オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私は割りと難しい問題にぶち当たるのはキライではなくて、むしろそういう状況の方が自分を活性化できるので好きだったりします。
テストなんかも難しいものから取り掛かってしまうタイプ。だから簡単なものが残ってしまって点数低いこともよくありました(笑)
それじゃイカン、片付けられるものから手をつけていかなくては…と手際よく物事を整理することを意識してきたのが裏目に出ることも。
何よりも今の自分の状況を客観的にかつ冷静に見られるようにならないとダメですね。
恣意になりすぎて、公私共に失敗続きの最近の反省。
スポンサーサイト
3つめはfuimeiさんちの質問から。

明星に惹かれるとき、まず、何にビビビと来ますか?
又は、どこにビビビと来ましたか?


難しい…。どこ、なんでしょう。
対象によって様々なので、難しい質問です。(私に対しての質問ではないのだが・笑)
直感で「私はこの人が好きなんだ」って感じることが多いと思います。
レスリーが好きだと言った時、きぃちゃんは「あぁ、だって丸顔だもんね」と言いました。
うるさーいっ!丸顔だから好きなんじゃないもん。
なのでちゃんと説明するわよっ!

にノラ・ジョーンズがヒロインの王家衛映画「My Blueberry Nights」について書きましたが、こんな記事がっっ!(情報:LLさんのBBSにて)

カンヌ映画祭期間中に発表されたこの作品の出演者は豪華絢爛。
ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズって…その上エド・ハリス、ケヴィン・スペイシーに出演を打診中ってさぁ、、、王家衛さん一体どこまで行く気ですか?
ジュード・ロウ結構好きなんだぁ。漢字で書くと祖迪羅とは知らなんだ。最初、これは一体なんていう意味なんだろうと真剣に悩みましたっ。読めねーよ!

「My Blueberry Nights」のポスター見たけど可愛いね、ノラ。
「欲望の翼」みたいなグリーンに赤い文字で「My Blueberry Nights」、頬杖をついてるヒロインのアップ。そしてレスリーも言っていた「A WONG KAR WAI FILM」の文字も入ってました。(レスリーが言わなきゃ気づかなかったわぁ)
ストーリーを漏れ聞いたところによると、ブルーベリーが大好きな女の子(ノラ・ジョーンズ)と、雑貨店の店主(これがジュード・ロウ?)と恋・・・って。それだけじゃわからん。
以前撮ったショートフィルムがベースだって言ってたけども、この設定はあれですやん。「恋する惑星」トニさん&王菲編。
ノラのキャスティングで王菲の英語版か?と思ったが、ジュード・ロウはレスリーなんだぁ。
・・・・・・なんでレスリー?
んん・・・トニさんっぽい人がいいなら、トニさんが出ればいいんだもんね。レスリーは、、、もういないから誰かを仕立てるしかないのか。・・なんて失礼な言い方だわね。ごめん。

王家衛の脳内には、トニさんかレスリーしかいないのか。ヒロインならマギさんか王菲。
確かに、この人たちが王家衛作品の東西南北に位置してるよね。誰ともかぶらない唯一の存在感っていうか、王家衛がこだわるものの一つ一つを象徴している存在っていうか。
それらが一つに終結して完結させたのが「2046」だと私は思ってるのでありまして、、、、嗚呼、また分析したくなってきた。アカン、アカン。今はそんな時間ないねん。

ってことで「My Blueberry Nights」の主演二人を私の好みに脳内変換。レスリーと王菲だよ~、いいわ、いいわ、いいわっっっっ!

いや、待て。ロードムービーって言ってなかったか?(王家衛にそんな愚問する?)

ノラには歌も歌ってほしいと言ってるらしい。
ってことは、ジャズ?ジャズですか?それとも他になにか?ウズウズウズウズ。
た・の・し・み・だーーーーっ!
李安(アン・リー)監督の「色戒」に王力宏(ワン・リーホン)準主役決定か…ってな記事に、
「ほんまか?また監督が希望を言っただけで本決まりでもないのに新聞が書きたててるだけじゃ…」
って思いつつ、この作品のヒロイン候補に周迅(ジョウ・シュン)の名前が挙がっているので、実はこのコンビで実現していただけないものか、と思っておるのであります。
主役はトニさんらしいけど、準主役とヒロインは恋人だそうなので。しかも、私が希望するスパイ物っていうじゃないですか!(時代はちょっと違うっぽいが)

もしかして私のブログ読みました?(読むわけない)

ヒロイン候補には大S(徐熙媛/バービィー・スー)とか舒淇(スー・チー)の名前も挙がっていて誰になるのかわからないけど、トニさんが香港の俳優なので、ヒロインが台湾の女優になった場合、準主役の男優は大陸からじゃないかな。
大陸女優がヒロインだったら準主役の男優は台湾からになるような気がする…。
やっぱりそれぞれのマーケットを視野にいれるなら、このバランスが一番いいと思うのよね。

 私は、周迅と隊長の並びが見たいですー!

