オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
野蛮秘笈
王晶(バリー・ウォン)監督、張柏芝(セシリア・チャン)主演。相手役に古巨基(ルイス・クー)その他出演者は「少林サッカー」「カンフーハッスル」でおなじみの面々。
久々におバカ香港映画を見ました。やはり金庸を知らない人にはワケわからん小ネタが多いんだけれども、香港カラーに慣れている人には気にせず見られるかも。


以下ネタバレ含みますのでご注意を。


霊鳳(セシリア・チャン)のパパとママは、なんと楊過(元華ユン・ワー)と小龍女(元秋/ユン・チャウ)(えw)。←意味不明な方は「カンフーハッスル」見てね。
2人は武林の使い手で、夜な夜な弱い人々のため悪と戦っておったわけなんですが、或る日娘に軽攻を使って飛んでるとこを見られちゃうんですね。んでその場は何とかごまかすんだけど、結局ばれちゃうんです。
武侠世界に興味津々の娘は、両親が武術の修練を積んだ崋山へ修行に行きます。そこでライバルの少女に会ったり、運命の恋人の予言を聞いたり・・。
大人になり就職した会社で彼女は運命の恋人・古龍(ルイス・クー)に出会うのですが、エライことに彼は九陰白骨爪の使い手から命を狙われるハメに・・・

何がツボってね・・・もうたまらんネタ万歳なんですよ。さすがバリー・ウォン!!武侠ネタだけでなく、堂々と他の映画のパロディーもどんどん入れてます。

例えば、古龍の親友“ガムヨン”は漢字で書くと“金擁(庸)”。ぶw
セシパパが、バースデープレゼントに持ってきたのが、なんとなんと!!あの神雕って・・・・(くそーーーっかっこいいぜパパ!!)しかもこの神雕が笑えるww 
p-352.jpgCGとかお金のかかることはしません!このご時勢になんと着ぐるみです。ステキ~~~ やっぱ鳥さんはそうこなくちゃ (えw)
だってね。パパのセリフ「こいつの前の飼い主は、あの楊過と小龍女だ」って言うの。これは紛れもなく、レスリーの「楊過興小龍女」を指しておるのです。ここに気付く人は何人いるのか・・少なくともレスリーファンには心温まるワンシーンでしょう。
パパと兄弟弟子(←これバリー・ウォンw)がSPになった場面では、あんまりにも暇なので紙くずでサッカー始めたり、ラスボスの手下が黒い衣服の男女(←黒風双殺?w)武器は爪~~~~wwあかん。。笑い止らんw
セシが玉女心経使ってたり(トイレットペーパーがこうなるのか・・)、内攻で毒を消すシーンとか爆笑。
九陰神経を身につけたはずの白眉が何故か降龍十八拳で応戦。
崋山に十八銅人(←これ少林寺よね?)、あげくの果てに登場したのが、九陰神経を破る技として愛し合う4人の男女での“真新必殺技”。決めセリフは「一家円満」・・・・・ムチャクチャやんwww
p-353.JPG
しかも、ヒロイン差し置いてママンが一番てっぺん~~~~ウケるw やっぱりこうじゃないとね~



しかし何でも「カンフー」だの「少林」だのつければいいってもんじゃ・・・・・
柴崎コウ主演の「少林少女」は見に行きましたが思いっきり落胆しちゃったのです。シンチーが関わっているとか書かないほうがいいよ・・とさえ思ってしまった。まあ、あれは香港風日本映画なので仕方がないですね。ヒロインの親友になるキティ・チャンは可愛かったけど。
ともあれ「カンフー少女」。タイトルでスルーしそうになりましたが見てよかった。久々に無意味に笑いました。この香港テイストがなんだか懐かしく、すきっ腹に染みました。
ちなみにDVDジャケで「少林サッカーのセシリア・チャン」って書いてありますが、すぐに思い出せんかったの・・・ドレッド・ヘアの怪しいヤツ・・片方がカレン・モクってことしか覚えとらんかったよ(_ _*)・・・シュン


スポンサーサイト
これまた結構前にいただいていた、しばてぃーさんからのバトン。
ミクシィで回ってきたんだけど、ミクシィ日記はもう書く予定がないのでブログでごめんね。

ルールは、
※回してくれている人から貰った[指定]を[]内にいれて回答すること
※次に回す人に[指定]すること

しばてぃーさんから指定されたお題は
>USAちゃん→HOLGA  いや。”かわいい”レスリーw
・・・・HOLGAで回ってきたのか“かわいい”レスリーで回ってきたのかわからんのだけど~www


