オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ギリシャ神話はすっっごい昔にハマって読み漁ったので気になってた映画なのですが、どうも最近のハリウッド・スペクタクル映画は好きになれないので伸ばし伸ばしに…
「まぁ、最近中華ばっかりだしたまにはいいかぁ」ってことで借りてみました。そして思ったとおりだったんだけど、なかなか楽しめました。
神話とは設定を変えてるので、ところどころ美化されてしまってるけど…。映画だしね。だけどどうしても「イリアス」の伝説と比べてしまう自分。そのお陰で楽しかったのかもしれない。

役者陣ではヘクトルが良かったです。
ヘクトルが最後の決戦に出る前日、国を守るため、もしもの時は秘密の地下通路を通って人々を非難させるように妻に託します。
実際、ヘクトルがアキレスに殺されトロイの都が木馬作戦により襲撃された時、妻は地下通路を通って逃げてるけど、神話では妻アンドロマケはアキレスの息子の戦利品になってしまうんですよね。この辺、結構エグイの。
また父王が息子を引き取るためアキレスの元に単身乗り込むくだりも、これは虹の女神イリスからのお告げに従ったものなんだけど、この行動に感服したアキレスはヘクトルの遺体を返すのね。この後、砂浜で涙するアキレスは何を思っていたのかなぁ。
映画ではアキレスの父は若くして亡くなったことになっていますが、神話では彼の父(英雄ペレウス)は年老いて生きてるの(母は女神テティス)。その年老いた父と王の姿を重ねて涙するんです。故郷の母を思ったのかな。自分の遣える王のダメダメさと重ねて涙したのではない、ってことはわかるわ。

あとブリセイスがトロイの王族になってるのはビックリでした(伝説では美女とだけ)…それよりもアマゾネスのペンテシレイアが出てきた方が良かったのになぁ。(この二人が合わさったようなキャラになってましたが)
…ペンテシレイアはかつてトロイ王に世話になったことを義理に思ってトロイア戦争で闘います。その勇敢さに敬服しつつ、彼女の胸を突いた瞬間の美しさに心奪われたアキレスは、激しく後悔し彼女の身を清めトロイ王に送り返したといいます。

パリスっていうのは、生まれたとき「国を滅ぼす元凶となる」と予言されてしまい、父王はどうしてもわが子を殺すことはできなくて山に隠すんです。なのでトロイの王子なんだけど羊飼いとして育ちます。弓の名人でもあったので守る人という意味のアレクサンドロスとも呼ばれています。
で、彼はもともとアキレスとは深い縁のある人でして、そしてヘレネと出会うのもちゃんと理由があったんです。それは神話の最初の方に出てくる三美神の判定に遡るのですが…(この話もかなり人間くさい女神たちの話で面白い)
パリスとヘレネってあまり好きじゃないんだけど、それだけに映画を見てても冷ややかな自分。
ヘレネ「あなたって子どもね」 …お前が子どもなんじゃーっ!
権力者の妻たるもの、自分の立場がどんなもんかくらいわきまえとけっ!
ヘレネは綺麗なだけのおバカさん、なんですよね。人間味を感じなくても良しとされるのは彼女がゼウスの娘だからなんですよ。だけど映画ではそうじゃない。
彼女は人間です。だから人間味がないヘレネには冷めた見方しか出来ない。
パリスの方は、まぁ、兄の死で何か思うところがあったんでしょうな。
奮起したパリスが見事アキレスを倒すんですから。<アポロンに勇気を吹き込まれた>部分を兄の死になぞらえてるんだなぁ、、と読みましたがどうでしょう?

その後、英雄アキレスは神から愛された者だけが住めるという夢の島エリュシオンの王になったといいます。これがエリートの語源です。
そしてアキレスの武具を受け継ぐのは誰か、でひと悶着あったものの、知恵者のオデュッセウスが引き継ぐことに。
この後も神話は続くんですねぇ。

やっぱりアメリカ映画だなぁ、と思うところがすごく多かったです。
伝説の面白いところは、これらの戦争はすべて神々の退屈からきているものだということです。すべて神々の思惑で人間たちが争わされている、という形になってるのです。
そもそもこの諍いの始まりは、地上に人間が増えすぎてしまったという理由からだったのです。
美女を手にしたいゼウス、自分が一番美しいと認めさせたい女神たち、自分の子を溺愛するあまりの勝手な言い分などなど、およそ神と敬われるに似つかわしくない、どこまでも人間くさい欲望の塊のような神々の勝手で人間が都合よく動かされているに過ぎない。その滑稽とも言える正直さがなくなってしまうと、つまらないものになってしまうんだなぁと感じました。

ヘレネは最後どうなったか。
パリスの死後、パリスの弟たちに争われ片方の妻となりますが、最終的にはメネラオスと共にスパルタに戻るのでした。

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/525-dd100cf0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。