オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
数万円もするような高級品はとても買えないので、3万円以下で気に入るものがないかと候補を絞って探してみました。
一番最初に欲しいなぁと思ったのは、加藤製作所さんのセルロイド万年筆、金魚。お値段も高くなく、評判もよく、何といっても日本製!
なんだけど、製作されている加藤さんがご高齢で体調を崩され、製作を一時中断されているのだとかでどこもかしこも品薄状態。
しかし、欲しいものはとことん探してからじゃないとあきらめきれない元来の性格上「ない」を目でみないことには納得できない。私が住むのは大阪。大阪の職人さんの作品ならば、探せばあるのではなかろうか…と地味に歩いてみました。
地元の文房具やさんに1本、大阪市内のショップに1本見つけましたが、私は金魚じゃないといやなので、、残念ですが他のものを探すことにしました。(縁があれば出会えるでしょう)

つづいて、同じく金魚という名前のロングプロダクツ製万年筆
ルックスは加藤さんの金魚ととても似ていて(というか私には見分けがつかない)、お値段も好!なんだけれども、現物を見てみないことにはやっぱり。。。ということで、こちらいったん保留。
そして金魚第三弾はプラチナ萬年筆。こちらも日本製ですし、先の2本に比べて曲線の綺麗なフォルムが文学的でいいのです。でも。。。お値段が3万円を越している。ガーーーン。どうしても見つからなければコレしかないか。ということで保留。

pen-001.jpgそんなこんなで彷徨っているときに見つけたのがモリタ万年筆さんの60周年記念のオリジナル万年筆。
セーラーのプロフェッショナルギアというものらしい。綺麗な水色がズギュンときました。茶色いTRAVELERSにピッタリの爽やかな水色!非常好だわよ。
>今年は、モーツアルトの生誕250年です。生誕地のザルツブルグの大聖堂(ドーム)の屋根の色をイメージして製作致しました。
だそうです。
これは「天空だっ!」と勝手に名前まで決めてしまい、私の心としては90%決まってたんだけど、でも本物を見てみないと…ということで、会社から一本道にあるお店だと知り、きぃちゃん同行のもとお店に行ってきました。
実物を手にしてみて、やっぱり綺麗な色だったのでその場で予約。
「ペン先は何にしますか?」
・・・あ、考えてなかった。細いのは好きじゃないし、国産品は細めに出来ているということなので、今使っているサファリを渡して、「これくらいの細さがいいです」と言うと、「これは海外のMにしては細いですね。国産のMくらいですよ」と。
へぇ~そうなのか。でもこのくらいがいいので、天空のペン先はMにしました。
11月下旬か12月くらいの入荷になるそう。楽しみです~~~

森田さんは、町のタバコ屋さんのような雰囲気の店舗で、ボーっとしていると見過ごしてしまいそうなたたずまい。一歩中に入ってみると、店内にギッシリと万年筆が積まれています。並んでいるというよりも積まれているという言葉がピッタリ。
ガラスケースも鍵がかかってなくて、、他のお店で見たときはサファリでも鍵のかかるケースに入ってるところもあったのでちょっとビックリ。
で、私が予約してる間にきぃちゃんはガラスケースにはりついてるもんだから、何があるのかと思ったら。
WATERMANAudaceという万年筆が可愛いと。(私もそれ可愛いと思ってたんだよ~)
おじさんが出してくれて「こっちは新色だよ」と。
で、他にも色々と見せてくれました。
オレンジジュースみたいな色の万年筆とか、綺麗な赤紫色のとか。
私がズギュンときてしまったのは、StipulaというメーカーのTWINS…いやduetto。名前はモンテカルロ・レッド。可愛いっ!(でも私の手にはちょっと大きい)
これは現行品ではないので、もう手に入らないとのこと。(そんなこと言われると欲しくなる)
もう一つはレスリー万年筆という別名をつけてしまったAURORAというメーカーのオプティマ、名前はバーガンディ。ベルベットみたいなしっとりした質感の色で、光に当てるとキラキラするんです。本当にため息がでるくらい綺麗でした。
でもその時はルックスばっかり気にして、メーカーも名前も教えてもらってたのに全然聞いてなかったの(笑)

TWINSかレスリーが欲しいなぁ。。

きぃちゃんが後で調べてくれて「レスリー万年筆、お値段は可愛くないで~」
、、、値段のこと忘れてた。そりゃレスリーだものね。。。でもなぁ、、あれは我愛niだった。
TWINSは、お値段◎。ルックス◎。でもちょっと大きい。。。どうしよう~~~
今回の予算が3万円で、1万円の天空が8千円だったから、2万円前半のTWINSは買えちゃうんだよ。。でもレスリー・・・あきらめられない。
手は1本しかないのに、2本も万年筆を買ってどうするんだよーー。
でもさぁ、手帳用の予約したんだから、レポート用に1本どうよ?…とか変な言い訳をしだす始末。
レポート用にレスリーかぁ、、、いいかも。
手にする道具が綺麗だと気分よく作業できるし、文章考えるときって特に想像力とか発想力とかって大事だもんなぁ。。。
いやまて。もうちょっと歩いて探してみよう。金魚も候補なんだし。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/444-fe2782c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。