オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


オークションでぶらついていたら目に入った、とても可愛い万年筆。
スケルトンなボディに青や黄色や赤で花柄が描かれています。情緒的なんだけどどこか南国風で一目ぼれしました。
説明には昭和40年代のドイツ製、と書いてありましたが、メーカーも名前もわからない万年筆なので、私が命名することにしました。
黒いインクが刺さった状態で届いたのですが、形状はヨーロッパタイプのカートリッジでしたので、この黒を書き終えたらエルバンの忘れな草ブルーを使うつもりです。

金色のペン先です。IRIDIUM POINT GERMANYと書いてあります。
これが何を指しているのかよくわかりませんが…このペン先がドイツ生まれの娘さんってことだけはわかります。
ニュアンスのある綺麗な文字が書けました。やわらかくてふわふわした書き心地です。ボディの太さも乙女らしくふっくらとしてるけど太すぎない。好好。
お嬢さんはとても品がよく、文学少女のようだったので「名もなき乙女」さんということにしました。
ドイツの女の子の名前・・・というと私にはクララくらいしか思い浮かばなかったので(笑)
ドイツの文学乙女なので、やっぱりゲーテでしょうな。

“何ひとつわからない”


あらゆる学問を修めたファウスト博士が、結局はすべて無なのかと絶望のままつぶやくひとこと。
休みなく考え続けても、心から満たされることがないまま老齢になってしまった博士。
「神?神が何をしてくれる?何を教えてくれる?愛や青春を返してくれるというのか?」
そこへ悪魔メフィストフェレスが登場し、博士の失われた青春を取り戻させてあげる代わりに、あなたが心からの快楽を味わえたと満足したときには、あなたの魂を私に…と血の契約を持ちかけます。
美しい青年となった博士は美しく聡明なマルガレーテに恋するのですが・・・

西洋と東洋では考え方が根本的に違うのだなぁ、と感じた作品です。
だから納得できなかった点もいくつかあるのですが、それでもこの作品が好きなのは確固たるテーマがあるからです。
人間は努力しつづける限り迷い、間違いながら自分を見つけていくものなのだと。

“喜びには悩みが、悩みには喜びがなくてはならない”












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/448-0750acf5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。