そして記事を読んでみた。 
内地の新人女優…でも決定とは書いてない。
大陸の周迅サイトでも決定ではないけど、オファーがあったことは書いてあったのよね。(ファン同士熱くなってるんだよなぁ・・・読めないけどそんな感じはヒシヒシ伝わる)
今売れっ子だもんね。大作もいけるけど、彼女はちょっと変わったアバンギャルドな作品もいける、演技の幅が広いの。だから隊長とのコンビはすっごく見たい。
アン・リー×トニさんだったら、ほぼ日本に輸入されると思うのです。
周迅の映画をスクリーンで見たい人間としては、ここは是非お願いしたいですね~
だけどギャランティのことでひっかかってるんちゃうかな。
主演女優賞獲ったから、たぶん結構いくよね。趙薇ちゃんの方が上って言われてたけど国際的な知名度は周迅の方が上だもん。
国際マーケットを狙ってるに決まってるから、そうなると確定のトニさんに、ヒロインか準主役には知名度のある人を持ってくると思われる。
残った一つの枠を新人でいく、が一番自然に金銭的な調整がつくよね。

なんて…こんなこと私が考えることじゃないか。
ですっかり忘れきっていた「亞洲惑星 華流Special」のDVDが届きまして(笑)早速見てみました。
だって冲兄さん(李亞鵬/リー・ヤーポン)陸毅(ルー・イー)陳坤(チェン・クン)とくれば、私にとっちゃ周迅(ジョウ・シュン)ですよ!(ええ、だたそれだけのために応募しました)
そしてめでたく「像霧像雨又像風(雨のシンフォニー)」「海難(ビーチ)」の映像が流れました~(ぱちぱち)

「像霧像雨又像風」はもう予約しております。
20年代の上海が舞台のメロドラマ。周迅はヒロインではないのだけど、すっごい見たくて待ちに待った日本版なんです。
「海難」はどうしようかなぁ。。。現代物はあまり得意じゃないのよねぇ…でも冲兄さんと共演してるし…と思ってまだ迷っています。
番宣見てたら、バックに聴いたことない周迅の歌が流れていました。これ何?もうちょっと聞かせてくれ~

華流、、、どうしても男子中心に盛り上げ雰囲気ですけど、女優さんもクローズアップしてください。お願いよぅ。チャオちゃん(趙薇/ヴィッキー・チャオ)のドラマがすっごく見たいんです。
「還珠格格」とか「侠女闖天關」とか「情深深雨濛濛」とか…。映画なら「畫魂」「結人節」が見たいです。
大陸の作品プリーズ!(私は台湾より大陸の方が好きなものが多い)
東雲さんのお題でも遊ばせていただきました。
あなたの音楽遍歴を語ってください
遍歴といえるほどでもないのですが、語るの好きなので。(今更言わなくても…ですが)
すごく長いです。語ってますから。
 
シンプルバトンをまわしてくれたチチカカさんちの質問も面白かったので、勝手に遊ばせていただきました。
あなたは女優です。どんな作品でも好きなのを撮ってあげる、と言われました。どの作品の誰の役をやりたい?相手役(共演者)は誰がいい?作品は映画化されてるものでも、そうでないものでもOKよ。共演者は芸能人で答えてね。
私、女優か。この時点でいい気持ち(笑)
もしもシリーズで遊んではいましたが、やっぱり自分も入れてもらえるとなると、ちょっとテンションあがります。では参ります。

昨日ソニーから流れて来たF4メールで知った「エンタな台湾最新事情~熱!流行の仕掛人たち~」
隊長は出なさそうだけど、見てみるべと。しかし、やっぱり台湾のエンタメですからね。隊長もちょっとくらいは流れます。流れましたが、一瞬の隊長ったら。。
虎さんだったよ。虎さん・・・昨日のチャットで虎話したからか?
やっぱり虎キャップ買わなくちゃいけないだろうか…。ピンクなら…でも私のキャラじゃないの。。。東雲さんの潜入レポを待つべきか。
でも何か可愛かったわね。虎虎な隊長。。。(結局、何でもいいってことだな)

