オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イ・ヨンエとチェ・ジウがひとつの画面で見られる、ということで借りてみた。
正直、チェ・ジウって人の良さが出るのはこういう作品なんじゃないか、って思いました。
出演作はテレビでやってたドラマを何本か、ところどころ、って感じでほとんど通して見たことないのですが、時々バラエティー番組などで見る彼女の素顔から感じるものはなかなかお茶目な感じでかわいい人だなぁ、ってとこでした。
いくつかの韓国ドラマのまどろっこしい展開に食傷気味になり、なかなか続けて見られない私にとってはこのくらいの軽いラブストーリーがホッとします。
女性陣のメイク…「チム」と同じだよ~って思ったら、撮影されたのが98年。
とにかくメイクがキョーレツに濃くて(バブル期の日本みたい)怖いんだけど、、ジウ嬢はすっぴんの役なので自然体で○。(イ・ヨンエもナチュラルだったわぁ) とにかくチェ・ジウ、やるやーん。表情がいい。

ヨナ(チェ・ジウ)終始ダサダサで性格もひねくれてて、なかなかうまく恋愛できない自分にコンプレックスを持ってる。すぐにスネるし、何かあるとすぐに勤務態度も悪くなる。
だけど「根は素直」と編集長はかばうの。不倫相手よりも大事にしてるように見える…。
一体なんで編集長はそんなに肩を持つんだ?と思ったんだけど、たぶん彼女の書く文章からそれを見抜いてるわけだ。(ヨナは編集記者の役柄)ちょっとこのへんわかり難いんだけどね…。
で、ある日新入社員としてカメラマンのギョンホン(アン・ジェウク)と組んで仕事することになり。。。ヨナに興味津々のギョンホンとそれを毛嫌いするヨナが少しずつ近づいてくっていう単純なラブストーリー。

恋愛の達人を自称するギョンホンも実はヨナと同じで超オクテ。
ラストの電話ボックスで後悔して泣くギョンホンと「私たちキスしましょうか」って近づくヨナ。ここが面白い。女性の方が吹っ切ると素直なんやなぁ。。
あとね。メガネの使い方がうまいです。
あれはヨナにとっての防護壁であり、二人の間に立ちはだかる壁でもあるわけです。
彼女が勇気を出して壁を取り払ったのに、彼はそこから逃げて…二人は離れて初めて自分の気持ちを確信すると。言ってみればメガネは「ジェリコの壁」。(「或る夜の出来事」に出てくるんですけど知ってる人いるかしら…)
これは反発しあう男女が次第に近づいてくというラブストーリーの王道とも言える古くから使われてきた手法ですね。
雨のシーンも別れではなく始まりの意味を込めてるところなんて、まさに「雨に唄えば」じゃないですか。恋して傘の存在も忘れちゃう、ジーン・ケリーのダンスシーンを思い出しちゃった。
ギョンホン役のアン・ジェウクもなかなかツボを心得た演技で、しっかりメリハリつけてます。
チェ・ジウがケーキに顔突っ込んだり、叔母さんとキスしたり、結構体当たり演技です。ダンスを踊るイ・ヨンエもなかなか見所。

原題は「キスしましょうか」だそうです。こっちの方がセンスあると思うんだけど?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/355-580553ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。