オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
song-001.jpg

 『侯斯頓之戀』
 僕はもう月にいるのかな
 僕をたよる君の手 見失い彷徨ってる
 ヒューストンとの通信が途絶え 君に届かない僕の声
 わかってるのは 君と気ままに旅して
 いつの間にか 離れ離れになってしまったってこと
 でもきっとまだ繋がってる
 長い長い隔たりだとしても 信じてる 絶対そうだよ
 君 どうか手を放さないで

 想いながら 語りかけながら 
 僕は帰るべき場所へと旅を続けてる
 花も咲いてない 緑もない 小さな砂丘だけだ
 ねぇちょっと聞いてみて 耳を向けてみて
 僕の後ろには長い道があるだけだ ほかに何もない
 ただ 吹く風に舞う砂の歌だけ

 僕がもう月にいるとしよう
 ここから君を見ているよ
 素晴らしく美しい地球を

 ヒューストンを離れて 果てしなく長く思える距離
 だけどそんなに離れてないさ
 僕はこの気まぐれな旅の間にも
 いつだって君を想ってる
 君の幸せな未来を祈ってる

 君を想ってるよ 君に語りかけてる
 僕は帰るから
 花も緑もない小さな砂丘を越えて
 聞こえるだろう?
 僕の後ろの遠く長い道を
 風に舞う砂の音だけが

 僕たちを隔てる広大な天地 届いただろうか君に
 君 どうか手を放さないで…
 (USA)

れすりぃぃぃぃ~
どうも今この曲が心にピッタリ張り付くもんだから、悪戦苦闘しながら書いてみました。
広東語なのでよくわからんが、、、こんな感じ?
めちゃくちゃ優しい歌だなぁ、と思って聞いてたものの、意味はわからないまま今日まできてしまいました。(広東語なので全然わからん)

“你快聽聽聽聽你聽聽”のところのレスリーが本当に優しい声で、姿は見えないけど心を寄せて耳を傾ければ、彼の声が聞こえるんじゃないかという気持ちになります。
そういうことなんですよね。
遠くにいる人の声なんて聞こえるわけないんだけど、聞こうとする気持ちを持つってことはすでにその人に心を向けてるってこと。
完全なる意訳ですけど、レスリーが「今、ちょっと旅に出てるだけやんか。絶対帰んねんから、忘れんとってな」って言ってるように聞こえてしまって、、、こんなんなりました。

>だけどそんなに離れてないさ
離れてます!遠いです。遠すぎます。
月から見てるなんて、あんたかぐや姫かっ!(そうです、と言われても違和感ないけど・笑)
私はぜったい手を放したりしません。心配ご無用です。
いや、、、握り締めるあまり汗ばんでしまってレスリーの方から手を放されそうだ。放さんといてや。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/450-c96406a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。