ちょっとだけちゃいちゃい喋ってて、ちょっとだけジェイも喋ってました。
ねーねー。ジェイ、ブラックジャック先生やってみる気ない?普通に違和感なく似合うと思うんだけど。。
しようかなと思ってます。1月13日以来です。
22時頃からUSAちゃにてボーっと漂ってますので、寝てたら殴って起こしてください。
トークテーマはNOTHINGですので、話題は何でもOKですよ。愚痴大会でも妄想話でも。
必須事項だけ。
参加される方は「お夕飯に何食べたか」を宣言して入ってきてください(笑)
食欲のない私に、明日のメニューにヒントをプリーズ!
私の家庭はちょっと変わっていて、小さい頃から母が寝る前に本を読んでくれていたんですけど(これはどこの家庭も同じだと思います)、子どもって大人と同じことをしたがるじゃないですか。同じお話だとすぐに内容を覚えちゃって、母よりも先に物語を語りたくなるの(笑)
そうすると、母は私たちの話を聞きながら寝ちゃって「お母さん、まだ寝たらダメー」と物語の最後まで絶対に寝かさないの。今思えば鬼だよ(笑)
で、ある日「じゃあ、今日は○○がお話してみて」って姉妹3人に振り始めた母。
お陰で幼稚園に入る前にはひらがな・カタカナの読み書きは出来るようになってたんですけど、大きくなるにつれて、たとえば日本昔話とか世界の童話のようなスタンダードな物語では満足できない体になっていました(笑)

先の文章・・・何を書きたかったのかボヤケてしまった(汗)
つまり、勉強と遊びを合体させてるのが今私がやってる中国語学習?(ちょっと違うか)
ま、でもそんな感じです。なんで遊びが少ない学生時代だったかというと、当時の私にとって勉強が遊びみたいな感覚だったからです。
じゃ、逆に遊びも勉強感覚で考えれば、楽しめるんじゃないか?って最近気づいたんですよね。(今頃ですが・笑)
そしたらここ数年、急に外に出て遊ぶのが楽しくなってきました。
旅行はもちろんのこと、休日になんでわざわざ外に出て遊ばにゃならんのだ。と思ってた若かりし自分に、今モーレツに説教したいです(笑)

世の中には勉強が嫌いだという方も多いかと思いますが。
私は昔から勉強が大好きで、何でキライな人がいるのか理解できないとさえ思っていたことがあります。
しかし今となっては「学生の頃にもっと遊んでおけばよかった」と思うことが多いのです。
もちろん今でも勉強は好きですし、「どうやって勉強しようかなぁ」と考えるだけでワクワクします。逆に遊び方がまったくわからないんですよね。

本格に隊長のアルバムをそろえたのは今年に入ってから。残りあと1枚となりました。
そこで全部を並べてみてみた。人に歴史ありだな~。しみじみ。

私が一番好きなジャケ写は「THE ONLY ONE」。色とか質感が好きですね~。
「HEAR MY VOICE」はイメージフォトが好き。そしてこれもやっぱり色や質感が好き。
粒子が粗いんだけど、きめ細やかさが感じられる。そんな雰囲気がいい。
オリジナルアルバムでは「唯一」がジャケット、イメージフォト含めて気に入ってます。
でも隊長のルックスでいうと「心中的日月」「蓋世英雄」なんですけどね。男気とか骨太さがあってクラッとします。でも、、、ジャケットがなぁ…
どうせならコレをジャケットにすればよかったのに~
隊長のお顔は写ってませんが、こっちのがセンスいいと思うんだけどなぁ。中華世界では本人の顔がないとアカンのやろか。

レスリーのアルバムだったら「大熱」のジャケットが一番好き~
ウォーホールみたいで、カッコいいなぁと思いました。
私が持ってるのは赤バージョンなんだけど、黄色が一番欲しかったんですよ。。。(あと緑もあります)
「Foerver」もいいなぁ。広い砂漠の中に小さなレスリーの背中。(こっちが好きなの)
レスリーはフォトジェニックだなぁ、といつも思います。この人はどの瞬間も絵になるんだよ。たとえ「・・・」な瞬間でも。

王力宏のアルバムジャケ一覧はこちら
プリマダム、最終回は生放送でバレエを踊るってことで、、、大注目して見ましたわ。
ショーコ(黒木瞳)さんの最年少記録を破り、最速でトップ娘役になったくららちゃん。新旧サラ(ガイズ&ドールズ)の共演とあっちゃ、見なきゃならんでしょ。
神田うのちゃんは予想通りの踊りっぷりだったけど、意外にも高岡早紀さん踊れるんだと思った。
あと、古田さん~~。めちゃくちゃカッコええやん。惚れそうやったわ。

