オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
予期せずミュージカル・バトンなるものを受け取ってしまいました。(My Favorite Things→東雲さんより)
ミュージカル…てっきりミュージカルかと思いましたところ、音楽に関する4つの質問に答えて誰か5人にバトンを渡すというようなものだそうで。→参照
ああ、勘違い。
○問の質問+チェーン・メールみたいな感じなのでしょうか。言いだしっぺがどんな人かも分からず、普段なら放っておくところですが、自分のことを答えるだけなら「ま、いっか」ってことで、ちょいと答えてみました。走るの遅いですけど…


■今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
6.51GB
パソコンで音楽は全然聴かないのでこれはヤオシ(i-Pod mini)のためだけに使ってる容量です。自作MIDIは別に保存して消したのですが、それでも思ったよりも入ってたなぁ。普段聴く音楽はステレオでCDを掛けています。

■最後に買ったCD

最近…極力買わないように心がけているのですけども。
一番新しいCDは「笑傲江湖」のサントラとレベッカ・パンさんの「101段至愛」。5月に誓いを破って2枚も購入したので、8月までは新しいCDを買いません!宣言中。

■今聴いている曲

今って今?それとも最近?
今は「天龍八部」のエンディング・テーマ“寛恕”(王菲)をリピート中。
毎日聴いているのはもちろんレスリー。1日に1回は必ず何か聴いています。
最近よく聴いているのはジャンルだと時期的にラテンかなぁ。曲は…気分でコロコロ変わるので登板回数が多いものとしては。

Melodie d'Amour(イーディー・ゴーメ)…気持ちが弾む
沒有愛(レスリー・チャン)…癒される
ソラメンテ・ウナ・ベス(トリオ・ロス・パンチョス)…シーズン真っ最中
Snow(クロディーヌ・ロンジェ)…涼しくなれる
スリーピー・ラグーン(ハリー・ジェームス)…黄昏感に浸る
カリエンテ(アストル・ピアソラ)…気分がスカッとする

■よく聴く、または特別な思い入れのある5曲

えーっ5曲は無理だ~。うーん…。よく聴くのはものすごくたくさんあるので、思い入れのあるものにします。

すみれの花咲く頃
“清く正しく美しく”生きる私のテーマソング(笑)
日本語がとても綺麗なのと情景が浮かぶ美しい旋律が素晴らしいので、初めて聴いたときからとても好きでした。“宵待ち草”や“荒城の月”も同じ理由で大好きです。

顎で受け止めて ミュージカル「ME AND MY GIRL」より
海外ミュージカルを見た最初の作品でもあり、私がくじけそうになったとき必ず口ずさむ曲です。サリーを演じたこだま愛さんもこの曲は自分の応援歌だと仰っていました。
ビルのことが大好きだから笑っていようとするサリー。すごく悲しいのに、涙をこらえて自分に「めげるな、頑張れ」って。とっても健気で優しくて強い子だなと、何度見ても感動します。楽しいミュージカルなのになぜか最後は涙しちゃう素敵なお話です。
♪ちょっとした知恵 悲しみ受け流す知恵
 顎で受け止めて 苦い顔してから スマイル

海 第三楽章“風と海との会話”(ドビュッシー)
私の初ソロです。曲の中盤にピッコロのソロがありました。
タイトルにもあるようにこの曲は風と海が対話している様子を描いていて、ちょうど風が止み海に向かって一すじの光(自分が光のつもり)が差し込んできたイメージの入りでした。
想像力をかきたてる綺麗な曲で好きだなと思ったのと、そんな曲で初ソロをもらえてとても嬉しかったことを覚えてます。
音は一音でしたがとても長いフレーズで一生懸命練習しました。ピッコロは小さい楽器ですが音程を保つのにかなり肺活量がいる為、まだ体も出来ていなかった中一の私にとっては幾度となく襲ってくる酸欠との戦いでもありました。
他にも「祭」とか「牧神の午後への前奏曲」とか、ドビュッシーの音楽は絵画的で演奏するのはとても楽しかったです。

マナティ(シェルドン)
この作曲家だったか覚えていないのですが、出だしがピッコロとソプラノクラリネットの掛け合いで始まる華やかな曲でした。今でも暗譜しています。
確かセレブレーションだったのでマナティという街のお祝いの曲だったと思います。
1つの曲を仕上げるためにみんなの力を合わせていくことは苦しくて難しくて楽しいということを初めて味わった作品です。また、何もないところから何かを生み出すということに向き合い考え始めるきっかけとなったという意味で私にとっては思い出深く大切な曲。

悪魔の涙(涼風真世)
「天使の微笑 悪魔の涙」というゲーテのファウストを下敷きにした小池修一郎氏演出の作品から。
かなめさんの歌には本当に思い入れが深すぎて1曲選ぶなんてとてもできないのですが、やっぱり衝撃的だったということで出逢いの曲にしました。
あの圧倒的な声量と声の良さ。(そして妖艶なメフィストフェレス)

♪翼をなくした堕天使を人は悪魔と呼ぶ
 心をなくした人間を悪魔は何と呼べばいい
 悪魔は夜も眠れない この世にある限り眠れない

いやぁ、この最後のフレーズで見事に射落とされました。地方の劇場なので音響設備も良くないし生オケでもなかったのですが、当時の衝撃は今でも脳裏にハッキリと焼きついています。


■バトンを渡す人

5人は思いつかないので、答えてくれそうな…というか知りたい【りんごのキモチ。→りんごさん】に勝手にバトンタッチ。もし良かったら…












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/25-a7440ef5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。