オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今さら書くまでもないけど、最近宝塚の話題は皆無だったので。
私は基本的に好きな男役さんは1人。それ以外は、ほぼ娘役さんの方が好き。
という人間です。
で、今でもやっぱり娘役さんの方が好きなんですけど、最近の方々は正直全然ついていけてません。たぶん、あすかちゃんくらいまでなら…。いや、それもヤバイかも?

歴代の娘役で一番好きなのは、森奈みはるさんと麻乃佳世さん。
お二人は本当に可愛らしくて努力家で、美しいのに面白い!大好きです。
(あ、白城あやかさんも好きなんですけど、私の中では娘役さんというよりも女役さんに近い位置づけなんです)
で、これ以降に好きだった娘役さんでは、檀れいさん、美椰エリカさん、千ほさち(現:森ほさち)さん、花瀬みずかさん、西條三恵ちゃん、沢樹くるみちゃん、眞宮由妃ちゃんです。
みんなやめちゃってから、次第に宝塚を見る気力がなくなってしまいました。
やっぱり、やっぱり私は

娘役がいないとダメなんだーーーー!

かなめさんが退団しても宝塚を見続けてきたのは、みはるさんやよしこさんがいたからだもん。祐飛さんがいるのに宝塚を見ない理由は、どう考えても娘役がいないからなんだわ。
現役の皆さんとてもステキな方たちばかりだと思うのだけど、何だか私の心にフィットする出逢いがないのです。やっぱり私が年を取ったからなのかも…。(娘役さんが憧れの対象になる時代はとうに過ぎてしまった・笑)

スポンサーサイト

やっと、本腰を入れてMIDIページ復活に向けて動き始めました。
何がめんどくさいって、レイアウト考えてストリーム形式のタグ埋めてJASRACへの申請リスト作って…この繰り返し作業が激しく嫌い(笑) だけどちゃんとやっとかないとねぇ、後で困るのは自分だし(遠い目)。
でも申請リストはもう出来てるの(前の使いまわしにプラスしただけ・笑)。あとは自分の作業スピードとセンスの問題なの。(一番ツライところ)

今でもMIDIで飛んでこられる方がとても多いので、申し訳ないなぁという気持ちもあり、春になりましたし、隊長に元気ももらいましたし、ここは一発頑張って復活させようじゃないかと。
約2年ぶり?あれ?いつからだったっけなぁ?パソコンを買い換えてから止めたので結構前の話です。
それと、ゴチャゴチャになってきたコンテンツも今さらながら捨てたり足したり。
ページが多すぎて自分でも把握できてないものがわんさか。やっぱりシンプルが一番なんだって思うんだけど…。
4年ぶりにトップページ変えてみたい気もするし(気付けば4年も同じだった・笑)、タカラヅカ関係のリンク切れを調べつつ(これがヒジョーに多い・汗)、代わりに中華系のリンクも足したいし。
もう2つほど平行でやっている作業もあり、このGWはこれらとサイト関係の作業で終わってしまう気がする。。。
今日はレスリーと王菲と隊長のページで力尽きました。それでもまだ中途半端だけども、、、
ということで、5月いっぱいはサイトがグチャグチャしてたり、あるものがなかったり、そんな日々かと。

今からチマチマと工作作業入ります~。(これは楽しいからルンルン♪)
気分が乗れば、夜にまた何か更新できるかもしれません。
fuimeiさんのお陰で、やっと“花田錯”のわからなかった部分がわかりました。

実は、会社で台湾駐在の人が日本に帰ってくることになり、(彼的に)ウケ狙いでもらったお土産が、隊長の“花田錯”(Remix)と“Kiss Goodbye”(インストゥルメンタル)が入ったCD(とMV収録のVCD)だったんですね。
その人は私が隊長のファンだって知らなかったんですけど、たまたま携帯を機種変更したときに貰ったらしくて…。そしたら予想に反して私が大喜びしたので呆気に取られていました。(そりゃそーだろね)
これすっごい面白いんです。こんなのがオマケでもらえるなんてシャレてるわぁ、台湾。