CMに出ててビックリしたぁ。
6月6日に新発売になった「キュプルン」とやらのCMでした。
そんなん、檀姫はもともと美しいじゃないかぁ!
それ飲んだら檀姫みたいになれるの?真っ白のスベスベの内側発光肌になれるっていうの?ねーねぇー
F子さんにも教えてあげなくちゃ~

武士の一分、予告をワクワクしてクリックしたら、、、出てないやん~。
しかも最初の「ドーン、ドーン」ってので「2046」の音楽が脳内に流れてきた自分が情けない…。

本当に体の芯から疲れているようなので、とうとうこんなものに頼ってみることにしました。
これを飲んでる周囲の人、みんな軒並み元気いっぱいになっていく…。動く見本がこんなにいると自分もイケるんじゃないかと。それにコレ沖縄だし(笑)

とにかく、ご飯が食べれるようになりたいんだよぅ。全然食欲ないんだもん。。そりゃ体力も落ちるっちゅうもんや。早く元気になりたい(遠い目)
な私の、今気になっている音楽

Moondance (Van Morrison/ヴァン・モリソン)
Astral Weeks (Van Morrison/ヴァン・モリソン)
Haven (FLOOK/フルック)
THE BOOK OF SECRETS (Loreena McKennitt/ロリーナ・マッケニット)

Van Morrisonはネットラジオで流れてきて気になってしまいました。CD欲しいよ~
FLOOKは2本のフルート、ギター、ボーランで形成されるアイリッシュ・ミュージックバンド。
Loreena McKennittは、バリバリのケルト音楽で不思議な気持ちになります。深くて穏やかな音の中に寓話が織り込まれている感じ。
今回「王力宏工房」で思いがけなく意義深い意見が交わせたことで、内容は全然違いますが、吹奏楽をやってる時を思い出しました。
合奏前にパート内や部員全員でディスカッションするんですけど、その時、それぞれがどういう思いで自分の楽曲に臨んでいるかとか、何を表現したいのかとか、そういうことを真剣に話し合ったことが懐かしく思い出されました。
中学生なので技術的に全然ついていけないし表現力も未熟なんだけど、みんな真剣に語り合ったなぁ。そして色々とチャレンジもした。ケンカもいっぱいしたなぁ。部員同士だったり先生相手だったり。
でもいつもみんな真剣だった。音楽が好きで、楽器が大好きなんだって、それだけはわかりました。
一人では曲にならない、みんなが心を合わせることってすごく大事なんですよね。そのためには自分の思いを相手に伝えないといけないし、相手の主張に耳を傾けなくちゃいけない。でなかったら音楽がバラバラになってしまうから。
相手の言葉を聞けない人は、相手の音を聞くことも出来ない。
アンサンブルは自分の音とは別に周りの音も聞いて自分を客観的に見る目が必要なんです。みんなの音にどう調和するか、その中でどうやって自分を主張するか。そうやって一つの曲を創っていく。指揮者が意図する音楽とは別に、演奏者にもそういう意識が大切なんだってことを学びました。
今はもう音楽から離れた生活をしていますが、この意識は今も私の中に根強く残っていて考え方の基本にあるような気がします。こういうことってチームでやるスポーツも、もっと言うなら毎日生きているこの社会も同じなんじゃないかな。
誰かから教えられて学ぶものじゃない。自分の受けた感覚から自然に蓄積されていく。

昔からエレクトーンをやっていたので音楽に関しては本当に小さい頃から親しんでいましたが、本当の楽しさを知ったのは吹奏楽と出逢ってからです。
隊長はよく「言葉は通じなくても、音楽があれば会話できる」みたいなことを話していますが、本当にその通りだと思う。
楽器が出来る人なら誰でも一度は経験してると思う。言葉は交わさないのに心が通じる瞬間って何ともいえない不思議な一体感があって、感応的なものが充満するんです。そしてそれを知ってしまうと離れられなくなるんだなぁ。
先日のTALK ASIAで「音楽に魅了された」って隊長は言ってましたけど“魅了された”という表現はズバリ言い得て妙。
まして彼はインスピレーションが沸いて自分の中から音楽が生まれてくる人です。離れられるわけがない。実に羨ましい。
苦悩や葛藤もいっぱいあるに違いないのだけど、それでもやっぱり羨ましいと思ってしまいます。

