オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アウロラというイタリアの万年筆メーカーの名前を知り、ふと思ったこと。

オーロラの語源となったアウロラ。正確なことかわかりませんが、オーロラの名付け親はガリレオだって聞いたことがあります。どうなんでしょうね。
ローマ神話では夜明けの女神とも言われており、惑星の名前にもつけられています。
彼女はギリシャ神話ではイオスという名前で呼ばれています。キャノンのカメラEosの由来です。

彼女はばら色の指先を持ち、緋色の衣服をまとっている女神で、毎朝Lampos(光)とPhaethon(輝き)という名前の二頭の馬にひかれた馬車で空を駆け門を開きます。
すると金色と赤の美しい太陽の光がさして夜が明ける。これが夜明けです。
彼女は月の女神セレネの姉で、とても美しく男性を魅了してしまう女神だそうです。
そのため、闇へと誘う危険な香り、 妖しい美しさ、囚われ人などというイメージもあるのだとか。そして知性と想像力がシンボルでもあるそうです。
…これって、、まんまレスリーのことやん(笑) ますますレスリー万年筆オプティマ・バーガンディが欲しくなってしまう…












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/445-d4c4c5b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。