Remixの“花田錯”は、遊びがいっぱい入っていてイメージで言うと“蓋世英雄”や“讓開”のようなやんちゃな感じ。とても「蓋世英雄」の世界でして、これがボーナスで入ってても面白かったのになぁ…なんて思ったりしてます。
で、このRemixはメインボーカルやコーラスなど、基本的にオリジナルと同じものをサンプリングで使ってるものの、バックの音やリズムをミックスの加減で冒険していて、私が気になって仕方がなかった「Listen my 耳邊」が入ってないんですよ。それで「あれ?」と思って。
で、2曲をずーーーっと聴き比べて気が付いたんです。もしかしてこれって、バックの音と関係があるんじゃないかしら…って。
オリジナルには二胡の音が印象的に使われていますが、Remixはリズムが全面に出て二胡は入っていません。それで二胡の二が(er)と発音することを思い出して、胡が(fu)…ってことは耳邊(er bian)ではなく二胡(er fu)じゃないのか???って。
早速fuimeiさんが確認してくださって判明しました。「Listen my 二胡(er fu)」が正解だったんですねぇ。いやぁ、、、長かった。

インストゥルメンタルの“Kiss Goodbye”はヴァイオリンの演奏なんですけど、これは隊長が弾いてるのかなぁ…。
ピアノ部分等はオリジナルと同じで、ヴォーカル部分がヴァイオリンなのですが、これが切なくて綺麗な音。私ヴァイオリンの泣きが大好きなのでウットリしてしまいます。

隊長の音楽ってホントに面白いよなぁ。
“放開イ尓的心”をジャズしたり、いっぱい遊んでる。そういう遊びが出来る隊長がスゴイんだけど…。ってか、そんな番組を見られる台湾が羨ましいわぁ。
日本ってそういう高尚な遊びが出来る人、少ないのよね。いても出す機会がないっていうか…。(昔NHKにはそういう番組がありましたが)
で、今回のコンサートでは“Follow Me”が最大のヒットでした。もうビックリした。アンタ何者やーーー!って。
あれは…予想だにしなかったアレンジでしたよ。原曲もかなりCOOLなカッコいい曲でしたが、コンサートバージョン最高。是非音源として残していただきたい。ホントに1回しか聞けなかったのが残念で。もう1回聴きたいんだよ~~~!

ソニーでナイスなプログラム(オトフレーム)があったので、これからじゃんじゃん活用して隊長の音楽を喋っていくわよ~。(人に頼るばっかりじゃなくて個人レベルで盛り上げていく努力も必要だ)

今トキメキな“Follow Me”(「心中的日月」より、王力宏/ワン・リーホン)
「蓋世英雄」は現在これだけの種類があります。

蓋世英雄(限量預購版/台湾盤)
1stプレスCD(トールケース、ジャケ写;カーキジャケット)、
花田錯MV・メイキング収録のVCD、花田錯メイキング写真集

蓋世英雄(精装版/台湾盤)
1stプレスCD(トールケース、ジャケ写;カーキジャケット)

蓋世英雄(大陸盤)
(ジュエルケース/ジャケ写;黒いジャケット)
ライナーノーツが簡体字、“完美的互動”のタイトルが“[口黒]吼”になっている。

蓋世英雄(独唱會紀念版/台湾盤) 
1stプレスCD、これまでのコンサート写真集、台北コンサートのチケット

蓋世英雄(韓国盤)
おそらく…1stプレス(通常盤)と同じ内容だと思われる。ライナーノーツがハングルってことくらいが違いではないかと…

蓋世英雄(勝利慶功版/台湾盤) 
2ndプレスCD(トールケース・ジャケ写;赤いカットソー)、
MV収録のDVD(我就喜歡はCDには収録されていない)。
初回プレスが発売されたときに指摘された歌詞の間違いは、このプレス分より修正されている。
DVD収録楽曲:花田錯、Kiss Goodbye、完美的互動、大城小愛、蓋世英雄、在梅邊、第一個清晨、我就喜歡

Heros Of Earth(初回限定プレス版/日本盤)
CD(2枚組みジュエルケース/ジャケ写;台湾盤1stプレスと同じ)
“完美的互動”は未収録。“愛にゆこう”がボーナストラックとして収録されている。
花田錯、KissGoodbyeのMVが収録されたDVD、写真集(1stプレスの写真集のミニ版)。
ライナーノーツは日本語訳も付属。