もし何か一つだけ才能を望めるのなら、私は音楽の才能が欲しい、と以前にも書いたことがあるのですが、やっぱり今もそう思います。
自分の思いを表現できる才能、何か欲しかったな。
東雲さんから過去のレスリーインタビュー記事を読ませてもらいました。
いやぁ、、ますますアナタが好きになりました。
ほんにまぁ、なんでこんなに正直な人なんだろう。あんな世界に生きてて不思議だよ。やっぱし彼は宇宙人なんだわ。
内容は、王家衛絡みが半分以上占めてる感じで、あとは今(98年ごろ)の香港映画界を含め国際的な映画界についての見解とか。とにかく映画にかける彼の情熱や希望は半端じゃないし、ものすごいポリシーを持ってる人だってことはヒシヒシ伝わってきました。
しかも言葉がね、まんまなんだろうな。日本語に訳してるんだけど、これが無防備っていうかデコレーションされてない感がアリアリです。だからこそ余計にレスリーの言葉って感じがして、非常に満足感を味わえました。

王家衛とのすれ違い・・・ものづくりの上での衝突っていうのが、レスリーの視点から語られてるのが興味深かったです。互いに芯があるからぶつかるんであって、仕事上、火花が散るのはホンモノ同士だからですよね。
王家衛的には、あの人ラテンなのかな。レスリーに対してまずラブがありますよね。衝突したことはない、レスリーと自分の間にトラブルはない、みたいなことを語ってましたが、それはレスリー的にもそうなんだと思う。
だけどレスリーの方が言葉・態度含めて攻撃的に取られてるかなぁ、と思いました。
あんな発言してたら仕方ないか。真意はそこじゃない、ってわかる人にはわかるだろうけど、そんなこと無視な中華マスコミには恰好の餌食だわね。
根本的に妥協できない点があるにせよ、それは仕事の上であってそれ以外の部分では別の話、っていう感覚なんだと受け止めました。あちらさんはプロですもん。その辺の線引きはしてるでしょ。
だってレスリー自身、王家衛の才能は認めてるし、それはちゃんと明言してる。その上で、自分のやり方と合わないって言ってるんだもの。これはケンカとか仲たがいっていうのとは違うお話だよね。

あと一つ感じたのは、レスリーは既に認められた才能よりも新しく芽吹いてきた才能との仕事を望んでいたんじゃないか・・・ってこと。
自身の長いキャリアから、自分の立場、使命、役割、みたいなものを感じていたように思います。
受賞することよりもノミネートされることの方に意味がある、的な発言にもそれが見え隠れしてました。
ノミネートされるってことは、つまり一年間第一線で活躍していた、その世界に存在感を残したってことの証明で、常に最前線にいる人間としてやるべきこと、一線にいるからこそアピールできること、彼はそういうことを念頭においていたんだと思う。その上での発言や行動があったんだなぁ。

やっぱりすごい人だよ、レスリー・チャン。

何がって、周りの反応がわかってるだろうにやってのけてしまう度胸、すっごく繊細なくせに敢えて攻撃的に生きてる。彼自身は穏やかな優しい人なんだと思うけど、やってることは挑戦的だわよ。信念を持ってても、それを貫き通すって誰でもできることじゃない。ホントに尊敬する。
いやぁ、今日はホントにいい気分だ。
「王力宏工房」BBSにて、とても貴重な意見を聞くことができました。
日ごろ忘れてしまいがちな大切な問題です。
このように問題意識を持って発言される方の存在はとても大切です。
これはその意見を出してくださった方への返信だったのですが、特に個人だけの問題ではなく、自分自身に対しても決して忘れてはいけない大切なことだと思うので記しておきたいと思います。
久しぶりにレスリーが出てきた~(喜)
そこは阪神・甲子園球場。レスリーが歌ってる姿を外野席から見てる私とちゃいちゃい。(なんでちゃいちゃい?ってかなんでレスリーが甲子園球場やねん~~~~)
でレスリーが歌ったのは“偸情”。あぁ、夢の中でもこの曲が聞けただけで私幸せだわぁ。

で、何や会議室みたいなところに移って。
私とちゃいちゃいは今見たばかりのレスリーに大興奮で、二人して一生懸命“偸情”の練習してるんですよ。「広東語、難しいねぇ~」とか言いながら。(だからなんでちゃいちゃいやねん~・笑)
そしたら他の人たちがゾロゾロ入ってきて(みんな色んな場所でレスリーを見ていたらしい)、最近のマイブームなんぞトークが始まりましてん。
ちゃいちゃいが「最近疲れ気味で…」っていう私にすすめてくれたのが、<オロナミンCに風邪薬を混ぜて飲む>ってもの。
(不味そう…私、オロナミンCとか栄養ドリンクみたいなの飲めないんだよ~)
な心情にいち早く気づいてくれたのがジェリーちゃんでした。(さすがお兄ちゃんだ)
「ちゃいちゃいは味覚ないからなぁ。蜂蜜湯は喉にもいいよ」
だって~。ジェリーちゃん、優しいな・・・でも、私は風邪じゃなくて疲れ気味なだけでして(笑)

