オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中国語を勉強しようと決めたのは去年の春。
最初は教室に通うつもりでいたのですが、事情で時間的に無理だとわかり独学でやるしかなかろうと。。
しかし発音が何よりも大切な中国語において、日本語に囲まれた日本でどうやって発音を身につける?どうやって正しいと判断すればいい?
たぶん、発音練習は楽器の練習と似てる。
正しい音を出せるようになるまで、繰り返し自分の身に叩き込むしかない。
それだけに1日中接していられるわけではない環境なら、なおさら短い練習時間で効率よくモノにしていかなくては。
ということで、自分で正誤を判断できない音に関してはしばらく保留することにし、まずは

 ・ピンインを覚えていく。漢字を見ればピンインをすぐに書けるように。
 ・毎日中国語を聞く。自分で言えなくても、言っていることが音として聞き取れるように耳を訓練。
 ・文字を追いながら音を聞く。簡単な文章なら辞書をひきながら訳す。

これだけを実践すること1年。(といっても毎日すべてをやっているわけではない)
音楽に置き換えると、ピンインは音符のようなもので、書かれた文章はメロディー。だとすると、攻略方法は単純明快。
納得できるまで自分の中で噛み砕く。それしかない。

中国語を聞く、これだけはほぼ毎日続けました。
ラジオ講座だけじゃなくて、歌とかセリフとかニュースとか時報とか。
飽きないで聞き続けることが大事。とにかく中国語が耳に馴染むことが大切。
その成果があったのか、日々使っている関西弁が時に中国語に聞こえてしまうという幻聴まで起こる始末。めでたやな~(?!)

で、ようやく少し時間が出来たのと、幸運にも二ヶ月無料体験というチャンスに恵まれ、ネットレッスンという形で私の中国語習得への第一歩を踏み出すことになりました。

語学を習得しようと思い立ったとき、選択肢は3つありました。
フランス語、ポルトガル語、中国語。
どれも私の耳に心地よく響く言葉。
その中でも流れるように美しい音の中国語は是非とも喋ってみたい。できれば漢語の文章を読めるようになりたい。
ということで選んだわけです。
何よりも「好き」な気持ちがなければ続きません。
目指せネイティブでやってきた関西弁もほぼ手中に収めた今、私の目標は海の向こう。
宇宙語か?!と思うくらいまったく違う言葉が逆に面白い。
面白いってことはいいことだ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/380-624bb39c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。