オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ええ、それはもう「トップなんてなれるわけないじゃん、あの成績で」と言われ続けていたあの時代から大好きでしたわ。
ずば抜けて美人だったけど、ずば抜けてヘタッピと烙印を押されていた。
だけど檀姫は決してヘタッピでは…ちょっと頼りないだけで経験さえ積めばいい女役になれるのよ!って思ってました。
いや、さすがの私も「チェーザレ・ボルジア」の新人公演はずっこけましたけど。あのセリフの浮き具合に。。。だけど、それを補って余りあるあの情熱的な演技。
檀ちゃんはいつも猪突猛進で役に体当たりする人だったから、いわゆる娘役とは明らかに違う道を歩んでいたわけで。
しかもダンスが・・・歌が・・・路線に乗れる要素がなさすぎる(しかも月組は昔から娘役の宝庫)。
カテリーナ・スフォルツア。女傑と言われた伯爵夫人。本役の夏河ゆらさんがはまり役だったのですが、檀ちゃんも負けてなかった。とにかく凛とした美しさにあの勇ましさ。。そりゃチェーザレもちょっかい出すさ。(でも私は可愛い祐飛さんに釘付けだったけど~)

そんな檀ちゃんが驚きの組替え、驚きのトップ就任、そして専科に異動したかと思うと再びトップ返り咲き。
なんつー波乱万丈な宝塚人生。
マミダン(真琴つばさ×檀れい)と言えば、月組自慢の美コンビ。胸張って自慢しまくってたあの日々。。
周りからのバッシングも激しい時期でしたわ。(檀れいのファンなんて口に出来ないような雰囲気の時もあったのよ。一部では…)
その頃、祐飛さんのお茶会にゲストでやってきて、二人で金屏風の前で仲良く「婚約発表みたい~」とはしゃいでいたあの姿はずっと忘れません。祐飛さんと檀ちゃんは本当に仲良しだったもんね。
願わくば一度でいいから檀ちゃんと祐飛さんが組んだお芝居を見てみたかったです。

中国公演では「楊貴妃の再来」とまで言われ、まるで檀ちゃんがトップスターなのかと言わんばかりの持ち上げられ方…。(個人的には嬉しかったけど)
だからと言って、本当にに楊貴妃をやる必要はなかっただろうに…あの作品なら(以下自粛)
私としましては、どうせなら虞美人でいっちゃってくれ、、と思いましたよ。(どっちも結局レスリーに繋がってる・笑)
宝塚の歴史で考えて、アントワネット、エリザベート、虞美人、この三人は別格の存在感だと思うんだなぁ。檀ちゃんの後期の存在感から言っても、間違いなく虞美人いけたって。何か1つでいいからデカイ作品に出て欲しかったよ。

デイジー「私が遅れてきてあなたの番になったのは運命だったのよ」
ギャツビー「運命に感謝します!」
(脳内配役:ギャツビー/大空祐飛、デイジー/檀れい)

あぁ、こんな妄想も叶う日などくるわけもなく。可愛い檀姫は卒業し、いまやビックリの立派な女優さんですよ。
“日本アカデミー賞優秀主演女優賞&新人俳優賞”ですってよ。まったくもう…(権威としてはブルーリボンの方が上なんだけどさ)
新人かぁ。なんだか初々しい響きだな(笑)

 「お写真撮らせてくださいっ!」
 「え、、私?」(ええ、アナタが楽屋出最後なんですよ。アナタしか残ってません)

照れながら微笑んでくれた写真がたくさんあります。新公やバウが終わって出待ちしていた日のことが懐かしく思い出されました。
古い文章ですが、檀ちゃんが専科に異動した頃に特集した記事です。
娘役特集 檀れい












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/500-3663f9f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。