オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
周迅『夏天』 『夏天』

勢いのある元気な夏というよりも、翳りのある思い出の夏って感じの曲が多いです。
全体的に中華色はなく、フレンチっぽいニュアンスの曲が多いところがなんとも周迅(ジョウ・シュン)っていう人のイメージかなと。
音づくりもオルガンやギターなんかの懐かしい雰囲気が多い中、時にゾクッとする低い声が印象的な楽曲が盛り込まれています。 このアルバム1枚に彼女の色んな面が詰まっていて、さすが女優だなぁと思ってしまいました。
彼女の声は響きのあるストレートなアルトで聴きごこちが良いのと、言葉がハッキリしていて一音ずつの声のノリが安定しています。 王菲の高音はふわふわした羽根のような声ですが、周迅の高音は風が舞い上がるような伸びやかな感じです。

---------------------------------------------------------------------------------

■翅膀(翼)
詞/曲:火星電台
途中にフランス語のセリフも入り、なかなかフレンチ色の強い楽曲。ちなみにセリフは彼女ではないのですが違和感はないです。
寂しげな季節を思わせるのもフレンチっぽさかもしれません。彼の元を去る彼女の心境を歌ってるのかなぁと。
春を迎えるには遅かったのよ。あなた、私を思って泣いてくれるのなら、飛び発ちましょうね。決して止まらないで。悲しい映画はもっと早くに終わるべきだったのよ…みたいな内容?

■看海(海を見に)
詞:莫絶琳 /火星電台 曲:莫絶琳
爽やかな少女っぽい可愛さで、私の好きな彼女の顔が見えるのでこのアルバムの中で一番気に入っています。オルガンの音がキュートガール度をupさせています。でも楽曲の可愛さに反してちょっと切ない内容かも。
私はとっても彼のことが好きなのに、彼は私のことを想ってくれてないって知ってしまった夏。この椰子の葉の揺れる道は、あの海を見に行った日の思い出へ…ってな感じかな。

■幸福花園(幸せの園)
詞/曲:張瑩 編曲:火星電台
前2曲に続いてフレンチ色のする楽曲。ここまではほんわか系の女の子ポップスが続いてます。そしてやはり失恋の歌みたいです。
ふられたばかりで動揺してる彼女の心情を歌ってるのかな。
“昨日のことをまた思い出す どうしたらいいの? 私の心を開放して下さい … あの煌めく日のことを忘れられない”あれ?どこが幸福花園なんだろう。 

■从明天(明日から)
作/曲:火星電台
突然カッコいいボーカルに変身。彼女の低音の魅力をここぞとばかりに発揮しています。聴き入ってしまって終わっちゃうんだけどホントにこの曲カッコイイです。
サビの“从明天的从明天”の歌い方が好き。
アコースティックな曲が基本的には好きですがブロークンな激した曲も好きなんですよね。こればっかりだとしんどいので、柔らかい流れの中で一発ドンと入れてくれると嬉しい。

■今晩(今晩)
詞/曲:張楠 曲:龍大江
ドリーミングなこの曲もお気に入り。子守唄のような優しくて穏やかなメロディーです。“所以今晩 我不能想得太多”のあたりのメロディーが好きですね。私の好きな囁き系というのもポイントかと。ソフトで透明感がありウィスパリン系ガールズポップスの王道タイプ。
彼女はウィスパーボイスではないですけど、この曲の彼女はアンニュイな雰囲気がめいっぱいします。
それと彼女の歌は言葉が聞き取りやすいので聴いてて安心感というかホッとします。意味がわからなくても言葉を大切に歌ってる人ってわかるもんなんだなと。“看海”とこの曲はキーが合うので歌いやすいの。

■緑
詞/曲:火星電台
ツクツク系、電気音全開、疾走感のある曲です。周迅のボーカルも埋もれることなく前に出てます。
メロディーがあるようでない展開も予想外の飛びをみせるので、正直苦手な部類なのですが、スペーシーな雰囲気を歌詞に合わせているのかなぁ…と。彼女のアルトでややかすれた声が生きてます。

■春天(春)
詞/曲:火星電台
ギターで静かに始まるせいか、春にしてはもの淋しい雰囲気。全体的にこのアルバムはそういう感じなのですけど…
このあたりになってくると歌詞を訳す力が尽きてきまして、もうやってません。楽器の音だけで聴いてます。
火星電台っていうユニットが彼女をプロデュースしたアルバムということで、雰囲気は統一感があるのですけど似たようなイメージの曲が重なってるのもちょっと気になります。

■篝火(かがり火)
詞/曲:火星電台
1曲前と続けて聴くと目新しさに欠けます。やっぱりちょっと似たイメージの曲が続きすぎるかなぁ。この辺りで空気を変えてラストへ向かった方が落ち着くんだけどな。

■活的色彩
詞/曲:火星電台
日本語で何ていう意味なのかイマイチつかめないんですけど、EPSON打印机主題歌って書いてあるので、色とりどりな生き方みたいな意味なのかな。と解釈してます。プリンターって中国語では打印机って書くんだぁ。お勉強になりました。
ポップなCMソングで可愛いです。

■消失的原野(消えてなくなる平原)
曲:火星電台
“縁”のリミックスバージョンです。私はこちらの方が聞きやすいです。
消えていくって感じもしますし、このアルバム全体が穏やかな雰囲気なのでラストを飾るのにもいいかな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/22-a6a757e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。