そんな感じで和気藹々とお話してるところにレスリー登場。
「はろー」って言って入ってきたレスリーの可愛らしいこと!!!
「はろぉ~」ですよ。ふわぁ~んって空気が。。。うぅぅぅ、レスリー(涙)
これまた都合の良い夢で、扉から入ってきたレスリーにだけBGMが流れてるの(笑)
爽やかな“沒有愛”。。私この曲大好きなんだってばぁ。
もうさすがレスリー。私が何も言わなくてもわかっていらっしゃる!あなたこそ私の最大の栄養源だわよ。一気に疲れが取れました(笑)
そしてまたも和気藹々とトーク開始。っていうかレスリーへみんなからの質問攻め。
(ちょっとー!私がレスリーと話す時間がないじゃん。みんなは芸能人だからレスリーに会えるチャンスはこれからだってあるでしょ~)
なんて意地悪なことを思ってしまった私を許したまえ。

最後に私の好きな曲を歌ってくれるっていうんで“沒有愛”をリクエスト。
そしたらギター弾くためだけに隊長登場。(なんて贅沢な…)
ジェリーちゃんたちは指パッチンのみ、、、(すまんね)
そしたら、隊長黙ってられなくなったのか(笑)、コーラスしてました。(超ゼータク!)
あんなゴージャスな“沒有愛”一生忘れないわ。
レスリーは私が究極に疲れると夢に出てきてくれるらしい。疲れるのも悪くない。。。かも。
今日は、二ヶ月ぶりにきぃちゃんと会いましてご飯食べてきました(笑)
実に大阪コンサート以来・・・いつものことだけど遊ぶときは集中して会うくせに、会わないとなると半年とか平気で連絡なしだったりする。こんな感じでもう10年経ちました。
8/3~6の北海道計画とは名ばかりの、ただ食べて喋るだけの打ち合わせでした。結局、神戸いつ行くんだよー。
まだ残っていたSHINBIを買ってきましたので、お散歩がてら練習もしつつ北海道に備えます。。

さて。ここ数日、なかなかパソコンに向かえない(というか正しくは文章を書いていられない)状態でした。そこで更新してきたのは過去に書いた記事なわけです。
でも日々考えることは山のようにあるわけで。そんな中から一つ。
以前このような記事も書きましたが、隊長のサイトに先日受賞した台湾金曲奬(台湾のレコード大賞のようなもの)のスピーチについて本人からの補足・・・というかコメントというか、掲載されていました。
私はこれを読んで感動しましたね。
「ああ、この人はやっぱり私の思ったとおり、努力の人なんだなぁ」って。
原文で読んでいても隊長の思いが伝わってきます。本心から出る言葉だからシンプルな言葉に力が込もってるんだって思います。
そして私が感じていたことが彼自身の言葉で語られ、何ていうか…もうね感動で胸がいっぱいでした。ちゃんと私の中に隊長の思いが伝わってたってことを確信できたっていうか。

誰でも自分のコンプレックスと向き合ってて、そこをどう立ち向かうかっていう姿勢がね、大事なんですよね。わかっちゃいるけど、簡単にいかないの。いつも葛藤して七転八倒して頭打って…そうやってでも自分に「もっと、もっと」って。
すごくしんどい事けど、それしか自分に恥ずかしくない自分になれない。誰かに対してではなくて、自分に対して逃げ道を作るような生き方はしたくない。自分だけは自分を裏切らないし、とことん誠実になれると思うから。
隊長が自分のことについて、あんなふうに正直に語ってくれて私はすごく勇気付けられました。
負けてられないわ。
人生のライバルとして尊敬する同世代のリーダーとして、いつも元気付けてくれる隊長に、私は何も返せないけど、こうやって思ってるファンがいるんだよ~って伝えられたら嬉しいって思う。
苦手だけど英語の手紙、書き続けます。
私の出来る楽器といえば、エレクトーン少々とピッコロ(多少フルートも)。。。
一人暮らしを始めてからは楽器を触ることもめっきりなくなってしまいまして、全然指も動きません。音は出るけど、楽譜をやるには集中して練習しないと…というレベルまで下がってしまった。
上海で買ってきた中国笛を少し吹いてみたものの、キーがないので指がつりまくり(笑)
しかも運指が全然わかりません。耳で探りながら出せる音は五音のみ。この先どうなるんだろう…
やっぱり教則本欲しいなぁ。
日本語で書かれた中国笛の教則本なんて存在してるのか、そもそもそこが問題なんですよね。
中国語で書かれてるものは見つけましたが、曲が・・・・せめて民謡とかにしてくれ。なんで練習で軍歌…。まず基本を学びたいので、曲よりも運指なの。曲は自分で何とかできるから。。
次に上海に行く機会があれば、ちゃんとした教則本を探したいと思います。

