オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
早いもので2005年もあと数時間で終わります。
私のこの一年間はとてもめまぐるしくて充実したものだったという思いと、まだまだやれたことがたくさんあったはず…という反省とが入り混じる、毎年思うことをまたもや感じています。
人と人との出逢いは、自分の気持ちで変わるものだと思います。数え切れないほどの出逢いと別れを繰り返している毎日の中から、私たちは何かを感じた出逢いを縁と呼びます。
けれど気づかなかった出逢い、過ぎてしまった出逢いもやはり縁なのだと思わずにはいられない一年でした。
仏典には人がこの世に生まれてくることは、爪の上に残った砂粒よりももっと貴重だと書いてあります。それなら、同じ時代を生きている私たちは本当に奇跡のような出逢いをしているんだなぁ…。そして縁=自分が誰と出逢うのかは自分から選んでいるのだとも書いてあります。
偶然のようで必然。私たちはみな、出逢うべくして出逢った。一つ一つの出逢いがとても大切なものなのだという思いがあれば、私たちはもっと優しくなれると思う。
これから私と関わっていくまだお会いしたことのない人たちとも、私自身が出会うことを選んだのなら、大切に受け止めたいと思う。そこからまた自分の新しい姿が見えてくるかもしれない。
人は権力に従うのではなく、人の心に従うもの…という何かの言葉を思い出します。心ある人の元には同じように心ある人が集まるもの。魅力ある人の元には魅力ある人が集まるに違いありません。

人との関わりからでしか見えてこない自分もあるのだということに気づかされた2005年。
昨日の自分よりも魅力ある人になっていたいから、毎日を臆せずチャレンジしていきたいし、挫けてもめげない強さを持てるようになりたい。人に対する優しい気持ちを忘れない自分になりたい。
なりたい自分の姿をハッキリと描いて2006年を迎えたいと思います。

この一年間、お逢いしたすべてのみなさまに感謝と愛を込めて。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/32-84e926be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。