・[HOLGA]との出会い
*第一段階
DOLLでお知り合いになった「CMYK」のDaisyさんの写真を見て、真四角の世界に惹かれたのがきっかけ。
最初の一台はHOLGA120SF(2004年購入)ですので、かれこれ4年前のことです。
腕は一向に上がっておりません。。

*第二段階
HOLGAの腕を磨くため、Keyちゃんと“てふ*てふ”を作って関西圏をウロウロしまくる。
大抵、「○○で××を撮る!」をテーマに遠足しています。
大阪城で桃花島!、とか明日香村で曼珠沙華、そして飛鳥夕映えの舞台甘樫の丘へ!!など。。
その中で盛り上がる何かに出会ったとき、フィーバーと呼びます。例)薔薇フィーバー

*最終段階
2人でひっそり楽しんでおりましたが、てふ*てふはHOLGAだけでなく、ブキヨウの味お料理部、チクチク手芸部・・・などなど色んなジャンルをテケトーに楽しむ倶楽部になっております。
新たに部員も増えましたし、ますます毎日を楽しんでいきたいなあと思ってます。

・[HOLGA]で一番感動したこと
ブローニーフィルム!!
慣れるまで恐る恐るフィルム交換してました。
巻き上げの作業も油断すると巻きすぎちゃったりして、色々と手間がかかるのがなんか楽しい。

・わたしにとっての[HOLGA]
向き合うこと。
シャッターを連打するデジカメとは違って、撮りたいものにじーっと向き合うことが多くて、そういうのが楽しい。

・これからの[HOLGA]に期待すること
色んなタイプの機種が出てますけど、HOLGAの一番良いところだと思うシンプルさは失くしてほしくない。


****************************


・[“かわいい”レスリー]との出会い
*第一段階
「大英雄」のヤオシかなあ。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のツァイサンもかなあ。。
一生懸命な結果がズレてたりするところに悶える(笑)

*第二段階
レスリーがとても危険な存在であることを察知したわたしは、ガッツクのは命取りだと思い静かに過ごしておりました。でも無駄でした。

*最終段階
「熱情演唱會」
全てがレスリーの可愛さで出来ている!!!

・[“かわいい”レスリー]で一番感動したこと
可愛いというか、レスリーの作品にいつも心が刺激を受けているので、感動という言葉で言い切ってしまえない存在です。

・わたしにとっての[“かわいい”レスリー]
レスリーが“かわいい”って思うのは、それが作った可愛さじゃなく、人柄が表に出てこその“かわいい”だと思う。
そこにいるだけでホッとする可愛らしさのある人間て理想です。

・これからの[“かわいい”レスリー]に期待すること
これから・・・・未発見の出逢いを楽しみにしています。

・マイミクさんに[“かわいい”レスリー]を譲渡するとしたら
誰にも渡したくなぃっっ!
ものすっっっごく前に東雲さんからバトンをいただいていたので、今さらupしてみます。
なんか色々とバトン貰ったままでほったらかしにしているので小出しにしてみる計画(笑)
4人に回す前提らしいのですが、時間が経ちすぎておりますので勝手に質問を修正いたしましたo(_ _)o


1:誰に回すかを4人選んでください!→バトンを回してくれた人
「My Favorite Things」の東雲さん

2:その人との関係は?
かっ・・関係なんて・・・そんなこと言えません~(照)←なんでやw
何だろう… ライバル?
東雲さんと喋ってるとスピードが加速して、負けられない雰囲気になってしまう(笑)

3:その人との共通点は??
一番大きな共通点は、レスリーだと思います。
毎日レスリー!!って言ってるわけじゃないけど、心の中でとっても大切にしてる存在。

4:その人のいいところは???
東雲さんはとってもマジメです。一生懸命だしいつも頑張ってる。
少し前の自分を見てるような気持ちになるときがあります。
自分のいる場所で、背伸びせずに、自分の道を歩いていこうという姿勢がすごくステキだと思う。
もう少ししたら、自分の理想に頑張って自身を近づけていこうという構えがなくても、自然に向かっていける余裕が持てるようになるんじゃないかなあと思います。
ガムシャラに頑張っていける時期はいつまでも続かないし、一生懸命なことにとらわれるんじゃなくて、自分のことや、ご家族やお友達や会社の人たち、いろんな人に気持ちを向けられるゆとりが出てくる時期が必ず来ると思います。
何故かわかりませんが、自分の限界まで頑張った後にしか、そういう瞬間が来ないだけども。。
だから、頑張るときは全力で頑張って、緩めるときは全力で緩んでいいと思いますよ。

5:その人との出会いは???
何だったっけ・・・・インターネットの何かだったと。。レスリーのサイトだったかな。

6:その人は自分の事どう思っている???
“発想が豊かで、言葉の使い方が美しい。文才があり、オリジナルな方です。と思えば、ツッコミ担当でお笑いもイケるとこが好きです。”
と言っていただいております。恥ずかしい・・・
これからもオリジナルで生きて行きたいと思ってます!