Heros Of Earth(通常プレス版/日本盤) 
CD(ジュエルケース/ジャケ写;台湾盤1stプレスと同じ)
“完美的互動”は未収録。“愛にゆこう”がボーナストラックとして収録されている。
ライナーノーツは日本語訳も付属。

Heros Of Earth(DVD/日本盤)
DVD(トールケース/ジャケ写;赤いカットソー)
内容は台湾盤と同じだが“完美的互動”が未収録。“愛にゆこう”はMVではなく写真集のメイキング映像として収録されている。
DVD収録楽曲:花田錯、Kiss Goodbye、大城小愛、蓋世英雄、在梅邊、第一個清晨、我就喜歡、愛にゆこう

日本盤以外は収録曲に変化はありません。すべて同じです。
映像まで込みで…となると≪勝利慶功版+日本盤通常プレス+日本盤DVD≫でカンペキになりますが、個人的には「勝利慶功版+日本盤通常プレスで十分じゃないかな」という気がします。写真集のメイキングはファンサービスみたいな感じですし、メイキングという意味からいくと≪花田錯メイキング≫の方が内容が濃いです。

【ちょっと聴き比べなんていかがでしょ?】
clickでソニーサイトの視聴ができます。(花田錯はMVが見られます)
“花田錯”で、ずっと気になってしかたがなかった隊長のセリフ。
私はずっと「Listen my 耳邊」って聞こえてて、何て言ってるのか気になって仕方がなかったのですが、今日ふと思いつきました。(思いつきかよ)

これってもしかして「Listen my Erhu」って言ってる?
Erhu、、、つまり二胡!!
後ろに流れている優美な旋律、あれは隊長が弾いている二胡ではないのか?
中国語のわかる方、どうか教えて~~~!

んでその続きは…and check it out ???
隊長、正解を教えてください。気になって眠れん。。。
ここ数日、忙しさも半端でない職場なのですが、私は隊長にいっぱい元気を貰いましたので、多少嫌なことがあってもニコニコなのです。
しかし、さすがに今日は疲れた~~~ヘトヘト。
帰りの電車で揺られながらふと前を見ると、おじさんがジャズのレコードの入った袋を持っているのが目に入る。

うわぁ、レコードだぁ。何の曲だろう?

よーく見てみると、それはジャズではなくヨーロッパのポップスのようでした。
パソコンの使いすぎでぼやぼやした目をよーく凝らしてみてみると

マルティーヌ・クレマンソー

えーーーーっ!
そ、それはどこで手に入れたんですか?
っていうか、クレマンソーの何の曲?(ジャケットは黄色っぽいような色だった)
おじさん、ちょっとそれ見せて~~~(できれば聞かせて~~~)

と思っているうちに、そのおじさんは千里丘で降りてしまいました…。

おじさん…
わたしのクレマンソー…(おい)

50代くらいの方だったかな。趣味合いますね。是非今度お茶でも…(クレマンソー狙い)
ちょっと記憶の再構築中。。。

曲順って本当にリスト通りの順番だった?(誰に聞いてるのか…)
何か、私がその時思ったことと順番が合ってない気がするんだけど。(そっちの勘違いだろう)

だって、、、
いや正直、

普段のお洋服がたとえ≪らくだ色≫でも、舞台がステキなら。。
コンサート初めて行きました。どんなお衣装なのかなぁ…と楽しみに。
「お衣装に関しちゃ、ちょっと黙っちゃいないわよ」なワタクシ。でもこれはコンサートですしねぇ。
曲と衣装が微妙に違います。たぶん。いや絶対。真ん中がかなり。でも一応書いておいて、思い出したら修正します。

細かい色んな思い出は、なんだか自分の胸にだけ閉まっておきたいような気もしてきた…。何だか、何だか、言っちゃうと泣きそうで(笑)

今回のコンサートでは“在那遙遠的地方”“Follow Me”“W-H-Y”などなど、隊長と掛け合いできて楽しかったんだけど、そうなるともっと掛け合ってみたい気持ちが出るのは当然じゃない?

