夜半歌聲に対抗したとしか思えないよ~~~。
なんで私の好きな人はかぼパンを履くんだろう。(祐飛さんとジャック・ペランは本当に似合っとりましたが)
大スターなのにいつでも体を張ってるあなたたちがとても愛らしいわ。
大事な曲名をまたも忘れてしまいました。ちゃんと調べておきます。

その他、見たことないヤツ含め色々と入れていく中で、偶然かけてしまった(しまったって…苦笑)、アーロンの「火熱動感LALALA」(通称ラララ)。
本日のMVPはキミだ。アーロン、オモシロかっこよすぎる(笑)
香港明星って奥が深いわ。だから大好きなのよ。2回見ました。たぶん「上海灘」に行っても見ると思います。
アーロンの歌、あんまり知らないんだけど、四天王の中ではチュンちゃんの次に気になってる人だったりするのです。普通にしてたらカッコいいのに、どっかツッコミたくなる隙が(笑)
四天王の中ではルックス的に一番好き。濃い造形&男っぽい造形は苦手なくせにアーロンは好きなんだなぁ。(ただし、二の腕出してなければ、という条件付き)
髪型がサッパリしてるから? 王力宏も短いヘアスタイルなら好きだし、やっぱり髪型かも。(やはり二の腕を出してないという条件付き)
何しても大好きなのはレスリーだけなんだよねぇ。。(かぼパンスタイルも大好きだ!)
結局、私にとってはレスリーがいるから、他の人にはルックスを求めないってことらしい。

話が大きく逸れてしまいました。
なかなかwulongさんのコーラがやってこない。どーしたんだ!
ってことで、再びボクちゃんを呼び出す。
扉を開けた彼。

「コーラまだ?」
「(はっっっ!コーラまだだっ!ヤバイ)等一下!!!!!!!!!」(ぴゅんっ)

てな感じで走り去り、

「コ、、、コーラ!!」(ぜーぜーぜー)

と慌てて戻ってきた。
サイコーだ。キミはサイコーのキャラだ!!!今もまぶたを閉じると、キミのあの素晴らしいコントが鮮やかによみがえるよ。楽しい夜を有難う。キミに幸あれ!

気がつけば23時を過ぎ、ホテルに戻ったときは日付が変わっていた。
家庭持ちのお二人をこんな時間まで拘束してしまって本当に申し訳ない。
日本でお会いするときは、私を拘束していいですから!(そんなこと望んじゃいない)
ものすごく濃い1日でした。本当に。このまま明日日本に帰ってしまうのが寂しすぎる。
ネタが街を歩いている、大陸はそんな魅力に満ち溢れたステキな場所です。(どんな〆だよ)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/538-158228cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。