オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ええ。心地いい作品でしたわ。
あまりに可愛い隊長の妄想劇場に、これは役なのか?そのままちゃうんか?と自問自答しましたよ。
だって隊長のMVの世界なんだもん~(笑)
日本の映画の良さと、カントクの好きな&憧れてる世界がちゃあんと一つになってました。

隊長の役は殺し屋という設定で、一仕事終えて沖縄の隠れ家にいるというもの。
沖縄でのリャンソンは男の子版アメリみたいな感じかな。
とても空想やさんで内向的なんだけど、恋のワクワクにすっかり男の子な顔になっちゃってて…憧れの人の後ろを付いていったり、コインランドリーで待ち伏せしたりさぁ。可愛いと思われるか、キモイと思われるか、、そのキャラしだいなのよね。(もちろん隊長は激カワイイわよ)
これはアメリそのものだわ。いや、その前に「恋する惑星」の王菲!
フェイのあの不思議GIRLっぷりは誰もマネできないと思うんだけど、隊長のドリーミングスナイパーもマネできひんな。(銃は持たずとも獲物を打ち抜く腕前は天才だ!)

京香さんもきれいだわぁ。お食事のときのお箸使いが美しくて、、ホッとしました。よかった。イメージどおりで。
私としては香椎ちゃんが一番印象的でした。
あの目の強さがいい。セリフはほとんどないんだけど、すごく強いむき出しの何かを感じるっていうか…。ぶっきらぼうさが10代って感じでよいわぁ。

面白かったぁ。何回も見たいです。
静かで淡々としてるけど、ちゃんと時間は流れていて少しずつ人の気持ちが動いているの。毎日が同じことの繰り返しだったと感じていたけれど、本当は少しずつ何かが変化していってるんだよ、って。
優しい映画なんですけど、ところどころに出てくるお笑いポイントがきます。ここのテンポがアジアだわぁ。「え?いま、ここで?」みたいなタイミングでクスッとさせるあたりお行儀よく〆てます。いや、しまってないところが○。
テロップで見つけた笑築過激団、、、もうアカン。このネーミングセンス~~~(泣笑)
いったいこの人たちどこに登場してたのかしら?お弁当屋さんの揚げ物担当の人とか???
次に見るときは、彼らを見つけたいと思います。気になってしょうがない。

なんとなく、この映画を見終わった後、私のヤオシはアルバム「永遠的第一天」の“introduction”をリピートしています。セリフが少し映画と重なるんですよね。。
今日、僕は発つ。搭乗券を手にしてる。ニューヨーク、台北、ボストン、東京、香港、上海…
いつもあなたを想ってる。
今日、僕は帰国する。彼女は現れなかったけど、僕の愛は変わらない。
いつもあなたを想ってる。目を閉じてあなたを想うから…
その日を待ってる もう一度あなたに会える時 それが永遠の第一日目となる。

たぶんこんな感じのことを言ってると思う。(introductionはかなり気に入って何回も聞き倒したもんだから少し意味が分かってきた。張・初期のころの私の教材)
そして「不可思議」から“此刻、ni心裡想起誰”。
今、君は誰を思ってる?(私はいつだって隊長を思ってるわ!)←うそつけ
涙する場面に出くわしたとき、落ち込んじゃったとき、キミは誰を思い出す?
他想起遠方媽媽的臉(僕は遠くにいるママを思い出すんだ)
え~~、そう言わんと。あなたの親愛的を思い出してくださいよ。
ママンに似てるんでしょ?山に登ってお空を見上げてつぶやいてみ。さぁ、名前を呼んでみて!

今日の映画では、隊長の中国語が非常に心地よく、あぁ、また教材が出来たわぁ。と嬉しかったです。もちろん全部はわかんないんだけどところどころで知ってる単語が出てくると「あ、これはわかる!」って嬉しくなる。
日にちとか数字関係はわかるようになってるみたいよ。私。うふ。
隊長の持ち味として、こういうナイーブなそれでいて人懐っこいものっていうのがすごくよく出てる作品でした。
カントクの目は素晴らしい!
こんなにいい表情の隊長をたくさん見られてまったリーホン、のんびリーホンしました。ありがとう!

映画の登場人物について色々語るのはまた後ほど。
調子に乗って“此刻、ni心裡想起誰”も訳してみたので、久々に「果敢に挑戦するコーナー」に隊長登場。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/411-208387f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。