7:その人と喧嘩した事ある???
ないですね。でも喧嘩できる仲になれたらいいなと思います。

8:その人とは一生友達???
もちろん。ずっと仲良くしていきたいと思うからお友達になるんじゃない?
そうじゃない人のことは、お友達ではなく知り合いと日本語では言うのです。
わたしの大好物の可愛い二人が競演している「画皮」
ひそかに日本公開を希望しているのですが、ちとつらいことに・・・ホラーなんですよ。怪奇ファンタジーって、えーと・・・チャイゴー???(までコメディ要素なさそうだけど)。
ポスター、ちと怖いですがステキですなあ。。ちなみにこちら香港版。大陸版は大陸~って感じのいつものパターンでしたので割愛。
配役は、女狐の妖怪に周迅(ジョウ・シュン)。妖怪から誘惑される将軍に陳坤(チェン・クン)、夫を取られまいとする妻に趙薇(ヴィッキー・チャオ)。他、甄子丹(ドニー・イェン)、孫儷(スン・リー)などが出演しています。監督は陳嘉上(ゴードン・チャン)。
陳嘉上っていえば「恋戦沖縄」だっ!!孫儷はドラマ版「新上海灘(上海グランド)」「玉観音」でヒロイン演じてたわ~。「霍元甲(SPIRIT)」の可愛いお嬢さん。ちなみにサントリー・ウーロン茶のCMに出ていたのも彼女です。(そんなこんな記事)




周迅雰囲気あるなあ~
予告見ましたが、趙薇ちゃんは動いてる方がやっぱりいいな。生き生きしててスクリーンに出てきた途端目が向いちゃうもん。華があるってのはこういう人のこと言うんだな。
激太りしたとかいう話もあるようですが、ふっくらした趙薇ちゃんの方が可愛くて好きです。あんまりガリガリにならんといてや~




趙薇ちゃんは「緑茶」「玉観音(愛されてた記憶)」「姨媽的後現代生活(おばさんのポストモダン生活)」「夜上海(夜の上海)」「情人節(初恋の思い出)」「赤壁(レッドクリフ)」、周迅は「如果愛(ウィンターラブ)」「夜宴(女帝)」と、ここ2年の間に日本で公開された作品も多いです。
大作での日本上陸が多いのかと思った趙薇ちゃんは意外と小作品が多く、ミニシアター系アート映画が多いかと思った周迅が結構大作での上陸だったりして、なんだか面白い。



周迅と陳坤の共演は多かったですが(まるで三浦×百恵のよう・笑)、趙薇ちゃんと陳坤の共演は初めてなんですって。意外だ~。
今頃とはいえ公開される「情人節」(趙薇×陸毅)。ならば、周迅×陳坤の「抹茶之戀味」が観たいなあ~なんて。。地味だけどめっっちゃ可愛い周迅がたまらんのです(笑)
お買い物の帰りに寄った本屋にて。
新古本として並んでいた「献立教室」というお料理本。中身を立ち読みしてみたところ、わたし好みのちょっとしたおかずオンパレードでして、しかもお料理の献立の参考になるお話や今さら聞けないお料理の疑問なんかのQ&Aもあって、50%offになっていたのでちょっと買ってみました。
美味しそうなお野菜料理がたくさんです。週末、さっそく作ってみよう!

