オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
p-293.jpgかぼちゃが安かったので、半分を煮物に半分をガンボにしようと思って買ってきたのに・・・間違えて全部煮物にしてしまいました...(_ _*)
なので今朝もお昼ご飯も・・・かぼちゃの煮物。しかし食べ切れずどうやら夜ご飯も煮物です。ふぅ・・

最近、少しずつですが食欲も回復してまいりまして、お料理もちらほらとやるようになりました。
毎日作っていればヘタクソでもレシピは増えていくのですが、半年近く悲惨な食生活を送ってきた今となっては、思い出せるレシピがわずか。。。
これから夏に向けて、夏バテしないためにも食生活はいよいよ大切なので、ちゃんとご飯食べます!


さて。
先日、こんなかわいらしいランチボックスを見つけて思わず買ってしまいました。
ちょっと可愛すぎるので躊躇したんですけど・・・まあいいでしょう(笑)
うちは築30年以上の古いお家なので、キッチンの使い勝手が悪いんです。特にシンク台は低くて洗い物していると腰が痛い(笑)
なんとかならんもんかのう・・・

スポンサーサイト
日本人は“綺麗”よりも“可愛い”を好むとよく言われるように、わたしも“綺麗”が好きだけど、“可愛い”はもっと好き。
ただ、なんでもかんでも“可愛い”ければ良いとは思っていません。
“可愛い”が好きな人は多いと思いますが、わたしが好む“可愛い”は例えるなら道端のタンポポのように、目にしただけでほっこりしてしまう優しい存在感に似ています。
強く主張しているわけではないのに、ふと心に温かさを与えてくれる、そういう愛らしさに出会うと幸せな気持ちになります。


いま・・・ものすごく急須が欲しいです。。
夏でもお茶飲みの人間にとって急須はかかせません。
今まで使っていたウサギ模様の急須が割れてしまいました・・・(_ _*)・・・シュン
可愛くて洗いやすいお気に入りだったのに~
先週末4日ほど実家に帰っておりまして・・・おばあちゃんちにお茶飲みに行ってきました。
長年使っている急須を今さらながらマジマジと眺めてきました。
常滑焼きでした。
なかなかかわゆい・・・。ぽってりつやつやの赤茶色がステキです・・・・
おばあちゃんが言うには、鉄分を多く含んだ土で焼かれている常滑焼きの急須で淹れるといよいよ美味しいお茶になるのだそうです。
知らなかったです・・。
せっかく買ってきた八女茶・・・・美味しく飲みたい~~  やっぱ急須買わないと。。


本日は有給休暇を取りまして、旅の後片付けなんぞのんびりやってみました。
(旅日記はこちらにて更新中ですので、本家ブログでは旅で出会った可愛いヤツラをご紹介していくつもりです)

少し前から、キッチンで使うふきんを手ぬぐいに変えたわたくし。
子どもの頃、食器を拭くのは手ぬぐいだったため懐かしく、めちゃハマってしまいまして・・・日々のハンカチとしても愛用しております。
ただ今バス・トイレ・キッチンのリフレッシュ計画を遂行していた関係で、我が家の手ぬぐいの多くはふきんと雑巾に変身してしまい、ハンカチがなくなってしまったのであります。
ということで。
鎌倉といえば手ぬぐい!
紫陽花記念の綺麗な手ぬぐいほしいわあ。。と、鎌倉・横浜の主な手ぬぐい屋さんをめぐるミッションも勝手に追加(笑)買いも買ったり手ぬぐいトータル12枚。(おほほ)
午前中はお天気もよく、おっしゃあ!!とばかりに、購入したばかりの手ぬぐいやら、買いだめしてきたふきんやらを一気にお洗濯。
お風呂場での作業も気持ちよい季節となりましたな。(冬場はつらい・笑)お日様の力はすばらしい。1時間ほどで綺麗に乾きました。