2000年 ♪ななななななな~ これって掛け合いちゃうか。
此刻 你心裡想起誰 しつこいですか。だって好きなんだもん。♪げいにぃ~~だけ一緒に言いたい。
イ尓和我 やっぱし…一番好きだし。♪にぃはうぉ~…だからこれは掛け合いではない。
What Was I Thinking? これはね、咳き込みからして大好きで。練習しました。
Not Your Average Thug これCOOLなのよねぇ。めちゃくちゃ好き。どこ掛け合うつもりなん?>自分 もちろん“No!”だわよ。
星座 これ、やりたかったなぁ。手拍子と「ホゥッ」っていう掛け声。あと笛吹きとしては、やっぱ笛が好きなの。
過來 これも~。音がめちゃくちゃカッコいいし。
完美的互動 しゃーないねんけど。でもやっぱり♪さらんへ~ ジョンヒ嬢のところ歌えるようになってん。(だから?)
讓開 じゃんかい!じゃんかい!
セットリストも出ましたということで、各楽曲の収録されているアルバムをご紹介。

Overture
蓋世英雄 (蓋世英雄)
放開イ尓的心 (心中的日月)
愛イ尓等於愛自己 (公轉自轉)
公轉自轉 (公轉自轉)
愛的就是イ尓 (唯一)
Kiss Goodbye (蓋世英雄)
YA Birthday (不可思議)
我就喜歓 (不可思議)
女朋友 (不可思議)
情敵貝多芬 (情敵貝多芬)
不要害怕 (永遠的第一天)
大城小愛 (蓋世英雄)
Follow Me (心中的日月)
W-H-Y (王力宏的音楽新化論95~02)
Dream Again (HEAR MY VOICE)…オリジナルの英語版は「白紙」
流涙手心 (不可能錯過イ尓)
Love Love Love (不可思議)
イ尓不在 (不可思議)
Forever Love (心中的日月)…日本語版“愛にゆこう”は日本盤「蓋世英雄」
Thrme Of New Cinema Paradise …東京公演のみの演奏。エンニオ・モリコーネ「ニュー・シネマ・パラダイス」サントラ
Julia (不可能錯過イ尓)
在梅邊 (蓋世英雄)
花田錯 (蓋世英雄)
心中的日月 (心中的日月)
在那遙遠地方 (心中的日月)
龍的傳人 (永遠的第一天)
【アンコール】
不可能錯過イ尓 (不可能錯過イ尓)
唯一 (唯一) …日本語は「THE ONLY ONE」

ごちゃごちゃしてしまいました…。オリジナルアルバムごとにまとめてみますと、
19日。コンサート会場前でXiangさんたちとお会いしました。
あるお話をしていて「よっしゃ、それで行こう」という決定をした瞬間、
風が吹きました。そして桜の花びらがチラチラと舞い降りてきた。
私はその瞬間、レスリーがいたんだなって思った。
手袋に込めた私の気持ちが通じたのかと思って、思わず泣きそうになりました。

リーホンがchinked-outに込めた思いと、レスリーがこだわったアジアからの文化発信。
この二つの精神は形は違っていても、同じものだと思う。
東雲さんから教えてもらったご当地踏み絵
お腹がよじれるほど笑いました。ローカルすぎる(笑)
数が多いので、その中で妹とかなりビックリしてしまった質問を挙げてみました。

蓋世英雄

(来日コンサートまでこの記事がトップとなります。最新記事はこの1つ下から)

王力宏(ワン・リーホン)コンサートツアー(名古屋・大阪・東京)詳細→PROMAX
新譜情報
王力宏(Wang Leehom)来日記念特集!(for Leslie Lovers内)



***
蓋世英雄(USA STREET内 王力宏頁)更新記録■
コンサートまでいよいよあと少し!精力的に隊長ページに取り組みまっす!の決意も込めて、ちょっとの間だけお楽しみなプレゼント。それが何かは気付いた人だけの胸にそっとしまっておいてくださいね。