PCを触る時間が減った分、何が増えたか。
せっせと音楽聴いてます。PC触ってる時も聴いてたけど、聴き方が違います。今は「聴く」ってことに集中できる。だから色んなことが見えてきて、今更なから「音楽はすごい」ってことを実感しています。

以前はすごくメモ魔で、とにかく何か感じたり思いついたことはひたすらメモしてたのですが、最近はPCに向かって浮かんできたことをインプットするって感じでした。
でも今はまた書くことに面白さを感じています。字を見ると、そのとき私が何を思っていたのかがわかるんです。

98年ごろの手帳を見てみると、ビッシリと舞台の感想が書かれています。
当時は週に一本のペースで舞台を見てました。今のお給料の半分くらいだったのに、よく生きてたなぁ。。
宝塚が一番多かったけど割とストレートプレイも見てて、とにかく舞台を見まくっていた経験が今に生きているような気がします。
色んな感覚を使って瞬時によりより多くの情報を得るっていうか…。
舞台を見る回数が減り、映画をみる機会が増えました。
そして今まで舞台では感じなかった映像のことに興味が出ました。

専門学校で、確かシナリオか何かの授業だったのですが、色々な作品を見ました。
黒沢監督はいくつか見たことがあったけど、小津監督の作品はこの授業で見て好きになりました。あと新藤監督の「裸の島」はセリフ無しなのに訴えかける力がすごくて、鮮烈な印象がありました。
たぶんカメラワークや白黒映画での照明の効果などについての講義もあったんだけど、そこのところがサッパリ覚えてないんですよね…。
作品について、物語を音楽やセリフを絡めて読み込んでいくのは好きなんだけど、カメラワークや美術なんていう部分に興味を持ったのはつい最近なので、本当に勿体ないことしました。
あの時の講義が身についていたらもっと違う角度からも作品を楽しめるのに…。

そして最近は。
音楽の表現方法に興味が出てきました。面白すぎる。
音響科出身のくせに、音響技術がまったく身についていないのが今更ながら悔やまれます。
何であの時は興味なかったんだろう。当時の私に問いただしたい。何で?
今はすっごく知りたいことがいっぱいあるのに、、、レコーディングの先生が王子先生(字が違うかもしれないけど、おうじという名前)だったことだけ覚えてるけど、授業内容はほとんど覚えてない。。。制限時間内に八の字巻きが出来なくて補習してもらった(笑)
PAはたぶん3ウェイくらいまでしか出来ないし、ミキサー卓の使い方も何となくしか覚えてないし、ミックスダウンはわりとよく褒められてたけど、、、綺麗サッパリ忘れてます。コンピュータ・ミュージックくらいじゃないかな。今でもマシに出来ることっていったら…
嗚呼、勿体ない~~~~
隊長本当によかったね。
受賞ニュースがいっぱいで全くついていけてませんが(ついていく気もなくなる)、
なにやら隊長発言が物議を醸し出しているとか。
だいたいさ、中国語が母国語ではない人が言ったことに対していちいち細かいねん。 隊長の日々の態度や考え方を見てたらわかるでしょーが。
それに「外国」と表現したこと自体、彼が「自分は中華民族だ」という意識を持ってる証拠でしょ? そんな人がなんで自分のルーツを侮辱するのさ。
彼の音を聴けば言葉はなくてもそれは感じるものだけどね。
彼の視野が中華圏から世界に向いてるってこと。そのチャレンジを続けてるってこと。
目先のことばかりつつくのが好きな人ってどこにでもいるものだけど、その方々こそ、まったくこんなバカバカしいことで隊長や隊長の音楽を侮辱するのはやめてくれ。

表現者に感性が必要なのは当然として、受け側に本質を見る目や感受性といった部分も必要で、その文化や土壌がどのくらい成熟しているかっていう判断基準になるよなぁ・・・と思った出来事でした。
そういった相乗効果で芸術や文化っていうものは洗練されていくと思うんですよね。

