オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
続けざまですが、このお正月はDVDを8枚見たんです。書く時間がないと言いながら見る時間はあるのね。。。
「恋する神父」よりもこっちの方が好きかなぁ~、私。

お話は、幼馴染の二人が大人の策略で無理やり結婚させられる、ってところから始まります。
BOYは美術を専攻している大学生、GIRLは16歳の女子高生。
ひとまず形だけ結婚しときましょ、ってな感じで二人の生活が始まります。
ムン・グニョン演じるヒロインボウンは、同じ学校に憧れの先輩がいるのです。そしてふとしたことから、この先輩とお付き合いできることに!
可愛い初恋が実ったのね~、なんてことは言ってられません。若奥様のボウンにとっちゃ、立派な不倫です(笑)
親友からも「アンタ酷いよ」とか言われちゃってるし。(私は親友の子の方が好みのお顔だなぁ)

一方、キム・レウォン演じるだんな様のサンミンも、結婚しちゃったから他の女の子によそ見できないし、新婚旅行はすっぽかされた挙句、旅先では痴漢扱い。
こっちだって大学生なんだから踏んだり蹴ったりなんだけれど、まだ16歳のボウンが結婚を嫌がる気持ちもわかるし、そっと見守ってあげようっていう優しさを感じます。

そして新たな問題発生。
教育実習でボウンの学校に行くことになったサンミン。結婚していることはヒミツの二人にピンチが訪れます。
積極的に迫ってくる女性教師から逃げまくるサンミンが笑える…。あの先生美人やけどなぁ。。(そういう問題でもない)
ボウンも憧れの先輩とデートしたりしてるんだけど、現場を義理の弟(の友達)に撮られちゃうんですね~。
家族そろっての夕食で、「僕の彼女~」とノーテンキにビデオを見せる義弟。(アホッ!確認してからまわせ!)
えらいこっちゃ~。
・・・しかし、サンミン大人です。ボウンを攻めたりしないの。しょうがないよね。
二人の小さいころの思い出話をしたりしながらさ、、、さりげなく告白してるんですわ。相手は気づいてないけど~

サンミンはボウンのことが好きなんだなぁ、ってのがさりげなく出てるんですよね。
生徒にせがまれて初恋の人の話をするんだけど、相手はやっぱり気づいてないの。
「兵役の時、唯一面会に来てくれた人」 ボウン気づけよ~!
一人で文化祭の絵を描かされることになったボウンを表立って手伝えないから、深夜に仲間と手伝ってたりして、押し付けない優しさがえらいわぁ。で、思い出のブランコのシーンを描き加えたりしてさぁ。。。
ま、自分の描いてる絵が少しずつ変化していってることに気づかないのもかなりすごいと思うけど。
文化祭の朝、サンミンの部屋で自分が書いた手紙を読んで、ボウンはサンミンの気持ちを知るんですよ。
で先輩にもサンミンにもヒドイことしてるって気づいて、彼女はちゃんと告白するのです。エライッ!!!

主役の二人がとにかく可愛らしいことこの上なく、つっけんどんな態度を取ってても相手のことが好きなんだなぁ~と自然に感じられるのです。
ムン・グニョンがすごく表情豊かで、見てる人に親近感を与えます。作った可愛らしさがないっていうのがこの役の一番のポイントじゃないかと思います。
また、キム・レウォンもこの若さにして不思議な落ち着き感。お兄さんから恋人への脱却、大成功でした。
日本人の男性にはない包容力を感じるというか、、、これはやっぱりお国柄なんでしょうか、ね。
しかし、無理やり結婚させる必要なんてあったのだろうか…この二人、放っておいてもいずれ結婚しそうな感じよ?
結果オーライですかね。お幸せに~

機内の映画放送で見ました。
キム・レウォンのことを私は30ぐらいだと思っていたので大学生役というのにはビックリしましたね。
もちろんツッコミどころはあるけれど
なんだか気持ちがあったかくなる映画でした。

2007.01.08 17:57 URL | fuimei #Q3cyE8.I [ 編集 ]

そーそー。この作品、ほっこりするんですよね。
いい気分で映画を見終われるっていうのは、やっぱり気持ちいいですね。
ツッコミどころが多いのは、どこの国の作品でもそうですよ。最近・・・・・

2007.01.10 00:30 URL | USA #FBS4NHfE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/511-7eddceda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。