◇ABOUT→5行でRecommends
隊長と歌うべし
(ピンイン)→愛[イ尓]等於愛自己/愛 因為在心中/不可能錯過[イ尓]/情敵貝多芬/放開[イ尓]的心/[イ尓]不在/公轉自轉/花田錯/完美的互動/第一個清晨/愛錯/愛的就是[イ尓]/大城小愛/龍的傳人/Julia/心中的日月/愛無所不在(台湾)/此刻、[イ尓]心裡想起誰/唯一/Kiss Goodbye/一首簡單的歌/[イ尓]和我/FOREVER LOVE
(カナ)→唯一/Forever Love/愛[イ尓]等於愛自己/愛的就是[イ尓]/龍的傳人/公轉自轉/一首簡單的歌
◇UNBELIEVABLE RADIO→Leehom's time
◇アンケートに答えて→第一弾/第二弾
***
「王力宏蓋世英雄演唱會in大阪」
すごく濃い内容でした。歌もダンスも楽器も、あなたどこまでやる気ですか?
このステージの演出って誰が考えたの?隊長?
曲展開が上手すぎる。新旧混ぜて、その上アレンジもカッコよくて、余すことなくって感じ。
会場的なものやバンドを舞台に上げてるだけに、これ以上のショーアップはムリでしょう。王力宏の音楽の魅力を全面に押し出してる印象でした。
ショー的には、幕開きの旗振りがやっぱりインパクトもあるし客の気持ちを一気に集中させる効果があったと思います。ダンスもヒップホップが中心だったので技術的なことはサッパリわかりませんが「ダンスが苦手な人ほど顔で踊りなさい!」というゆら姐(夏河ゆらさん/宝塚)の偉大な言葉を思い出す。
隊長、満面の笑みで怪しい部分をカバー。それでいいんです!それが大事なんです!
いや、決してヘタだと言っているわけではありません。隊長の体の動きを見てる限りはリズム感は当然抜群だし、ただ踊りなれてないのね…って感じでした。
でも一番の見所は、やはり隊長の楽器ですよ。それをどうやって見せるんだろうと思ってたら…ドラムの辺りはショーアップされててオリジナリティもあって面白い演出だと思いました。
楽器といるときの隊長って、まるで水を得た魚のようで生き生きしていて、私が一番見たかった姿なので感激でした。
ああやって音楽と向き合ってるんだなぁ。

私が歌える曲ばかりだったので、たぶんラインナップは合っていると思うのですが、曲順はかなり怪しいところがあります。なので各曲の感想を箇条書きで…


昨夜の王力宏蓋世英雄演唱會in大阪、本当に素晴らしかった。
私の貧相な言葉では語りつくせないほどの感動。客席とステージが一つになる瞬間の大きなエネルギーは、きっと全員の心に深く残っているに違いありません。
さて、コンサート内容についての詳しいことは別記事に書くこととして。

今回、私たちヒロインズ(白手袋応援団)は、激しく活動の一環として全員このような手袋でコンサートに臨みました。
“己の拳一つで盛り上がろう”これが2月からのスローガン。
4月19日という1日のために、色んなアイデアや挑戦を重ねてきました。
本番で感謝の気持ちをリアクションで隊長に返せるように、ただそれだけの気持ちで。

隊長の音楽と出会ったのは、まぎれもなくレスリーが結んでくれた縁でした。そして集いあった4名のヒロインズ。(隊長がヒーローなので私たちはヒロインということで・笑)
4月、隊長と私たちが一つの場所に集う。見えない糸で結ばれた私たち(またも勝手に)、いつでも心は一つだ!との思いを蝶々結びのリボンに込めました。
隊長が歌にあわせて、全曲歌い切りました。そのくらいみんなが知っている曲を中心に構成されていて、かつアレンジが素晴らしい!本当に見事でした。(ここは別記事で触れるので割愛)

昨日は、京都みなみ会館で上映されたレスリーと一夜を過ごそう会もとい、王家衛ナイトに行って来ました。
観客は、たぶん50人前後だったでしょうか。男性の姿が多く、レスリーのファンというより王家衛の映画が好きな人が多かったのかもしれません。
プログラムは「花様年華」「2046」「楽園の瑕」「ブエノスアイレス」の4本。
「楽園の瑕」をスクリーンで見られるとなると行かないわけにはいきません。しかし夜中3時からの上映、大丈夫か私???という心配はよそに、目は冴え冴え、脳内も張クリーン状態でしっかり見てきました。
やっぱり「楽園の瑕」好きだわぁ。王家衛でかなり上位で好きな作品です。(ぶっちゃけブエノスアイレスより好き)
むしろ危険信号チカチカだったのは「2046」。さっき数えたら映画館で見るの7回目でした。過去の作品と比べるとテンポが悪いんだわ…。連続して見て気付きました。
過去の作品は印象的なセリフの応酬なんですよね。もちろん役者の表情だけで語るシーンもたくさんありますし。

