オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
蓋世英雄/台湾盤
…DVDトールジャケットサイズ。“花田錯”のMV、写真集が別途付属。
蓋世英雄/日本盤(4/5発売)
…“完美的互動”は未収録となるが、代わりに日本盤のみのボーナストラックが収録。初回プレスのみ“花田錯”“Kiss you goodbye”のMVが収録されたDVD付もあり。
蓋世英雄/日本盤(4/19発売)
…収録曲すべてのMVが収録されるとのことだか、詳細は未発表。
康熙来了/日本盤(5/9発売)
…台湾のバラエティ番組。面白いらしい。
スポンサーサイト
昨夜遅く、妹が「姉ちゃん相談があるねん」と言ってきた。
うちの妹はいつも私が寝ようとする頃にそんなことを言ってくる。
数日前からふさぎ込んでるなぁ…とは思ってたけど、一応向こうから何か言ってくるまではそっとしておくことにしているので、それとなく様子を見ていたのだ。そろそろかなぁ。。。とは思ってたけど。

で、内容というのが、簡単に言ってしまうと妹のちょっとしたミスで会社に損失を出してしまったというようなこと。実際にはまだ調査中でどうなるかはわからないのだけど。
かなりショックを受けている様子だったので、上司は何と言っているのかと聞いてみた。すると怒られはしたが、その他には特に何もフォローがなかった模様。

うーーーん。。

で、その損失とやらはどうする方向なのか。もしも最悪そのお金が戻ってこなかったときは、どんな処理を?と訊くと「わからない」

うーーーーーーん。。。

突き詰めて聞いてみると、どうやら似たようなことがあるとその職場の人間が被ってるらしい。

はぁ?何それ?
んじゃ、失敗したままかよ。意味ないじゃん。
ってことは何?妹が被るってこと?
何のための管理職?こんな時に責任持つから管理職だろーが。
たとえ妹がそれを負担することになったとしても、そもそもお前の指導不足だろー!
大体ね、毎回毎回休日出勤までさせといて、まともな仕事が出来るかっちゅうねん!
仕事を任せてるんじゃなくて押し付けてるだけだろー!

管理能力のない人間が管理職についたばっかりに起こってしまった悲劇だわな。
だいたい、同じようなトラブルが過去にもあるっておかしいじゃないか。
よっぽどぼんくらな人が揃ってるとしか思えない。
っつーか、こんな時にかける言葉の一つもないのかっ!この職場はっっっ(怒)

いつも妹には口を酸っぱくして“何事も上司に相談しながら仕事をしなさい”と言っている。
だが、こうも相談に応えられない上司というのがいるのかと…正直言うのもつらくなってくる。
だいたい、なんでまったく違う仕事をしている私が妹の職場の相談に乗っているのか。
いや家族だからいいんだけどさぁ…。
でも本当は先輩から教わりながら覚えていくことだろーが!ってことが多いのだ。

ひとまず。あまりにも凹んでいるので、

お金で済む問題なんだったら、そんなに落ち込む必要はない。誰かに怪我を負わせてしまったとか、そういうことでないのなら、たとえ一時的に借金を背負うことになったとしても先が見えている。挽回できる失敗だ。
今回のことを反省しているなら、次に同じことをしないように自分で何がいけなかったのかをきちんと把握して、その対策をとればいい。迷惑をかけた人に対して、また自分をフォローしてくれた人に対してちゃんと感謝して、今後の自分の仕事の姿勢でそれを補っていけばいい。失敗をただの失敗で終わらせることは誰でもできるからね。でもその失敗をどうやって自分の力に変えていくかってことにその人の価値があるんだから、アンタはこのまま凹んでるだけだったら失敗したことも意味がないよ。
次に誰かが失敗して困っているときに、アンタが力になってあげられるように、今いっぱい悩んでることはムダじゃない。

とだけ言っておいた。
失敗することに萎縮してしまって、本当に大切なことを見失ってしまわないように。それだけが心配。。
しかし本当に妹の会社の上司って…。呼び出して3時間ほど意見してやりたいよ。まったく。それでよく管理職やってるよな。

今朝もやはり落ち込んでいたので、先日好評だったとりだんご汁を作っておいた。
作ってみたが、妹はまだ帰らない(いつものことだけど…)。はよ帰ってきてくれ。お腹空いて死にそうだ
p-159.jpg

巻き太りの上カブリ…フィルム1本×だったんです(悲しすぎる…)
なんとか1枚、何かが写っているということでスキャンしてみました。映画村ですね。。。。はぁ。
他のもスキャンしましたので、追々tefu*tefuの方に更新していきたいと思います。
F4が香港でコンサートをやるってことで、ニュースなどでも大々的に取り上げられていますが、fuimeiさんからの情報で、なんとそのコンサートではレスリーの作品を取り上げるのだとか!
おぉぉぉぉ、それはあれですか?やっぱり香港だから??
作品って何だ?歌を歌うのかしら?(な…何を?・焦)
4人ともらしい。経典歌舞劇ってなぁに?ミュージカルのこと?

