オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ちゃんと第一回から見てますよ。チェオクの剣。
チェオクってばあそこまで軽功使えんねんからスリくらいすぐに捕まえられそうやねんけど~(笑)
今回はアクションシーンも見られました。ピョンピョン飛んでますねぇ。
でもちょっとフワフワしすぎてるのと、映像処理の面で苦しいものが。やっぱり中華のワイヤー技術ってすごいのね、、と思ってしまいました。(先に中華の武侠を見ちゃったらしょうがないのか)
スーパー時代劇アクション、なのかぁ。私としてはラブストーリーの方が色濃い気がするのですけど。。。(第二回目にして早くも)
日本の最近のチャンバラ時代劇を見てるのと同じくらい物足りなさを感じてしまいます。
殺陣はできるだけ特殊効果を使わないほうが絶対面白いと思う。

チェオクパパは何したん?ハメられたん?なんで逆賊なのかちょっとわからんけど、チェオクはもともとお嬢様やってんね。ふむふむ。で、兄と生き別れになってしまったのか。
するってぇと、この後お兄ちゃんが登場しちゃったりなんかするのだろう。

トックおじさん出てくると妙に嬉しい気持ちになってしまいます。吹き替えの声もそのままで嬉しいなぁ。
吹き替えと言えば、チェオクの声はちょっとイメージ違うな。もう少し凛々しい声がいいなぁ。男装しているときの話し方とか違和感があるのだけど。ちっとも隠しきれてないし。これは声っていうかセリフ術の問題か。声のキャラが可愛すぎるんやと思う。
武侠系の難しさかなぁと思うねん。凛とした声でセリフをスッキリ言うって難しいよね。
「射雕英雄伝」で黄蓉(こう・よう)をやった声優さんはすごく上手いと思ったの。吹き替えが好きじゃない私が違和感なく吹き替えで見たのは初めてです。(もちろん周迅本人の声でも見ましたよ。これまた良かった)
あ、「天龍八部」木婉清(ぼく・えんせい)役の声優さんも良かった。
男装の麗人ってなかなか難しいのね。。。
吹き替え、、無理に女優を使わなくてもいいんじゃないか?と私は思ってます。声優さんの方がいいと思うこと多いもん。
そんなら吹き替えじゃなく本人の声で…と思ったけど、韓国語全然わからんやん~
DVD借りるのはたぶんずっと先のことになりそうやし。。。吹き替えで楽しむしかないってことね。
武侠と思ってみると「チェオクの剣」は物足りなさがあるので、ラブストーリーとして楽しむことにします。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/490-ce765d59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。