オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まったく予備知識なしで見始めたから、最初は全然意味がわかんなくて
「これダメだ~。全然わからん」
と何度思ったことか。だって名前が覚えられない…顔がよく見えない…敵の人たち顔色悪いんだもん~夢に出そう。
キャストで顔と名前が一致してるのって、ヨンさま(黎明/レオン・ライ)甄子丹(ドニー・イェン)楊采妮(チャーリー・ヤン)だけという。にゃははは。
雪山にこもってる達人→ヤッホン(by 白髪魔女傅のレスリー)な私。

「この人たち一体なぜこんな寒いとろにそんな薄着で???」

なんですけど、達人は薄着でも風邪ひかないのね。
お話は最初よくわからなかったけど、途中から面白くなってきました。
細かいところで「なぜ?」はいっぱいあるんだけど(かなり端折ってるエピソードがあるんでしょうな)、短い時間で描いてしまうには登場人物が多い気がします。一人ずつもう少し掘り下げてくれたらもっと面白いと思うの。七人のうち二人くらい何でメンバーなのかよくわかんないし。(っていうかもともとなんで七人が組んでるのかもよくわかんない)
比較的登場時間の多いお二方(黎明、甄子丹)のストーリーはなかなか興味深いものが。(だから余計に掘り下げてくれって思ってまうねんな)

鴨緑江(おうりょくこう)って、、、じゃあの山は白頭山?あの向こうに高麗があるのね。あのお月様は高麗でも同じように輝いてるのね~~~(心は万姫)
そういや、エリカさんのセリフでも「高麗女は高く売れるからモンゴルに進呈しよう」って言ってましたもんねー。などと、ちと違う方向から見てしまいました。おほほ。

1回見ただけじゃストーリーをじっくり追えないです。何も知らない人間は。
ヨンさま(って入力して変換したら勇様が出てきた。。。このPCどうなってるんだ???)、インファナルの知的めがねに一瞬ドキッとしたんだけども、今回の役柄もインテリジェンスな空気がよいです。「天使の涙」を見た時よりも全然好きだー。(でもって、やっぱり谷原さんと似てるよね~)
しかーし、しかし。ドニー・イェンですって。ステキやぁ。あの長髪、、私はこういう感じのスタイルが非常に好きなんですよ。「MUSA」のウソン氏とか「楽園の瑕」のレスリーとか。あのヘアスタイルであの狭さであの衣装で、あんなキビキビ動いてるのがすごい。やっぱし動きが決まる人ってのは見てて気持ちが良いもんです。ダンスでもアクションでも。
映画としてはちょっと長めでしたが全体の流れを考えると短い気がします。だから消化不良感がどうしても拭えません。
出演者、映像、音楽、ロケーション、どれも素晴らしいレベルだと思うので、ちょっとそこのところが勿体無い気がしました。ドラマ版を見るか、先に原作を読むか。それよりも私にはそんな時間を作れるのか、、、って話ですが。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/275-fbd5098e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。