じゃあさ、ちゃいちゃいツァイサンにしてくれない?(そりゃ役だ)
歌か。歌…歌ねぇ………。。。
歌って欲しいのは“Love Like Magic”(ほら、可愛い曲担当じゃん?)“談戀愛”(やっぱ可愛い曲)。

レスリーの曲はシンプルだけど歌にすごく気持ちを込めるので、シンプルな曲の方がよりドラマティックになるんだよね。だから技術だけじゃ歌えないんだよ。レスリーの曲って。
スーにはとても良い経験になるんじゃないかなぁと思う。
歌唱力や表現力ってのは、そういうところで磨かれてくものだからね。
音程が安定していることも確かに歌唱力評価の一つではありますが、これは鍛えればある程度までは上げられる。でも表現力は感受性の問題ですからね。個体差があります(個体差言うな)。
ちゃいちゃい、キミはそのスモーキーヴォイスという個性的な声を持ってんねんから、表現力つけてくれ。きっとそれが将来のキミを支える!お姉さんはそれを楽しみにしてるのだよ。
以上のことを踏まえて、ちゃいちゃいに是非お願いしたいのは“左右手”“春夏秋冬”“流浪”あたりで。
希望としてはアルバム「紅」系の“[イ兪]情”のような艶っぽい色気のある歌を歌える人になってくれないかなと思ってるねんけど、これはちょっと路線違うか…。(ってかちゃいちゃいの路線て?)

実はレスリーの曲ってケンちゃんに合うんじゃないかなと思うものが結構ある。(…言っても、あんまりレスリーの曲知らないんだけどねぇ)
割とアコースティックな雰囲気が多いし、レスリーの後期の作品はイメージに合ってると思うの。ってことでケンちゃんよろしく~。“怪[イ尓]過分美麗”が聴きたいな。
ヴァネちゃんは(も?)あんまり歌を知らないもんで…“怨男”“何去何從之阿飛正傳”“My God”みたいなロックでラテンな感じが良いんじゃなかろうかと。ホンマにイメージだけで言ってます。

ジェリーちゃんが、これがなかなか難しい。
彼は正統派ボーカル曲で攻めるべきかと。そして一番お兄さんですしこれからを考えて歌には包容力が欲しいですねぇ。
“春夏秋冬”“知道愛”“追”このあたりはジェリーちゃんのイメージ。“陪[イ尓]倒數”は意外にハマるかもね。

4人だったら“沒有煙總有花”って結構コンサート向きだと思う。歌い継ぎとかコーラス重ねたりでアレンジにも対応できると思うし、客席からだって歌いやすい。(ってか私、歌いたい)
それともForeverつながりで“Tonight and Forever”か? いやぁ、それなら隊長にも是非お願いしたい。ピアノ弾き語りで(話題飛びすぎ)。
定番で“月亮代表我的心”。これなら客席からもかなり期待できるエントリーだ。
あとはやはり“MONICA”“今生今世”“有心人”あたりですかね~。これ可能性高いよね。
でも“有心人”は泣くからダメ。ダメだ…想像しただけで泣けてきた。あのメロディーがあかん。レスリ~~~~
やっぱレスリー素敵。はい。今思いっきりレスリーチャンネル入りました。今日は宏の会なのに(笑)

(“紅”“大熱”“我”はレスリーだけの曲であって欲しいので、実は他の人には歌ってほしくないヒト)
上海のフィルム現像があがってきました。カブリが思ったより多くてちょっと凹む。
HOLGAはやはりお付き合いが長くなってきたお陰でかなり良い感じなのですが、使い慣れないモノクロ中心にしたせいか、撮るときのイメージが明確でなかったのが写真にも出ています。
反対に思いのほか中国の風景と相性が良いことがわかったスメハチ。(共産圏繋がりだから?)1本しか撮らなかったのがもったいなかったわ。リバーサルかなり良いです。次に上海に行くときはスメハチをメイン機にしよう!
問題はフェイピン。巻き取りがめちゃくちゃ堅くて「これは巻き太りだな」と出す前からわかってました。割り箸はもう無理、ドライバーで巻いてもダメっぽい。ハリアナ部分だけ別の箱に付け替えて使うしかなかろう。心臓部だけは自作ながら性能が良いのが救い。ジャンクのHOLGAを探してきて移植手術することにします。

明日は、リーホンページをやりながら上海ネガのスキャンですわ。←これが大変なのよねぇ。
これまた久々に「心映的鏡子」の更新できます。
張國榮(レスリー・チャン)と王力宏(ワン・リーホン)。
この二人の名前を並べると、私の中に一つの思いが浮かぶ。
彼らは己の才能に甘んじることなく、いつも先を見つめ努力を惜しまず挑戦を続けてきた。
だからこその地位であり、彼らの作品には人を魅了し続ける力がある。

才能ある人が努力するのだから輝いて当然だ。
それをごく当たり前のこととして受け入れてしまいがちだけれど、本当はそこにある影の苦しみは計り知れない。
彼らが魂を削って命を吹き込んだ作品にはその計り知れない苦しみも潜んでいるのだと、思うことがある。
そしてそれ以上に彼らの誇りも感じずにはいられない。
あの自信の裏側には想像もつかない地道な努力が重ねられているのだ。
この積み重ねこそが誇りであり、才能を開花させ得る唯一の方法であることを彼らはよく知っている。
だから謙虚で懐が深い。
私たちはそうやって生まれてきた作品から彼らの姿を想像し憧れる。

だけど考えてみよう。
才能は確かに千差万別。だけど心を込めて打ち込むことなら誰にでもできること。
より良い自分を目指すなら何事にも誠実な気持ちで向かい努力をするべきなのだ。
誰かの力で何かを得ても、それは誰かのものであって自分のものではない。
彼らの自信に満ちた堂々たる姿の向こう側に目を向けてみると、そんな当たり前のことが見えてくる。