コンサートに向けて色々な方の協力も得ましてピンイン作業などやってきたわけですが(協力いただきました皆様、ありがとうございました)、一言。
これはコンサートのためだけにやってるわけじゃないんです。
第一に自分が歌を覚えたいということ、第二に友達と一緒に歌いたいということ、第三にピンインを覚えたいということ。これが当初の目的でした。つまり内々で楽しむため。
それが、たまたま来日コンサートが決まり、「みんなで歌えたらきっと隊長は喜んでくれるだろう」という思いと、LLさんが作ってくださった隊長ページにリンクしてくださるという機会が重なり、今回のような形となったわけです。
おかげさまで利用してくださる方がいらっしゃることは、本当に嬉しいことだと思います。
こうやって王力宏のコンサートがみんなの歌で満たされたら、数時間がその場にいる全員で共有できる空間になったら、それが一番素晴らしいことだと思うから。

同様に私が書いていることも、すべて誰かのためではなく自分のため。
結果的に誰かのお役に立てたとしたなら、それは嬉しいことです。
でも、基本は私の思いを私自身が忘れたくないために書き記しているものであります。
しつこいですが個人的な趣味の一部としてやっていること。だから基本的に第三者の意見を聞いて何かするというつもりはまったくありません。私がやりたいと思えばやるし、やりたくないと思えばやらない。その姿勢は変えるつもりはありません。
そもそも私は人に合わせるのが嫌いです。自分の気持ちを曲げてまで相手の思いに合わせる、そういう考えは持ってないです。(趣味においてという意味で)ここは私のテリトリーですから、私が法律なのよ…ってことです。

なぜこんなことを急に書くのかと言いますと、少し前からちょっとお門違いな要望が続いたからで。。。
本心を言えばこんなこと言いたくない、というか普通は常識だと思うのですけど、ご理解いただけないのならハッキリとさせておくしか仕方がありません。管理人としての責任もありますし、一言(じゃないか)書かせていただきました。
下の文章、すごい支離滅裂…。言いたいことはとにかく書いちまえ!の気持ちがぶつ切りになってる。
「楽園の瑕」が複雑でストーリーがわからん・・・という意見がとても多いので、ちゃんとわかるように説明したいと思うんだけど、どうも客観的に書けないの。どんどん熱くなってしまう(笑)
これが出来ないと「大英雄」との関係も書けないし、まして「射雕英雄伝」はじめ金庸作品との関わりも書けない。わかっちゃいるが大変な作業です。

ストーリーが複雑だって思う日本人が多いのは当然で、金庸知らないもんね。。。それでもこの映画が好きだという人が多いのも日本人だと思うんですよ。
本国では「中国人のあるところ金庸あり」とまで言われているにも関わらず、この作品は上映途中で席を立つ人が多かったと。なんでやの~~~~~!
私にはまったくわからんわ。こんなに素晴らしい想像力の結晶が、
なんでわからんのよーーーーー!
私なんかよりももっと金庸作品に親しんでる人がわんさかなのに?これを楽しめない理由って何??そこんとこお聞きしたい。
「目が悪いのか」
「30になったら見えなくなる」
「今いくつだ」
「今年30だ」
いよいよ隊長との逢瀬の日がーーーー!
って全然人目を忍んでないけどさぁ、そんな気持ちで会いたいってことよ。

“不可能錯過[イ尓]”

この気持ちで隊長にお会いしたいと思います。
ノリノリで可愛い!歌詞も可愛い!隊長も可愛い!だから隊員たちも可愛い!

ということでサイトのBGM更新しました。毎度毎度、中華続きで不好意思!(すまんね!)
またも東雲さんからバトンをいただきましたので。いってみましょう。

* 回してくれた人の印象
そぉですねぇ。。。東雲さんの印象。
瞬間湯沸かし器みたい。何か持ちかけると「ぼっ」って音がしてシュンシュン熱いお湯が出る感じ。(変な例えですみません…)時々それがコントロールできなくなる気もする。。。
そういうところが私と似たところも感じつつ、東雲さんらしいなぁと思うのは人の意見をまず聞こうとするところかな。自分が合わせようとする姿勢が見えますね。
私は、自分の意見も相手の意見もなるべく折らずにやれないものかと考えるんだけど、そこが違うなぁと思う。
あとは、まだ実際にお会いしたことはないけど結構人見知りちゃうかなぁ。(どうかしら?)

