オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 私は映画でも舞台でも、非現実世界でありながら、誰の心にも必ず存在しているものがちゃんと見える作品が好きです。
本当のロマンチシズムとは現実からの逃避ではなく、現実を超えたところに希望の光を見出した甘美な世界なのだと、レスリーの作品を見るたびに感じます。だから私は彼が大好きなのです。

レスリーの作品で特にロマンの香り高いのは于仁泰(ロニー・ユー)監督とのコンビではなかろうかと個人的に感じています。(「白髪魔女傅」 「夜半歌聲」)
この2作品でのレスリーは本当に美しく甘い二枚目で、ロミオとジュリエットのように恋人との仲を引き裂かれます。
二人に立ちはだかる壁に苦しめられ、すれ違い、長い時間を経ても相手を思うからこそ苦しみを抱えながら生きている。そういうところがロミジュリと違っていて、困難にあっても死を選ばないところが好きなんです。そして映像と音楽が本当に綺麗。
ロマンティックに彩られた世界の中で人間の醜さや愚かさ、愛するから人は弱くなり強くもなれるということをを表現しているのが于仁泰×張國榮(レスリー・チャン)コンビの特徴だと思います。

さてさて。以前から何度か記事にも書いていますが、台湾でドラマ化された「夜半歌聲」がいよいよディスク化された模様。全30話でVCDDVDが出ています。(今ならどちらも50%OFFらしい)
出演は徐熙媛(バービィー・スー)何潤東(ピーター・ホー)黄磊(ホアン・レイ)ほか。
大S可愛いのよ~見たいのよ~。レスリー版「夜半歌聲」で韋青(ウェイチン)を演じた黄磊が監督というのも、レスリーとの縁を感じずにはいられないですよね。
日本で放送するかなぁ。私のために放送してぇ。しなくても日本版ディスク発売してぇ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/41-9eee2d55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。