創造すること、すなわちそれは自己を見つめることから始まる。
弱い自分と向き合いその弱さを越えてしか見えないものがある。
彼らはそうやって、誰でもない自分自身の情熱と努力によって自己の才能を形にしている。

ならば私も、彼らのように積み重ねることで何かを掴めるのではないか。
自分の可能性を自分で狭めてしまうことほど愚かなことはない。
何が自分の力なのかなんて、動いてみなければ見えてこないのだから。
万年筆…使わなくなってどのくらい経つだろう。
母が万年筆愛用者だったので、私も真似して使ってみたらあまりの書き心地のよさにすっかり気に入ってしまい、母に隠れてコッソリ使ってました。
が、、、いつもペン先をつぶしてしまい怒られてたものです。
高校に入学した時にセーラーの万年筆をお下がりでもらいまして、とても気に入っていました。
赤いスリムなボディとゴールドのペン先がカッコよくて。
さすが国産だけのことはあり、字画の多い日本語を書くのにはピッタリです。細いペン先も引っかかることなくスルスル。
でも最近は字を書かなくなり、万年筆のお手入れもまったくしていません。まだ書けるのかな…
万年筆で字を書くと癖のある字でも味のある字に変身してしまうのだから不思議なものです。
昔から私は年上の人に手紙を書くとき、万年筆や筆を使う習性があります。下手なりに雰囲気のある文章に見えるから(笑)
妹は絵手紙を描いてますけど、、、私、絵はダメなんですよねぇ。絵が描けたら文章短くて済むのになぁ~
痛快な文章で語られる現代の中国と日本の姿についつい読みふけってしまう、らんさんのブログ。中華的生活「多少銭?」。(seesaaが中国からアクセスできないのでミラーブログもあります。こちら)
とうとう書籍になるそうで、タイトルは「世にも不思議な中国人」。

“うん命のデート”が出逢いでした(笑)
あまりに面白くて、会社の人やらKeyちゃんに「これ読め!」と送りつけ、頼まれもしないのにファンを増やしてみたり(笑)過去ログもかなり爆笑で読ませていただきました。

自分の置かれている環境に決してへこたれない。むしろ立ち向かってやろーじゃないの。

この精神が大好きです。
日中間にある様々な問題についても独自の視点からかかれており、現地で生活しているからこその発想にいつも唸ってしまいます。
またそれらの記事に対する読者からのコメントも様々でかなり読み応えがあり活気のあるブログです。
書籍が発売されるにあたり関連の記事は削除されるとのこと。コメントも一緒に消えてしまうのが残念です。
4月のコンサートチケットも無事手配できたので安心して遊びの計画を立てられます。
隊長来日サンキュー企画に本腰を入れて取り掛かりたいと思います。さーて。何して遊ぶかなぁ。。。
80%は大したことではないのですけど…
お部屋の片付けをしていたら収拾がつかなくなってしまいました。どうしよう…寝るところがない(笑)←笑えない

宝塚のビデオを少しずつ人にあげたり捨てたりしながら残り50本のところまでこぎつけました。うぅぅ、捨てられない。でも………(欲しい人いませんかね?)
CDは引出しタイプの収納家具が欲しいのですが、ちょっとお高めなので迷っています。(今月上海に行ったしなぁ) やっぱりラックタイプのほうがお安いしラクかしら(ダジャレではなく)。
本やCDなどはできるだけ陽の当たらない場所においていますが、それでも色あせが出てしまうのが悩み。コミックなどもできれば綺麗な状態で置いておきたいもの。茶紙を買ってきたので、せっせとブックカバーを作成中です。
数字のスタンプがあれば良かったのだけど、アルファベットしかないので中途半端なんだよなぁ。(工作好きとしてはスッキリしない)

衣替えもそろそろ考えなくてはいけないし、カーテンも春仕様に交換したいので、来週の土日は晴れてくれないかなぁ。お布団も干したい。お日様、来週よろしくお願いしますぅ。
今までは畳の生活でしたが、ちょっと気分を変えてラグでも敷いてみるかと思っています。背の高い家具とはおさらばしたい…。(私、いつも模様替えの悩みは同じだよね…トホホ)
とても久しぶりにサイトのBGMを更新しました。
4月に来日が決まりましたので、ようこそ日本へ~の気持ちを込めて隊長の曲でいっちゃいます。(4月1日前後1週間だけはレスリーのつもり)
今回は、今一番気に入って聴いているアルバム「唯一」から、ボーナストラックとして収録されている“比[イ尓]更好”です。
この歌を聴いている隊長とレスリーがどうしても重なってしまうのです。

「レスリーと同じ言葉で歌ってはるぅ~」

ってそれだけじゃなくて…何なんでしょうね。誰か説明してくださ~い。
うぅーーん。私の中での位置づけがレスリーの“沒有愛”と同じなの。リラックスソングっていうか…、肌に馴染むというか…自然に寄り添ってるっていうか…。うぅぅ難しい。
國語バージョンも浪漫バージョンも好きなんだけど、ついリピートしてしまうのは広東語バージョン。
隊長のフィット感があるこの声がとても好きなんですよねぇ。彼には色々な声のアプローチがありますが、このタイプの声が一番好きかなぁ。
micchiiさんち「愛すべき映画たち」でいただいてきた色バトン。
あ、あれだ。宝塚グラフとかでよくある質問に似ている~!
既にプロフィールでも書いてしまっていますが、あれから年月経ってるのでもう1回。