来週の今日の今頃は、隊長とお祭り騒ぎの真っ最中。
どうしよ~~~。もう、おかしいぞ自分(笑)
色々とやることに追われつつも、しっかり隊長の音楽を広める活動もやっておりますのよ。
何しろ隊長の名前は王力宏。キングパワーを広げ続ける、、、、すごい名前や。

【宏】という文字は【広】という文字と同系の文字で、広いという意味のほかに、スケールが大きいとか深くて幅があるというような意味があります。
さらに文字の成り立ちを見てみると、の部分が肘を広く張り出した様子を、の部分はその肘の部分に手の形を加えた字で、肱(ひじ)の原字となっています。それにを加え、家の外枠をひろく広げるという意味を示しています。
つまり、現在の自分のテリトリーを外へ外へとどんどん広げていくというような意味と言ったらわかりやすいでしょうか?
名は体を現すと言いますが、ホントにそんな名前ですね。
隊長の音楽もやっぱり名前の通りの音だなぁと思ってしまいました。
先の記事で散々書きつつ。。。やはりここは譲れない。意味がわかる日本語となると、どうしても書かずにはいられない。

“Forever Love”は、どんなに思っても叶わないかもしれない。自然に湧き出る自分の愛情は止められないし、だけど愛する人が幸せなら、それこそが自分の幸せなんだよ…っていう内容で、いかにも隊長らしいなぁというフェミニストぶり。

まず、すごく長文です。王力宏(ワン・リーホン)の音楽について、日々悶々と考え続けてきたことを吐き出してます。(腱鞘炎も治ったし・笑)
もしこれを読んでやろうじゃないかという奇特な方、文章が乱れておりますが何とか読んでやってくださいm(_ _)m

右手の痛みもなくなり、意気揚々と花田錯…いやお花見に行ってきました。
春の明日香村は花もいっぱいだけど、人もいっぱい。
レンタサイクルで自転車を借り、一気に甘橿丘(あまかしのおか)までGOGO!
綺麗な桜の下でお昼ご飯をモグモグ、お団子パクパク、流れるは隊長の“花田錯”。(これやりたかったんだよ~)
他の人に迷惑かけないように、小さく隊長に歌っていただきながらお花見しながらまったり。
やっぱり田舎っていいわ。田舎育ちなので、田んぼとか山とかホントに落ち着く。

今日の目的は桜だけではありません。
春といえば菜の花ですよ。私にとっちゃ、菜の花こそ今日の最大目的。
だったのだけど、思ったより咲いてなくて、人が植えたものだと何かが違うんですよね。やっぱり自然に広がった菜の花畑の威力には敵わないんだなぁとちょっと寂しくなりました。
子どもの頃に大好きだった菜の花で埋め尽くされた川土手と向こうに見える田んぼと三角のぼた山、そして桜の木…。何であの時の風景を写真に撮っておかなかったんだろうと、激しく後悔しています。スケッチ大会で描いたヘタッピな絵でしか、我が家にはその風景は残っていません。。。

