オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こだわるっていうか、好きな文房具を使って楽しい気分で勉強するって結構大事なポイントです。
学生時代は事務的な文房具も大好きだったんですけど(なんか賢い感じがして・笑)、最近は見た目にきれいな色やデザインのものが好きになってきました。張る見栄もなくなったってことでしょうか…
で、今私が主に持ち歩いているお勉強道具、中国語編。

基本的にこのブルーのノートを使っています。サブとしてミニノート2冊。これは小さいバッグで移動するときに使っているので、勉強に限らずいろんなメモが書かれてます。
筆記具はシャープペンシル2本とボールペン3色。いろんな色が氾濫すると見づらく汚いので、すっきりと黒、赤、青のみ使用。
ピンインを打つのは青、重要ポイントは赤と決めています。
出先で使うのはシャープペンシルですが、家で勉強するときは鉛筆です。特に文字の練習は鉛筆がいいですね。筆圧がちょうど良いのか、文字のバランスが取りやすくて綺麗な字が書けます。あと気分転換に筆ペン。これは思いのほか達筆に見え、気分よく続けられます(笑)
シルバーのシャープペンシルは結構お高いものだったのですが、重さといい細さといいすごく手に馴染むグレイトな逸品。国産。
ボールペンは持つところがゆるやかな三角になっていて、これまた重さも細さもバツグンの書き心地。ドイツ製。
このボールペンは偶然にも妹も同じものを使ってまして「これ書きやすいよね」とお気に入り。お互い換え芯利用で愛用してます。

続きましてポーチの中身。
今まではもう少し大きいのを使っていたのですが、先日wulongさんからいただいた丸いポーチがかわいくて大きさもピッタリだったのでここのところ愛用してます。
付箋は3種類。小さいタイプのはパッチワークみたいな小花模様など5種類が入っていてテキストからチラチラと見えると楽しくなります。ほかの種類も持ってるくらいお気に入り。
ブルーとピンクのはコクヨの展示会でもらったサンプル品。やっぱり国産は使いやすい!
修正テープは細身タイプを愛用してます。
奥の朱色、黒色のミニ茶筒は「伊右衛門」におまけで付いてたもの。梅バージョン2色です。(ほかに松、竹がそれぞれ2色)片方にクリップ、片方にお茶パックが入っています。
そして張ポチ袋と王ポチ袋。これは東雲さんたちと南京町に行ったときに雑貨屋さんで購入したもの。切手が入っています。
以前は紅茶のティーバックの袋を利用してたんですけど、最近よく手紙を書くのでこのポチ袋がとても役立ってます。


そしてテキストと辞書。
大きさや厚さ的にNHKのラジオ中国語講座のテキストが一番持ち歩きに適してるので(CDもあるし)、これをベースにお勉強してます。かれこれ1年も持ち歩いてるのでボロボロです。色ははげてるし湿気でヨレヨレだし…。そして4月、5月ばっかりやって全然先に進んでません。あはは。。。
右の国語辞典は中学生の時から使っている持ち歩き用の辞書。六万語国語辞典(金園社)10年以上使ってるのでホントにボロです。すっごいボロです。当時980円で購入した持ち歩き専用の辞書なのに、ものすごく使い倒しています。
簡易辞書的なものなので、これで大まかな意味をつかんで帰宅してからいろんな辞書で意味の芯を探っていく感じ。


語学に限らず普通に読書してるときでも新聞を読んでるときでも、国語辞典は私の基本です。これがないと勉強できない…。
そして奥に見える水色のカバーは中国語の電子辞書。
基本のピンイン検索だけでなくペンで記入した文字から検索することができ、しかも発音も音声で再生できる優れもの。電池の消費が激しいのがツライところ。

そして、これらに加えて今回購入した(けどまだ届いてない)文房具はこちら。
これはリサイクルペーパーをおしゃれに使う、をコンセプトにしたものです。まぁ、昔からよくある硬い表紙なんですけどね。。。でも黒だと学校の先生みたいだけど、こうやっておしゃれ色になるだけで楽しいじゃないですか。紐の部分をリボンにしてもいいわけですし。
簡体字、繁体字の書き方練習だったり、ヒアリングでピンインを書き取ったり、ノートを使うには勿体無いものをリサイクルペーパーを使ってやってくのは基本中の基本です。
A4サイズのほかにA5サイズもありますが、大きい方がいっぱい字を書けてめっちゃ勉強してるみたいに見えるので(笑)、気分を盛り上げるためにA4をチョイス。
町の小さな文房具屋さんに売ってるような文房具も大好きです。
私が子どもの頃に通ってた文房具屋さんは本屋さんだったんですけど、文房具のほかにビーズとかフェルトとか粘土とか、ビー玉、おはじきなんていう懐かしいおもちゃも売っていて、夏休みになると毎日のように遊びに行ってました。
私の好きなものが一挙に集まってる夢のようなお店だったんだけど、数年前に店を閉じたそうです。今はコンビニになってるとか。なんだか寂しい。
ヨーロッパのおしゃれな雰囲気の文房具もいいですが、アジアのチープな文房具の魅力は底なしです。宝箱みたい。
近くのアジアン雑貨のショップにもバリとかタイの文房具が売っていて、時々買ってしまいます。中国の文房具屋さんだと、表紙にでかでかとノート(の中国語)とか書いてありそうですね。紙質もできればチープを希望。激安そうだし、、ちょっとほしいなぁ。。次に行った時は覗いてみたいです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/352-17188a25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。