オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイトのBGMを更新しました。
一人でニヤニヤするのもおかしいので、巻き添えになっていただこうかと“龍的傳人(long de chuan ren)”を。…カッコいい(ぽっ)

ちょっとアナタ、反則~。もう私KOされてるのよ?さらに??
って言いたい。
“龍的傳人”とは、龍の末裔という意味で、転じて中国人のことを指しているのだそうです。これは龍と薔薇の花が象徴する古代中国文化に由来するのだとか。だから華人とも言うのですね。さらに中国という言葉は王が建てた国を中心とするという意味から中国なんですって。さすが、歴史深い国です。

曲の内容についてはまったくわかりません。そこまで自分がまだついていけてない状態。でも好きだから、時期がきたらまた書くことでしょう。
この“人”という発音が私は苦手で、なかなか出来ないのです。
“讓”“兒”も出来ない~~~(苦手なのはこれだけじゃないけど…。「蓋世英雄」に入ってる歌を練習するのがすごく難しい。“大城小愛”はだいぶ覚えました)
時々「あ、今できた!」って思うのだけど、もう1回やると何か違う。やっぱりちゃんと先生についてお勉強した方がいいかなぁ。変な癖がついたらイヤだしなぁ。
なんでも昨年フィギュアスケートでこの曲が使われてたらしいですよ。男子シングルだったかなぁ。でも私男子シングルはあまり見ないのでちょっとわかんないです。(ロシアの王子様みたいな選手が出てた時はよく見てたけど~)

この人は本当に色んな曲を歌いますね。ロックからジャズからソウル、R&B、ヒップホップ…好みはやっぱりロックとかジャズになってしまいますが、何を歌っていても王力宏の音楽としてちゃんと確立してるのがすごい。(まだあんまり聴いてないけどさ)
最近のから聴きはじめましたが、一作ごとに試みを変えてくるっていうところに彼の入魂振りがわかります。王菲もそういうところありますが、王力宏の場合はさらに冒険的というか。(王菲の最近の作品には落ち着きがあってそれも良いのですけど、少し前の個性炸裂なインパクトの前には物足りなさも感じてしまう)
王力宏の粘りがあって滑らかな恵まれた声は持って生まれたもので、それを生かせる他の才能と、勿論たくさんの努力もあって、彼の音楽はとても人懐っこい感じがします。だからみんなに愛されるんでしょうね。
ってことで、今月2曲目の王力宏です。いやぁ、ほんまカッコいい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/128-53cca8e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。