甘橿丘の次はチューリップ園に。
普通の畑に植えられたチューリップなのですが、まばらでもう少し後の方がよかったみたい。オレンジ色の元気なチューリップが一際頑張ってました。
その後は石舞台まで移動しまして、またもやまったりと桜を眺めおやつタイム。
きぃちゃんのうなずきんをパチリ。ちゃんと触ったのは初めてなんですけど、可愛いので私も欲しいなぁ。。。どこにでも連れていけそう。(こんなことを言うとふらんが激怒するに違いない)
HOLGAとフェイピンが活躍しましたが、スメハチも頑張りました。リバーサルは明日現像が上がってくるので、更新できるかな?
てふ*てふはやっぱりのんびりじゃないとダメみたい。
キーを打てないので、過去に書き溜めたものをUP。
声そのものよりも歌唱力に魅力を感じている人が多いことに気付いたアメリカンシンガーたち。
好きな歌手を羅列すると、ジュリー・ロンドン、ローズマリー・クルーニー、ドリス・デイ、ロネッツ、ジョニ・ジェイムズ、イーディ・ゴーメ、コニー・フランシス、シュプリームス…ってだいたい、この面々ちっともガールズじゃないし。
あと思いつくのはシュレルズとか、シフォンズとかシャングリラズとか…グループばっかじゃん~
あ、カレン・カーペンター!レスリー・ゴーア!コニー・スティーヴンス! いたよ。。。ちゃんと。グループはまた別の機会にしましょう。
うーん・・・この中から好きな声。難しい。アメリカって他民族国家なのよねぇ…と改めて思う。
この人数で好きな順番をつけるのは至難の業なので、無理やり系列分けして一気にご紹介。
ブログ更新、ピンイン作業などなど色んな作業が滞っている現在。
ちょっとアクシデントがありまして、土曜日まであまりパソコンを触れません。
メールのお返事とか、コメントのレスポンスもすぐには出来ないかもしれないです。
サインのしすぎで左手が腱鞘炎になってしまった隊長を思うあまり、私まで腱鞘炎に…いや、本当は決算期なので計算機の打ちすぎです。軽いものなのですぐに治るんですけど、仕事でパソコンと計算機を使わないわけにいかないので、プライベートでは自粛するしかなく。(肘まで痛みがまわってきているので)
こういう時でも書きたいことはどんどん沸いてくるのに、書き留めることが出来ないのが悔しい。
だから左手一本でポツポツやっていきますわ。
東雲さんちから戴いてまいりました。ありそうでなかった中華明星バトン。

#1 中華明星(芸能)にハマったきっかけは
「飽きるまで見続けよう映画月間」と題して、とにかく映画を見まくっていた2004年夏。
欧米の気になる作品は見つくしたので、そろそろアジア圏に…と手にした「大英雄」「覇王別姫」で張國榮(レスリー・チャン)と運命的に出逢ってしまいました。
両極端の役をサンドイッチに見たことで、あまりに振り幅の広いレスリーにときめきました。
しかも、レスリーと知らずに見た「欲望の翼」「花の影」の俳優じゃないかーーーっ!と、これは運命以外のなにものでもないと、勝手に強い縁を感じてまっしぐら。

leslie-57.jpg昨年から4月1日は特別な日になりました。
レスリーとの思い出がないからこそ、誰かを思ってそっと祈る日が悲しみだけの日にならないように迎えたい。
各地でレスリーと向き合うファンたちがいたことはわかっているけど、私はいつもどおりの1日を送りました。
昨年も同じようなことを書いたけど、特別な日だから何か…ということではなく、毎日を特別な日だという気持ちで大切にしていきたい。
レスリーが私にくれたもの、もうレスリーに返すことはできないけど、レスリーがいつも私を励ましてくれるように、私も誰かを励ましてあげることが出来たらいいなと、思います。
ヘタレだからこそ、毎日自分を励ましてくれる人がいないとね~。とは自分のことか(笑)
レスリーだけじゃなくて、私自身が色んな人に支えられていつも助けてもらって、そうやって日々を積み重ねているから、もし私の毎日から何かを感じてくれる人が一人でもいたら…ってほんとに些細なことだけどそういうことって日常に隠れてるものなんじゃないかなと、おこがましくも思っていたりするわけです。

また新しい1年が始まります。
ボーっとしていても1年、一生懸命過ごしても1年。
時間だけは誰にでも平等でそして誰とも違うもの。だから私にしか生きられない時間を刻んでいきたい。
目標は、そうだなぁ。。レスリーが「ちくしょー、早まった!こんなに素敵なファンがいるのに…何やってんだよー!」って悔しがるくらい、素敵な人になりたいな。
ちょっとくらいそう思ってくれないと、私はさみしいよ。
ヨーロッパと言っても、ほとんどフランスなんだけど…。

シルヴィ・バルタン(仏)>ジリオラ・チンクエッティ(伊)>フランス・ギャル(仏)>サンディー・ショウ(英)>ジリアン・ヒルズ(仏)>シラ・ブラック(英)>カミーユ(仏)>>>クロディーヌ・ロンジェ(仏)

やっぱりフレンチ強し。
中華一派に押され、我がサイトで出番を待ち続ける歌手のオンパレード…とも言える。実はクロディーヌ以外は好き度に大差がなかったりする。
そしてウィスパリン・ヴォイスとパワー・ヴォイスが真っ向勝負というか(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。