オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
見てます。くぅぅぅ、、、周迅(ジョウ・シュン)かわいい。。
陸毅(ルー・イー)陳坤(チェン・クン)もカッコよくて、、なんかどこ見ていいかわからん(笑)
この作品、周迅が監督の趙宝剛から脚本を渡され、好きな役を選んでいいと言われて迷わず杜心雨(ドゥ・シンユィ)を挙げたそうです。監督自身も最初からこの役を周迅にあてて書いたそうなのですが、確かにちょっと複雑で難しい役だなと思います。周迅っぽい。
この役は第一ヒロインではないので、出番はもう一人のヒロインの方が多いんですよ。でも周迅の存在感光ってます。
心に病を持った18歳の少女、ということで話し方も少しゆっくりとしたったらず、子どもっぽい雰囲気を強調しています。すごい素直な感情表現で、思いっきり見てる人間を味方にしてしまうの。(誰かさんに似てますな)

羅海瓊(ルオ・ハイチォン)演ずる方紫儀(ファン・ズーイー)が第一ヒロインです。
時計屋の娘さんで、修理工の陳坤と恋人同士なんだけど、貧乏人には嫁にやれねぇ!とパパから大反対されちゃうんですねぇ。。
でもって、親友のお金持ちの麗君のいとこ殿、陸毅演じる李英奇と今後発展するのでございましょうな。
ヒロインってわりに、ちょっと垢抜けないというか…パッとしないというか…もう少し華のある子だといいんですけどねぇ。せっかくの美味しい役なのに、どうも流れちゃってて強さがないんですよね。可愛いと思うんだけど、少し存在感が薄いです。何だろうなぁ。。。(いかにもカツラな感じがあかんのか?)
しかし、この役ってばめちゃくちゃ役得やんかぁ。陳坤どうなるんだぁぁぁ~振られるのかしら。
そんなのい~や~だぁ~
いや、できれば陳坤と周迅に上手くいっていただきたい。なんとか幸せになってもらいたいぜよ心雨には。
この作品も上海映視楽園で撮影したのね。園内の様子が思い出されて妙に親近感が沸いてしまいます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/512-2d2f16c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。