Q1:自分を色に例えると?
これ、以前は白って答えてます。よく言うよなぁ~(笑)
透明がいいなぁ。これまたよくみなさん答えていらっしゃいますが、無色透明の人でありたいですねぇ。色んなことを吸収して自分の色を作っていけたらいいなぁ。

Q2:自分を動物に例えると?
これは以前に猫と答えておりますが、なんだろうなぁ。
小鳥とか…(そんな可愛いもんちゃうな)。
しつこいのでヘビかも(いやだー)。
うるさいのでニワトリかも(それもいやだー)。
何か可愛くてほっこりする動物にたとえられたいわぁ。
やっぱり猫かなぁ。あまり人懐っこくないし、気まぐれだし、ええカッコしぃだし、自分でも自分がわからないときがあるし。
ミステリアスってことで(笑)

Q3:自分をキャラに例えると?(漫画でも映画でも可)
これこれ。これ答えたかったの。
目指すは「ときめきトゥナイト」の蘭世なのです。(あんな子になりたかった…)
あとは「風と共に去りぬ」のスカーレットのように力強く、へこたれない精神に憧れます。で、メラニーのように優しく包容力のある女性になりたくて…(つまりこの二人の好きなところを合わせると蘭世なのですが)。しかし現実は厳しくそんな姿とはほど遠い。
知的で美しく凛としたマギ(張曼玉)さんみたいになりたいなぁ。(もはやキャラではなくなっている)あ、願望じゃないのか。
我が家はよくサザエさん一家に例えられていたので、たぶん磯野家の中にいそうなキャラでしょう。

Q4:自分を食べ物に例えると?
コレ絶対納豆。
粘り気があって好き嫌いがはっきりしてる。これ以外の食べ物は思いつかないわ。
香り豊かで深みがあって、ほんのり甘くほんのり苦い。…コーヒーみたいな人になりたいな(飲めないけど)。

ちょっと色々と調べ物がありましてFM TOKYOのサイトをウロチョロしていたら、まひるちゃんの番組「紺野まひるのKampo★Urban Weekend」を発見しました。

あらら~?お隣は谷原さん???きゃ~お似合いの二人だわぁ。ふむふむ。私と谷原さんが並ぶとこの身長差なのね…(何考えてるんだ)
まひるちゃんの喋りはお顔に似合わず結構クール(しかもぶっきらぼう・笑)毒舌なので好きなのよねぇ。聴いてみたいな。

放送局
★土曜9:00-9:30
  東京、大阪、愛知、福岡、北海道、仙台、広島、
  秋田、長野、石川、岡山、山口、香川、愛媛、中九州、
  大分、沖縄
★日曜9:00-9:30
  滋賀、山陰

谷原さんの番組「24Living」もあります。
ラジオなのに動画で予告も見られるのさ。ネットはすごいね。。。本日のゲストがまひるちゃんらしい。(約5分の音声ファイルあり)
PART1ということは、2もあるのね?
いやぁ、まひるちゃんがミステリアスってねぇ…(ちょっと複雑だわ・笑)
谷原さん、声ステキやぁ~

で、モーニングコールってのがあったので見てみた。
おぉ、自分の好きな時間にモーニングコールがもらえるのかぁ。
谷原さんの声で目覚めたら腰抜けるな。(ないんだけど)
リュ・シウォンってよく見かける人やわぁ。へぇ、ファンの人必聴やなぁ。
是非とも隊長も仲間に入れてくれぃ。「はよ起きやー!」って怒られたい。(あほ)
でも「おはよー。もう朝ですよ~」ってのもいいなぁ、「いつまで寝とんねん!」でもいいや(結局怒られたい・笑)
長くかかってしまいましたが、先月ようやく昨年発売された「The One and Only」をすべて読み終えました。
そして書こうか書くまいか悩んでいました。

これは難しい。どう表現すればいいのか悩んでしまう。

なかなかページが進まなかったのは、あまりにも濃厚な思いが詰まっているからで、なんと言いますか、私のような彼との思い出を持たない人間からしてみると、若干疎外感を感じてしまう内容だったのです。
気持ちがあまりにもストレートに綴られているため、この思いを共有できない人間からするととても重く辛いものに感じてしまうのです。同じ時を経なかったために、どうしても温度差を感じずにはいられない。
彼がいないという現実に、私が抱えている言葉にし難い大きな穴と、ずっとずっと彼を見てきた人たちの抱えている思いは決定的に違うのだと思い知らされました。
だから出てくる涙の意味も全然違う。

これはどうしようもないことなんですよね。
レスリーに対する思いは100人いれば100通りあるわけで、それを否定するつもりはまったくなく、ただ私の気持ちは…。
非難覚悟で書きますが、後半のファンからの追悼文に関して改めてこういった書籍にする意味に戸惑いました。
でも今は、この書籍の出発点がファンの思いが大いに関わった編集によるものだったということから考えると、その思いが後半の追悼文に集約されてるのかなぁ、とも感じています。まさに、彼を愛してやまないファンの有難うの気持ちが集まった彼へ贈ったメッセージ。

「王力宏/蓋世英雄独唱會紀念版」とやら950元也。
結構な金額ですね…。はぁ、無理ですわ。(いや…日本盤も予約してるし、もうええやろ)
で、特典ですがアジアツアーの写真集が付くのですね。
台北・日本・上海・北京・シンガポール・香港・マレーシア …っつうことは、これらは決定事項ということなのね?(これってもしかして開催順?)
そしてもう1つの特典。
2006 Sony Ericsson 王力宏 蓋世英雄演唱會門票 <票價800>
ってことはチケット抜きだと150元なんや。(適正価格だな)
日本コンサートのチケットなら、この紀念版買ってもいいんだけどなぁ。


■残念だったお買い物記録。
日本ではなかなか情報がない周迅ファンのために(実は結構数、周迅のキーワードでアクセスがあるのだ)、きちんとしたレビューを…と思っていたのだけど。
昨年末にオーダーした「周迅 VS 趙薇 原人原唱[上/下]拉OK」「2003 Live Tour」
若干…そんな予感はしていたんだ。大陸だしね。。。

でもまるっきり…まるっきり同じ映像じゃないかー!!

