オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


 『願你決定』

 時は音もなく遠く過ぎ去り
 それは午後の夜風にも似て
 やっと感じたと思ったらもう去っている

 過ぎし日の歌を知っているだろうか?

 ただ忘れられないこと それは虚しさばかりの或る年
 ただ一つ、すばらしい曲に出逢った
 あなたの愛に満ちたメロディー
 このラブソングはあなたの笑声だった

 挫折したり、つまづいたり 心が砕かれるたびに
 ひたすらこの古いメロディーを聴いてみるんだ
 すべては この虚ろな歳月を積み重ね生まれてきた

 そう すべては冷たくもあり温かくもあった

 あなたに決めてほしいんだ 
 わたしと一緒に 輝く生涯を
 もし、わたしに愛を感じなくなる時が来ても 
 別れには思いが溢れる

 運命としか思えない どんな雨風にも負けない
 約束するよ わたしと共にあなたにも恋する楽しさを 愛する歓びを

 いつかわたしは静かに去り
 それは午後の夜風にも似て
 あなたは感じるだろう わたしが遠くにないことを
 変わらずこの懐かしいメロディーを聴きながら
 あなたはまた温もりを感じる
 ぼんやりとした思い出の中にわたしはいるんだ

 何もかも 冷たくてあたたかかった
 (USA)

ギターの音とレスリーの優しい声が心地いいのです。
私はこの曲がとても好きで、王力宏の“我的情歌”のあとに聴いたりしていました。
少し似ているんですね。雰囲気が。王力宏の曲もやっぱりギターが印象的なラブソングでした。
“僕たちがこの世から消えてしまっても、このラブソングを聴いた人たちは、僕がきみに恋する気持ちを感じてくれるんだ”
って歌っています。70年代の懐かしいロックが王力宏らしくて好きなんです。
そしてレスリーの“願你決定”は秋の枯葉を思い起こさせる落ち着いた懐かしさを感じます。
古いアルバムをめくりながら、思い出の中に誰を感じて懐かしさと切なさを感じるような、、レスリーが語りかけるように歌っています。
レスリーの人生を歌っているのかと思いました。
「大熱」というアルバムに収録されています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/488-5157c645

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。