とまぁ、私の毒吐きはここまでにして。

モバイルになったとたん更新ペースがた落ちしてます。。書きたいことは山のようにあるのに、画面が小さいだけでこんなにやる気が失せてしまうとは…。
視力がよい事だけが自慢だったのに最近とても疲れ目です(笑)このまま視力が落ちていくんじゃないかとやや不安。
雑誌などでも隊長のインタビューなどが読めるようですが、ほとんどは未チェック。字を読むのがツライなんて悲しい事実を突きつけられショックを隠せません(笑)
MTVで蔡依林(ジョリン・ツァイ)のパフォーマンスを見てしまった…
祐飛さんに見えた。(祐飛さんよりもダンスは格段にうまいが…)
祐飛さんが女の子だったらこんな感じだよ~(いや女の子なんだけれども)
何でこんなに「ジョリンいいなぁって思うんだろう」って思ってたけど、もしかしてこれだったのか?
今まではCDしか聞いてなくて、そんなに意識もしていなかったのだけど、妙に気になる女子だったのです。
ジョリンのMV見てるときは何も思わなかったのにステージの表情にはかなりキタ。
何が似てるってね。。。祐飛さんが女役したときの、あのなんとも言えんキュートビームな目。フローレンスさ~~~ん。
・・・もしかしてあの白い衣装が原因?ウサミミ付けて出てきそうな…いや違う。キメ目線の雰囲気だ。ジョリンの方がやっぱり女の子なんだけど笑顔が消えたときの目が似てるのね。
初ディナーショーの時の祐飛さん、嬉しくてずーっとニコニコしてたんだけど、その時の表情にも似てるなぁ。
やっぱり私って祐飛さん、好きやねんね。今でもやっぱり映像見るたびに「ほ~ぅ」ってなるもんなぁ。
MTVは初っ端が隊長、ラストにヴァネちゃんのパフォーマンスがあったのだけど、私はジョリンに尽きる。やっぱり基本的にガールが好きなんだよ。
でも動きばっかり見てしまって歌をほとんど聴いてなかった…。
ダンスが彼女の持ち味なんだとは思うけど、私としては「天空」や「獨イ占神話」のような大らかな楽曲が好みです。
昨日、今日と隊長が続出で(笑)ついてくのに必死です。
ひとまず昨日は、金曲奬ですか。おめでとうございます!
受賞の瞬間、隊長ファンのみんなとチャット中でした。
私はメインPCがあんな状況ですので見られなかったんですけど、みんなが実況してくれたおかげで、いい瞬間を共有できました。
本当に嬉しくて泣けてきたよ…。
賞を獲ることがすべてではないけど、何ていうか、賞っていうのは色んな意味を持ってますから受賞できるチャンスがあるだけでなく、実際に受賞するってことはどれだけ価値のあることか。

今日は張早起きしてCNN「Talk Asia」の英語放送を録画してたんですけど…これがね。あと2分っていうところでやっぱり落ちてしまったメインマシン。
昨日の吹き替えはバッチリ撮れていただけに撃沈です。最後の「thank you」が…(涙)
英語放送が本狙いだったのよぅ~。ばかばかっ!
CMカットできひんからパソコンで録画してたのにぃぃぃぃ。こんなんやったら最初からDVDデッキ使っとけばよかった。だからコピーワンスはキライやねん…
今日の夜と明日の朝に再チャレンジだな。

今日のMTVは最初からDVDにしとこ。
メインパソコンがダウンしているため、色々とネット環境に制約が出てしまいました。必死に作業中ですが、たぶん数ヶ月はサブから動かすことになりそうです。

これに関連して、5月下旬頃からいただいたメール関係に不着・遅延が出ている模様です。
もし私宛にメールを下さった方で、お返事が届きません~な方々、お手数ですがもう一度ご連絡ください。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。
CD・DVDの整理をしまして、ダブっているものなどが出てきましたのでご希望の方に差し上げます。中古になりますが綺麗な状態です。(締め切りました)

 『將愛』

 激しくすさまじい 我々の愛はまるで戦争の一幕のように
 血は流さずとも すでに多くの犠牲を払っているのだ
 愛のためにこの身を捧げ心を葬った 生涯の名誉さえも捨てて

 廃墟の上を 残飯を求めて旋回する鷹
 彷徨う亡霊の背後をじっと見つめる 夜空に潜む精霊
 突然鳴り響いく鐘の音に 漆黒の静寂は劈かれる
 この壮烈なさまを賛美し その上、尊きものをあざ笑っているのか
 
 愛を貫くことは 偉大であり残酷な生き方を流布する
 愛を貫くことは 血なまぐさいものであることも間違いない

 しかし愛を貫くからこそ 
 やさしさもまた寂しい人生に在らしめる
 (USA)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。