周迅はとても可愛いのよね。

だけど、これはツアーじゃないだろー!

悲しくて力も抜けた。看海のMVが入ったメディアは存在しないのか?私は逆立ち靖さんとお蓉が見たいのよぅ。
ジェイのアルバムに入ってた周迅MVが心のオアシス。
立ち直ったらレビュー書きますね。やっぱり少しでもきちんとした情報は必要だと思うし。。。

中華ずくしの日々を送っている私に目の覚めるメールが入ってきました。
『フランス映画祭2006』
ほほぅ。大阪ではヨーロッパ映画祭をやっていますが、フランス映画祭って関東だけだったのよねぇ。今年は関西でもやるらしい。
し・か・も!高槻でもやるっていうじゃないですか!ひゃ~やるねぇ。
最近ちっとも行ってないから会員カードの期限切れちゃってるけど…これやってくれるならもう1回入るわよ。

忘れないように書いておこう。

3/16 パレ・ロワイヤル!(ドヌーヴ出てるの♪)
3/17 Toi et moiートワ・エ・モワ
3/18 何事も誓うなかれ
3/19 オーケストラ・シート or 恋は足手まとい

見事にコメディばかりをチョイスしてるなぁ。
…18・19日は東京に行かなくちゃいけないかもしれなくて、しかも何とかしてウィン・シャの写真展に行きたいので無理かもしれないなぁ。六本木ヒルズなら同じ場所だから行けるかなぁ。
で、高槻でもサイン会とティーチ・インがあるらしい。
ホントに~?!めっちゃ行きたい。ってか、本当ならエマニュエル・ベアールに会いたいところだけど。ってことは19日にお台場か?うーん…あそこ行くのめんどくさい。
でさ、パレ・ロワイヤルってドヌーヴ出てるけど来るの?来てくれるの?高槻に?!
どうなのよーーーっ!早くおせーてっ!
リーホンの話題ばっかじゃん
と思っていらっしゃる方もいるでしょうね。

ええ。

だってだって…来日するんだもん。盛り上がりたいんだもん。
実は歌手のコンサートって初めてなんです。
(正確には南こうせつとかダーク・ダックスとかのは行ったことありますが…ちょっと路線違うよね)
レスリーの時は存在を知らなかったから行ったことないし、いまだに映像は見られません。色々と思いがあって手が出せない。ちょっとずつ色々なところで小出し映像は見ましたけど、全編通してはやっぱりまだダメだなぁ…(意気地なしなもので)
だからね、隊長のコンサートはすごく楽しみで仕方がないんです。
チケットもまだ手配できていない状態だけど私は行く気満々。行けるもん絶対。私はこれまで行きたい公演は今まで一度も逃したことありません!(チケット取れたけど自分の都合が悪くて行けなくなってしまったことはあるけど)
だから、どうやって楽しむかってことに集中したいの~
特に春はレスリーのことを考えるとついつい物思いに耽ってしまいがちだから、できるだけ楽しい話題で乗り切りたいの。ちょっとの間だけ…隊長祭りさせてもらいます。

「蓋世英雄」日本盤アルバム[初回プレスのみMV2曲入DVD付](4/5発売)
「康煕来了」王力宏出演回 国内DVD予約受付中(5/3発売)
と食いついてしまった記事。
「新上海灘」がドラマ化される話は以前に聞いていたのですけど、主演にイ・ビョンホン。
なぜに韓国人俳優?
それならウソン氏も出て欲しいよなぁ。…って思ったら否定かいな
リク役、なかなか似合うと思うけどなぁ。中国のドラマで韓国人俳優が主役って難しいのかしら…人気があったとしても。
大陸の俳優さんって四角いイメージの人が多くて甘い二枚目って少ないのよ。レスリーで見てしまうとどうしても基準がそこになってしまってツライ…。
気になるマンキョンはドラマ「神雕侠侶」で楊過を演じている黄暁明(ホアン・シアオミン)が配されています。
楊過ちゃんにマンキョンとなるとレスリーとの縁を感じずにはいられないのですけど、彼のお顔は精悍なアンデータイプ。
今回のリメイクは映画「新上海灘」ではなく、周潤發(チョウ・ユンファ)の「上海灘」のリメイクだということなのですが、リクは誰なんだ?

