オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
p-112.jpg毎日HOLGAを持ち歩いているのに帰りが遅くてちっとも撮れない日々。やっぱりフィルムを入れたら撮りきるが鉄則だなぁ。

彼岸花、またの名を曼珠沙華。曼珠沙華とは梵語で赤い花を意味しています。地方によって色々な呼び方をされている花でもありまして、聞いたことがあるのがゆうれい花。
見た目が確かに激しいというか毒々しいというか…。でも江戸時代には飢饉に備えて食用として栽培されていたという命の花だったわけで、それなのにゆうれい花なんて酷い話やなぁ。
仏典には良いことが起こる兆しに天から赤い華が降りてくるという一節があります。そのことから曼珠沙華には天上の華という意味もあるそうです。ただこの天上の華を指すのは白い曼珠沙華のことだという説もあるようです。
白い曼珠沙華って最近見かけませんね。福岡に住んでるときは時々田んぼの中に白い曼珠沙華が咲いてるのを見たことがありますが、こちらに来てからは田んぼ自体が少なくて赤い曼珠沙華の色も黒っぽいものが多いなぁと。
また韓国ではこの花のことを“相思華(さんちょ)”と呼ぶそうです。花のあるときに葉はなく、葉のあるときに花はない。花は葉を思い、葉は花を思う。そういう意味だそうです。確か葉のある時には花はなく~っていうような和歌があった気がするのですが、ちょっと思い出せません。
明日香村での彼岸花祭りに行きたかったのだけど、体調が悪くてキャンセルしちゃったのです。この写真は9月の初めに明日香村に行ったときのものです。ほんとにやっと見つけた曼珠沙華で、色もとっても綺麗だったので祭りに行きたかったなぁ。来年こそは…。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://usastreet.blog42.fc2.com/tb.php/101-1399c7a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。