オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
四月雪

 四月雪

 四月の空に 突然の雪が降った
 そして一つの信念を思い出す
 個人的な昔のことが 突然その重さを失えば
 しなやかで強い力を持つことが出来るでしょうね
 人の顔色を伺ってばかりだと かえって心は楽でしょうよ

 世界が絶望しはじめて 天はようやく歌い始める
 私たちに 傷つき悲しむどんな資格があるというの?
 誰のために恐れ、誰のために慌てふためいているというのだろう

 それは世界が汚れているから
 ようやく汚れのない願いを見つけても
 夜明けがこなければ何も見えないから
 嘘のない空想を見るしかない

 欲望はいい加減になり
 価値は偽りに思えてくる

 人の世は狂い始めた

 或る日 ついに私たちは遊び戯れる場所に還ってきた
 或る日 ついに私たちは陽の光を再び目にした

 私たちに 傷つき悲しむどんな資格があるというの?
 誰のために恐れ、誰のためにゆとりがないというの?
 (USA)
 
意味がわかるようなわからないような…
ただ、深い悲しみの中で現実を受け止めるしかない…というような戸惑いを感じます。

無機質な現実世界に嫌気がさして鏡の中へ逃げ込む。
そこは降りそそぐ白い粉雪が木々にまるで桜の花を咲かせたような、美しい空想の世界。
雪を見上げながら一瞬そこに立ち止まるけれど、彼女は振り向かず去ります。
現実と幻想が交錯する世界を、ただまっすぐに歩いていく王菲の後姿が印象的なMVです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/188-83fe779e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。