楊過と言えば、アンデーのドラマ「神雕侠侶」の完全版がDVD化されているそうで。
英語字幕があると見やすいよねぇ。アンデーの楊過は金庸氏の一番のお気に入りだそうですね。見てみたいとは思うのですが、まだレスリーの作品でも見ていないのが多すぎて、いつになるか不明。
本ブログの方に、今回の激活の旅レポを細かくアップしているところなのですが、あまりにも長いシリーズになってしまいそうなので、ちゃんとサイトで公開できるように作成中です。
影視楽園の写真とか綺麗にレイアウトしたいんですけど…うまくいかない。センスくれ…1日でいいから。。。

上海影視楽園だけ更新しました。
■上海に発つ前に書きかけていて、そのまま空を越えたら東雲さんに先越されてしまいました(笑)なのでわたくしは便乗という形で…
詳細は東雲さんの「My Favorite Things☆」をご覧下さいな。でもってアンケートに答えてくださると更に嬉しいです(アンケート終了しました)。

1 ファンの方たちにはLEEHOMはどう写っているのか?
 ファンになりたての身なので、何もかもキラキラでして…。
 同世代なので非常に親近感を覚える存在です。
 ちょっとしんどい時でも王力宏の音楽を聴くだけで元気になれる
 ビタミン剤のような…(我ながらベタな表現だな・笑)
 女の子といるより男の子同士でつるんでる方がしっくりくるというか
 私の中ではやんちゃ坊主さんという位置づけです。 
 あの人も頑張ってるから、私も頑張ろう…っていう感覚で見ているので
 明星というイメージが実はあまりない人でもあります。


2 彼の何処に惹かれているのか?
 音楽に対してとても真面目なんだけど遊び心を忘れないところが好きです。
 自分のスタイルを模索し続けてチャレンジをしながら、
 決して聴いている人を遠ざけず、むしろいつの間にか傍に寄り添ってくる
 人懐っこさを感じさせます。
 心から音楽を愛していて楽しんでいる、その気持ちが伝染してくるから
 彼の曲を聴くとHAPPYになるのだと思う。
 音に対して敏感でこだわりを持っているけれども、一人よがりになっていない。
 音楽を聴けば王力宏という人が見えてくる。そんなところがとても魅力的です。


3 何を求めているのか、何を見たいのか?(4月コンサートに対して)
 求めるもの…もちろん王力宏の表現したいことなら何でも受け入れます!
 彼がどんな風に音楽と接しているのか、実際に見られるだけで幸せなことなので
 どんなスタイルでも全然OK。そのへんの許容範囲には結構自信があります。
 
 理想のステージというと、やはり他の人にはなかなか出来ないスタイルという意味で
 ジャズセッションのように、その日の気分、客席の反応と共に変化していく
 ステージです。同じ演出でも日によって違うのが舞台の素晴らしさなので、
 それを更に濃密にしたものを期待します。
 楽曲で是非入れてほしいのは“[イ尓]和我”“愛無所不在”“龍的傳人”
 “DREAM AGEIN(英語バージョン)”。
 とにかく彼の音楽が好きなので、一緒に盛り上がりたい気持ちもありますが、
 できれば腰を据えて彼の音楽をじっくり堪能できるようなステージがいいなぁ。
 (会場のキャパから言ってちょっと難しいかもしれませんが…)
 台湾や香港などで出来ないことも日本でなら出来るんじゃないかなと思うし。
 エンターテイメント性は抑えても音楽をじっくり聴きたい。

 日本に来てくれるだけで嬉しいし、ステージそのものが王力宏だと思うので
 どんな内容でもいいです。来てくれてありがとう!と言いたい。


本日の上海もお天気で暖かかったので、お散歩には最高でした。
昨日騒ぎすぎたため、少しゆっくりと眠り先にチェックアウトをしてからお出かけることに。
南京東路から外灘を通って豫園まで歩いていると、ちょうど外灘に出るところでなんと!隊長バスに遭遇できたのです。帰る日まで見守ってくれるなんて、なんて優しいんだぁ(涙)
道向いだったので写真は撮れなかったのですけど、2回遭遇できたのでしっかりと目に焼き付けました。
それから道行く人々の観察。
体当たりしてくるキャッチをきっぱり断るきぃちゃんに驚き(日本では考えられない・笑)、外灘の美しい建物の横をパジャマで通るおばさんに度肝を抜かれ、ひまわりの種をペッと吐き捨てる人の多さに驚き(お前らはハム太郎かーっ!)、カーッペッとゲフッという音が色んなところで聞こえてくるこの中国の生活習慣に、三日目にして少し慣れてきました。
こんな綺麗な場所でそれをしてしまえるあなたたちってスゴイよ。凄すぎる。

それからタクシーを使い花薗飯店まで。
お土産の小物類を購入後、またもやてくてく歩きながらヒルトンまで戻ってきました。
万歩計をつけなかったのでどのくらい歩いたかわからないのですけど、この旅でもやはりずいぶん歩いたと思います。
出発の時間まで少しあったので、近くのローソンで細々としたお金を使い切るため細々したお菓子を購入。
ジェイラーメンが1.7元…日本の1/6だよ~。どこのコンビニにもチャオちゃんのお菓子がいっぱいありましたが、隊長のお顔がついた食品には出逢えず。。。

行って来ました!
この旅の一大イベント上海影視楽園について。かなり狭い範囲の中にギュギュッと建物が詰まっているという情報は得てましたが、その内容はベールに包まれていました。現実はいかがなものか…。

・・・・・・・確かに狭い。確かに半日で十分。確かに人気(ヒトケであって決してニンキではない…がたぶんニンキもあまりないであろう)がない。

でも楽しいの。だってね忠良やマンキョンがいた風景を探しながら、(ほとんどゴーストタウン状態の)園内をめぐるのは中国でしかできないもの~。
あぁ、ここをレスリーは通ったんだなぁ、この風景をを見ながらお芝居のこと考えてたんだなぁとか、色々思いつつ上海影視楽園、満喫してきました。
若干、お食事事情がよろしくなくてつらかったのですが、お夕飯で挽回しましたのでチャラです。
写真はいつものごとくデジカメはあまり使わなかったので、現像があがってからアップしていきたいと思います。が、んんやはりここレスリーのいた風景をちょっとだけ。