手前の列は、今まで使っていた手ぬぐいを半分にカットしたもの。
鎌倉の“拭”さんのマネっこしてみようかなあ・・なんて思って、小さいカゴに入れてトイレにおいておこうと思ってます。
真ん中の列は、今回の旅で購入してきたオニュウハンケチーズ。一つ一つの柄は、選ぶのに一苦労でしたよ。。。もうね可愛すぎる。
まわった手ぬぐい屋さんは4件。どこも素敵でしたよ~~
左側のふきんは無印良品にて購入の12枚組の落ちワタふきん
何も考えずに安いという理由だけで購入したものですがヒット商品だったんですね。12枚あるので思い切って使えます。
無印らしく飾り気のないものなので、このまま使うもよし、刺繍してもよし、周りをかがってみるだけでも可愛くなりそうだ~。と思って購入し、いま残りが5枚。

手ぬぐいを見ていて思い出したのですが、昔、おばあちゃんが使ってた台拭きは刺し子してあったような気がします。あれはお手製なのだろうか・・・
これからの季節、虫がいっぱい。。。。対策取らねば。
田舎育ちなので多少の虫は無視出来ますが、どうしても どうしても どうしても!!!許せないのはゴのつくアイツです。
あの人たちは、地球上の誰の役に立っているのか・・・全滅してくれたらと何度思ったことか・・・こうやって記事にするのも鳥肌立ってます。(でも書きます)

ゴのつくアイツはしぶといです。
綺麗にしていてもどこからかやってきます。
ゴを回収するホイホイも処分するときは一大イベント。姉妹で美しい(醜いともいう)譲り合いの精神を発揮してました。
でも今は一人暮らし。譲り合う相手がいない。。。アイツに一人で立ち向かわなくてはなりません。

トイレのリフレッシュ計画で、アロマでお掃除するのをやってみようと思い、色々調べていましたところ。。
ゴ・・・の嫌いな香り、というものを見つけました!
アイツら、、いっちょ前に嫌いな香りがあるのか。。。(いや、これは喜ぶべきなのだ)
スプレーを作って ゴ・・・ポイントにシュッシュッてするだけ。
なんとーーーーー!!


《さらば!ゴ・・・のレシピ》
★材料(出来上がり量20ml)
無水エタノール 10ml
精製水 10ml
精油(ラベンダー、レモン、ペパーミント各10滴)

★作り方
保存用スプレー容器に、上記の材料を入れよく振って混ぜ合わせる。


そんなに簡単でいいのでしょうか。。そしたらアイツらは我が家から出て行ってくれるというのでしょうか。。。
この際、数日の宿代はいらん。とっとと出ていってくれたまえ。(今年はまだ見ていないのだが)
そんな思い200%でレシピにある材料を購入しにいくわたしって単純でしょうか。
でもどうしても彼らと顔を合わせたくないのです。できれば殺戮ではなく友好的に話し合いで解決したいのです。
成功しますように(*u u)人オネガイシマス
金曜日、父方の祖母が亡くなりました。
わたしはきぃちゃんとご飯を食べに行っており、帰宅したのは22時過ぎでした。
しばらく呆然としました。何をしていいのか、ただただボーっとしてしまう。
父の実家である佐渡に家族全員そろって行ったのは、祖父の葬儀の時が最後。わたしが中学3年生になった時でした。
九州へは年に1度帰省していますが、佐渡へはそれ以来行っていません。
いまは家族全員ばらばらに暮らしていて、全員で行くことは難しい。父だけがいま佐渡へ行っています。
わたしは父方にとっても母方にとっても初孫で、本当に可愛がってもらったのに、手紙と年始の電話ぐらいしか出来なかった・・・

なんだか心が落ち着かなくて、わたしは昨日から掃除ばっかりしています。
母も落ち着かなくて雑巾をいっぱい縫ってしまったそうです。

あまり話したことはなくて、手紙だって時々しか出してなくて、だけどいつ電話しても「ありがとう」と繰り返す祖母、本当に優しい人でした。
数年前に祖母から届いた手紙には「筆を取るのがしんどくて返事を出せなくてごめんね」と書いてありました。
書きかけの手紙、もう書き終わることはなくなってしまいました。


母方の祖母も今は元気にしていますが、やっぱりいつどんなことか起こるかわからない。
誰だって寿命を迎える日はきます。避けることは出来ないから。
だから、毎日が楽しくて幸せであってほしいって思う。
わたしが今日を生きていられるのは、両親はじめ、たくさんの人たちから守って貰ったからなんだって。すごく思いました。
離れて暮らしていても、すべての人たちへ感謝の気持ちを忘れないでいたいと思う。

ばあちゃんありがとう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。