考えてみたらレシピ本を買ったのは初めてかも。
高校時代から雑誌などを切り抜いてスクラップしたレシピ本を作ってましたが、雑誌の紙質だと何回かお料理で使うとボロボロになっちゃうんですよね。
父が調理師なので、実家にはたくさんお料理の本があったんですが、本格的な西洋料理なので写真を見て「美味しそうだなあ~」ぐらいしか楽しめず・・何しろ、出てくる材料がスーパーに売ってないんだもん(笑)
お菓子の本から、ババロアとシュー・ア・ラ・モードは作った記憶があるようなないような・・・・
基本的に子どもの頃からお菓子作りに興味はなく、お友達に付き合ってクッキーとかチョコレートを作ったぐらいのスキルしかありません。女の子の歴史としては、ちょっと欠落しているかもしれん(笑)

ボロになってしまったスクラップレシピの中から、特に気に入っているものはもう覚えてしまったし、書き写すほどのこともない簡単なものばかりなので、最近はちょっとマジメにお料理しようと思って、父に聞いたりインターネットで検索したりして、お出汁のとり方とか、お魚のさばき方とか、、、ホントに今さらながらお勉強中です。そんなメモがちょっとずつ増えてきました。こういうのほど、書き留めておかないと忘れちゃうという悲しい現実…
お裁縫のヒントに・・と思って、古本屋さんで購入した「天然生活」と「クウネル」のバックナンバーにもいくつかお料理のレシピが載っていたのですが、その中できぃちゃんが「これ食べてみたい」とリクエストがきた“ゴボウのから揚げ”を週末に作ってみたいと思っております。
上手に出来たら次回のてふ*てふお料理部で作ってみようかなあと。

来月、クリスマス会と称して我がてふ*てふ部員が一堂に会します。
小学生のクリスマス会をテーマに(ここで唐突に発表してみる)、各自手作りプレゼント交換がメインです。お料理もクリスマスっぽくないものになる予定。(好き嫌いは許しません) 小料理屋さんみたいに、いろんなお惣菜を鉢に盛ってカウンターに並べてみたい夢を、ここで一方的に味わってみようと思っちょります。
あとはのほほーんと食べて喋って終わりそうな感じがぷんぷんしますが、オンラインゲームでお友達になった子に赤ちゃんが生まれたので、会いにいけたらいいな~という計画もあり、どこまで実現できるかまったくの謎。
いつまでも好きなことだけやっていていい年齢ではないと自覚し、ここ2年、バカみたいに買いあさっていたCDやDVDを極力買わないようにしてきました。
具体的には王力宏の「蓋世英雄」が最後の新譜かな。つまり「改變自己」はまったく未聴。
レスリーの作品も「上海グランド」のトールケース版DVDを買ったのが最後です。その他色んなジャンルのCDも増えたものはクラシック1枚だけ。
意外となくても大丈夫な生活に慣れてきましたし、ここらで年末帰省したときに観ようかな~と思える作品を買ってみようかなと、アマゾンを覗いていました。
こんなものが発売されていたんですね~


p-344.jpg「レスリー・チャン コレクティブ・メモリーズ」
■BOX封入特典:レスリー・ミニスチール写真集+3枚組ポストカード・セット
■総収録時間約245分/モノラル/広東語版/日本語字幕/片面一層
【DISC内容】
Disc 1
「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」
1.「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」 2000年作品/38分/ビスタ・サイズ
監督・脚本・主演:レスリー・チャン 共演:アニタ・ムイ、ワン・リーホン、カレン・モク
2.特典映像
(1)本作で監督デビューを果たしたレスリーのコメント映像(4分)
(2)「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」香港プレミア上映の現場風景(2分)
(3)「クラシック・ラブ・ネバー・エンズ(永遠のスターたち)」
レスリー・チャンなど、香港映画スターの横顔を綴るドキュメンタリー(22分)
Disc 2
「ティーンエイジャーズ」
1.「ティーンエイジャーズ」 1978年作品/24分/スタンダード 監督:マック・カイオン 共演:カー・シーロック、レイ・トンメン
2.「死の絆」1980年作品/23分/ 監督:マック・カイオン 共演:チャン・オンイン、イム・チャウワー
3.「十字路」 1983年作品/23分/ 監督:レイ・ヤンイー 共演:チェン・ペイペイ、ラウ・マンイー
4.「アイランド・ストーリー」 1981年作品/23分/ 監督:ロー・カイヨイ 共演:ロイ・ユイケイ、ホン・チョンヤン
Disc 3
「歳月河山」 1980年/86分/スタンダード 監督:ウォン・ケンキョン 共演:チャン・ヨックキュン、ウォン・ハック


レスリーが監督した短編「From Ashes To Ashes 煙飛煙滅」を日本語字幕で見られるんですね。まだ観ていないレスリーの出演作もいくつかあるのですが、気がつけば販売が終了しているものもチラホラ出てきてるみたいで、なんだか寂しい。
「夢翔る人」「星月童話」「男たちの挽歌」「狼たちの絆」は持ってないし、観てみたいと思ってるんですけど。