この…この女神像。あぁぁぁマンキョン。ここから海を見つめて…って海ないやん!
レスリーたちはすごいね。ない海が目の前に広がっているつもりで演技してはる。しかもあのセットを目の当たりにするとその実感はいよいよ増してしまうのでありました。
正直この女神像以外の建物は拍子抜けしてしまうでしょう。あまにも、あまりになのです。映画のセットとしての使用が主の目的で作られているのだと思うので(たぶんね)、エンターテイメント性はゼロです。文字盤も発砲スチールだったりします。そして撮影後はそのままにしていくのが中華流なのかもしれません。
閑散とした、まさにガラーーーンな空間です。運よく撮影現場に当たれば楽しみも増えるかもしれないので、そういうドキドキ感もいいかも。(私たちはロケどころか他のお客さんもほとんどおらず、たぶん客数よりも従業員数の方が多かったに違いない)


本日、無事に上海に到着いたしました。
予定より少し遅れての到着だったので、布市場に行く時間が取れず最終日に移動。
本日は隊長が代言人をつとめる「FEEL100%」へ行ってまいりました。
地下鉄を降りてすぐに見つけられました。店内はかなり狭くてですね、しかも品揃えが極少(笑)
そんな中お店は新春セールだったらしく、ニット類1000円くらい。ということで、宏の会の会服(?!)を購入いたしました。4月のコンサートで着るんだもん♪
そして本日宿泊しているホテルの近くにある小売店には、隊長が代言人のお水の看板が掛かっていたり、テレビをつければ新曲“花田錯”のMVだけでなく“心中的日月”のMVまで流れちゃったり…なんだかとても隊長の歓迎に包まれた幸せいっぱいのてふ*てふ上海合宿となっております(勝手にそう思っておく)。
FEEL100%では、でかでかとこちらを見つめている隊長にテンションは200%上がる。、お会計のときに二人分のお買い物を一つの袋にまとめようとする店員さんに「ノンノン。4枚ください」と訴え、しわにならないよう(袋が・笑)に中のお洋服は早々とショッピングバッグに移し変え。立派でしょ?全部日本語です(おい!)
言葉が通じないのを今さら焦っても仕方がない。今回は笑顔で乗り切るのだ!と腹をくくってきましたよ。だから大抵のつっけんどんな対応でも全然平気さ。

そう。空港について荷物の受け取りのとき、なかなか私の荷物が出てこなくて困っていたら、荷物係のお兄さんが名前を聞いてくれて私の荷物を探してくれました。
「謝謝」というと「グッドモーニング」と返された。あぅっ、予想をはるかに超えたボケがここにあったとは!関西人、ガツンと一発やられました。日々お勉強ですわ。

本日は楽器店にも行ってきました。最初はタクシーを使おうかとも思いましたが、てふ*てふですから基本は歩き。
人民広場からひたすら歩き続け金陵路と福建路のあたりにある楽器屋さんで念願の中国笛購入です。
しかし…寒さで手がかじかんでいたためお店で試させてもらってもなかなか音が出なくて…なんか「あんたの吹き方じゃあかん」みたいなことをおじさんに言われてしまいましたわ。悔しい…たぶん私の方が上手いと思うんだけどなぁ。
思っていたよりも大きかったので指の感覚が慣れなくて戸惑いましたが、先ほど触ってみてやっぱり私の方が音が綺麗だよ。あとは指運が上達すればいける。
穴をふさぐ薄い紙は何で出来てるのかなぁ。タンポとかに使われてるような感じのぺらぺら感なのですが、実はおじさんは水のりで楽器に貼り付けるもんだから破けてしまいました。たるんでたしさぁ。張り替えたいけど、どうしたものか。ひとまずこれまた帰国したら楽器店に行ってみます。たぶんフルートの材料で代用できそうな気がする。
しかも楽器は、120元…って1800円?! もう少し上の楽器(見るからに色・素材が違う)も触ってみたかったけど、閉店間際に現れた客にあまり良い対応ではない店長さんだったのでそのまま帰ってきました。音はイヤじゃなかったし1800円だし。ひとまずこれで指使いを覚えてから次を考えます。
店内には月琴や柳琴があり、もし予算が合えば月琴も欲しかったのですが、荷物がとても多くなるので今回はあきらめました。今購入しても触る時間もないですし。
楽器屋さんが集まっている場所はわかったので、次に機会があったときにもう少し中国語を覚えてから来たいと思います。


本日の上海B級グルメ。その名もつっちー(本当の名前は老土家焼餅?)。
美味です。にんにくと胡椒のきいたピザのようなパンみたいな…。
大阪でやってもたぶん人気が出ると思うなぁ。アツアツで一枚食べるとお腹も膨らみます。これで?!1枚2元。チェーン店のようで、色んなところで見かけましたよ。
これはあれですね。子どもが遠足の前日に眠れないという…
最終チェックやら、チマチマと用事を片付けていたら日付が変わってしまった~。ってことはいよいよ明日が出発なのね。。。
何だかあっという間にこの日を迎えてしまいました。忘れ物とかないかな。大丈夫かな。

今の心配事…と言っても大したことではないのですが、ホテルからインターネットに繋げるかということ。
無線対応を信じて余計なものは持って行きません。(その分フィルム持って行きたい)
ヒルトンなので、ビジネスセンターもあるしLANコードの貸し出しもあるから何とかなるとは思うのですけど。
無事、上海からお便りできるよう祈っててください。
小数点含む…っていう文字が、小龍包に見えてしまった。しかも3回。
今日は特にどうかしてる。 朝からハイテンションだし、妙に親切だし(笑)
周囲は私が上海に行くから、とだけ思っているのでしょう。
ええ、もちろんそれもありますよ。だけど理由は別のところにもあったりする。
思い出すだけで顔がにやけるってば!