ただ両親と観るなら、もっとバカ笑いできるほうがいいだろうしなあ。。「ドラゴン・キングダム」が面白かったけど買うほどでもないような・・・・・なんて考え始めると、わたしホントに落ち着いたなあとしみじみ感じてしまいました。お買い物しないことに慣れると、今度は買う決断が難しくなるものなのでしょうかね。
誰でも、色んなことがめんどくさくなって投げ出したくなる瞬間に出会ったことがあると思う。
どうしていいのか、どうやって前に進んだらいいのか、自分がどこに向いているのか、わからなくなって迷ってツライ瞬間に出会ったことがあると思う。
そこでぐっと堪えて踏ん張れるか、困難から逃げ出してしまうか。その岐路に立った時、この2つの道のどちらを選ぶのか。出来れば乗り越えたいと思う人の方が多いと思う。けれどその道は安易ではなく、しんどいと解っているから逃げたいと迷うわけで。
この分かれ道にあって、敢えて立ち向かう方を選ぶ人には勇気がある。
その勇気はどこから出てくるか。それは自分の信念しかない。信念は自分を信じる気持ち、人を信じる気持ち、成功を信じる気持ち、乗り越えられると信じる気持ち。
逃げるためには言い訳がいる。言い訳は自分以外の存在にできない理由を押し付けるということ。
言い訳しない。自分の逃げ場を自分で断ち切ることは本当に難しいことだけれど、わたしは、どんな些細なことでも決して逃げない自分でありたいと思う。
立ち止まろうと、座り込もうと、とにかく自分の足で歩き続けることでしか、わたしの困難を乗り越えることはできないと知っているから。
逃げたときの惨めさ、後悔、弱い自分への苛立ち、自分で作った“言い訳”は、それが通り過ぎてしまった過去になっても自身の中に居座り続けると知っているから。

人生の中では、たくさん選択する場面に出くわす。
その選択は人に頼らず、自分で決めなくてはならない。自分の人生を人のせいにしないために。
疲れてヘトヘトになって座り込んで、長い長い時間がかかってしまっても、必ず自分の力で歩ききらなければ。誰かに代わってもらうことは出来ないわたしの人生だから。
子どもの頃に見ていたアニメや本に出てくるお料理・・・食べたいなあ~って思ったことありませんか?
わたしはしょっちゅうあるんですけど、ハイジのパンとかチーズとか干し肉とか・・・オランダ産のチーズを貰ったとき、お母さん以下妹2人と共にガス火でチーズを溶かしパンに乗せて食べましたよ(笑)
あと「ふしぎな島のフローネ」で、家族全員が休日取ろう!ってなった時にラストでフローネが食べてた椰子の実の器に入ったトウモロコシとか~。木のボウルに缶詰コーンを茹でたものに塩を振りかけただけというものでしたが、なぜか美味しそうに見えてしまうんですよね。
「ちびくろさんぼ」のパンケーキや「赤毛のアン」のゼリーとか~ 本を読むたびにそのお料理の匂いがしてきそうで・・(笑)
こんな記事を読んでいてふとそんなことを思い出しちゃいました。それにしてもギャートルズ肉(笑) あの肉って呼ばれてるのも笑える。

まあ他にも美味しそうだ~と思ったものは多々ありますが、「魔女の宅急便」のにしんパイとか・・・・・・・自分じゃ作れん!と思っていたら、ホンマに再現しはった方がおられます。しかも!再現シーン付き~(笑) その熱意に感激しました。この方、他にも「となりのトトロ」に出てくるサツキちゃんお手製お弁当とかミスター味っ子のお料理を再現されてます。すごいです。
ミスター味っ子って見たことないんですけど、シンチーの「食神」がもろミスター味っ子って言われてましたよね。あんな感じなのかしら・・・・・と勝手に想像(笑)

「新選組!」に出てきたあの“ふわふわ玉子”とかっっ
えええええええええ~ アレ作ったの?!って嬉しくなっちゃいました。だって美味しそうだったんだもん~
見たことない人にはわからんですね。
慎吾ちゃん演じる土方さんが好きだから・・と、田畑智子ちゃん演じるつねさんは貴重な玉子をお料理するんですね~
そのシーンもなんかホンワカして好きでしたが、ふわふわ玉子ってのがそそるじゃないですかあ~
そんな中、わたしの心を捉えたのは肉だんごスープ!!
ステキです。遊び心を忘れない、・・そう人生に一番大切なそのことを知っているあなたは誰よりも輝いています!

最近やってみたいのはPascoCMに出てくるアレ。うまそうだ・・・
しかしご近所ではなかなかマフィンが手に入らない。仕事帰りの時間ではPascoのパン自体が売り切れているのです。ちぇっ
しかしPascoのCMはいつも美味しそうだ~。ついつい超熟買っちゃうもん(笑)
長らく・・・長らく・・・・・・(涙)
趙薇ちゃんといえば小燕子です。
ええ。。サンテレビで放送されてるのを知っても、我が家に電波入らず・・・涙を飲んでおりました。でもきっと、日本語版が発売されると信じておりましたよ。
p-343.jpg還珠姫 ~プリンセスのつくりかた(6枚組DVD-BOX)
ドラマのままのタイトルがちと・・・まあいいでしょう。そして6枚で25,000円ですよ・・高いですっ!アマゾンさんで2万円切ってますが、それでもちょっとキツイ~。。
いま話題のバラマキもとい給付金がおいくらいただけるのでしょうか。家族4人で6万円ぐらいと言われていますが、単身者にはあまりいただけそうにないですよね。単純計算15,000円も期待できそうにないんですけど~。
1万円ぐらい貰ったところで何か思い切ってお買い物!という気持ちにはならないので、そうなると使うとしたら・・・・税金のお支払い?!現実ってこんなもんよね。。

まあレンタルも出そうですし、ちょっと様子見るとしましょうか。


そうそう。また今さら公開ですか・・と思ったこちら。
「初恋の想い出(情人節)」日本公開はないと思って中国語版とっくに買っちゃったわよっ。そしてなぜか関西の上映ないです。なんでやーっ
この映画の主題歌は趙薇ちゃんが歌う♪シェイクスピア~ 素直な声の伸びめっちゃ可愛いんだよなあ~(『飄』に収録)
ダサダサな趙薇ちゃんが一番可愛い(笑)

ものすごく久しぶりに連続して見ている武侠ドラマ「雪山飛狐」。
王晶(バリー・ウォン)が監督ということで香港の俳優がメインキャストとして出演しておりまして、見ることにした決め手は秋生さんと鍾欣桐(ジリアン・チョン)なんですけど(笑)
バリー・ウォン×秋生さんの武侠ドラマ=「八大豪侠(八人の英雄)」なイメージでしたが・・・そして「小魚兒與花無缺(PRIDE)」みたいなコメディー要素もあるのかなあ~なんてささやかな期待は今のところ大きく裏切られ、結構シリアスです。でも面白い~~~~
最初の方で秋生さんはお亡くなりに・・(合掌)(八人の英雄でエヂも早々に殺されておりましたわね)
んで主人公の胡斐(こ・ひ)が大きくなり、凛々しい青年に。そして待ってましたジリアン~^^ノ
やっぱ可愛いですな。美がないと武侠も楽しくないデス。
でももっと重要なこと、それはおじさまの活躍です。ええ。このドラマでもステキおじ様がいらっしゃぃますよ。
方中信(アレックス・フォン)・・・この人がそうなのかあ。。。初めて知りましたが苗人鳳(びょう・じんほう)という役に合っててとってもステキです。かっこいいとです。出てきただけでキャーキャー騒いでます(笑)
あと~譚耀文(パトリック・タム)もね、悪役なんですけどカッコいいんです。
んで高虎(ガオ・フー)。金庸ドラマには巴音(バー・イン)と思ってたけど、何気に彼もかなり出てますな。

そだ。「赤壁(レッドクリフ)」行かなきゃ~ 趙薇ちゃん出てるだけやなく・・・張震(チャン・チェン)と胡軍(フー・ジュンと・・・・・・・尤勇(ヨウ・ヨン)!!!!西毒が劉備になっちゃった(笑)
あートニさんも西毒か(大英雄ね)
曹操が張豊毅(チャン・フォンイー)とか・・ぶるぶる(曹操は項羽のもしくは劉邦の縁者とか聞いたことがあるようなないような・・) 
※項羽は楚王→覇王でございます。したがいまして覇王別姫のあの大王となるのでございます。そして彼は劉邦も演じておりましたな。どっちも鞏俐(コン・リー)と共演。
三国志ほとんど覚えてないけど見に行く~o(*・ ・*)ノ


八人の英雄はYahoo動画で無料配信されております。未見の方是非どうぞ^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。