本当は今週末に行く予定だったエリザガラコンとベルばら。
上海旅行を取った私は、このチケットをどうするべきかと悩み、ガラコンとベルばら(2列目だったんだよぅ・涙)を先輩にお譲りしましたの。
ガラコンはマリコさんとあやかさんコンビ、そして千秋慎さんの日なの。渡す手も震えましたよ。
でも先輩は「え…ずんちゃん出ないの?えぇぇぇ~~」(ずんちゃんファンなのよね。わかってます)
ってことで、スペシャルのチケットを何としてもGETしたかったわけです。まさか取れるとは思わなかったけど。(樹里ぴょんの所はお断りが出たと聞いたし)
先日、ほんの少しだけ追加発売されたチケット、瞬殺でしたがGETしましたのよ。3列目。でも私のじゃないのよぅーーー(涙)

これまで狙った獲物(チケット)は逃したことのない強運の持ち主と言われ続けましたが、さすがに今回ばかりはちょっと自信なし。畑違いなんだもの~~
こうなったら人数集めてチャレンジするしかあるまいて。

そこでコッソリ、お隣の先輩にだけ打ちあけました。
チケットのご協力もお願いしましたわ。日ごろから宝塚と阪神戦で協力しておいてよかった(笑)

「そんなに好きやとは思わんかったわ。祐飛さんより好きなんちゃう?」

はっ……そうかもしれない。

最近、祐飛さんの舞台観てへんから自信ないわ。どうやろ。祐飛さんの方が好きかなぁ。どうかなぁ。
熱の上げ方は祐飛さんの時ほどではない気もするけど、それは年取ったからかもしれないし…はたまたいつでも会える人ではないという理由かもしれないし…(笑) どう思う?(誰に聞いてるのさ)
でもね。今回の旅行は別にコンサートに行くわけではなくてですね(笑)、あくまでも目的はカメラ部の修行です。(ほんとかよ)



が…今日からちょっとblog更新のペース緩めます。
準備は完了したものの、やっぱりふらんのワンピース作りたい…ので。
前に作った「小さな中国のお針子」インスパイア・ブラウス(…長いよ)を少しいじれば、私の小さい頃着ていたワンピースに作り直せそうな気がしてしまったのです…。
思いついてしまったらやらずにはいられない気質なので。ごめんなさい。ちょっとだけお休みします。2日くらい。

そして明日はいつも楽しみにしているショップの販売もあるんですよねぇ。上海行きには欠かせないアイテムを発見してしまい、これは必ずGETしてやる!の意気込みです。
自分のショップはもうやれる余力はないのですが、手縫いで対応になると作れる数はせいぜい3着(ミシン出すのがめんどくさいだけ)。それ以上は飽きちゃって続かない。。。
上海でイメージ画を撮ってきて「小さな中国のお針子」インスパイア・ブラウス改ワンピース(だから長いって)、ちょっとだけ作り足してみようかなぁ。
そーだ。サイトも8周年なんだし、3着限定で欲しい人がいたら…っていう、私も小さなお針子になってみよう。

…ということで唐突ですが。
「小さな中国のお針子」インスパイア・ブラウス改ワンピース、3着限定でゲリラプレゼントいたします。
詳細は私が上海から帰ってからの発表です。しばしお待ちを。

あ、上海では布市場に行くので可愛い中華柄の生地を仕入れてくるつもり。
中華柄でテンガロンって可愛いかなぁと思って。テンガロンとティアードスカートの組み合わせをやってみたい。手縫いで(笑)
できました。これはKeyちゃんのです。
面白いのも考えてたのだけど、切り貼りするには画像があまり良くないので却下。
パンダさんと蝶々でノーマルに作りました。一応50個対応なのですが…。
私のはKeyちゃんが作ってくれています。可愛いチャオちゃんが「加油!」と応援してくれています。
さすがに私の好みをよくご存知で(笑)

旅の準備も少しずつ進んでいます。
旅行会社からスケジュールが出ましたという電話をもらったものの、忙しくてすぐに行けません。やっぱ土曜日かなぁ。。。
今回の最大関心事はやはり中国のトイレ事情でしょうか。
噂には色々と聞いていますが、ここは覚悟を決めて行かねばなりません。いくらホテル利用のつもりでいても、何が起こるかわかりませんから…。
ひるみたくはないが、知れば知るほど弱腰に…。一応どんなパターンがあるのかだけは頭の片隅において、なるべくお世話にならないように過ごしたいものです。(心配なのはKeyちゃん…)
フィルムも用意したし、ふらんそわの準備も済んだし(ええ、やはりふらんを連れて行くことにしましたの)、ウェットティッシュ、使い捨て便座カバー&消毒シート、石鹸も買いました。
お洋服は…その…トイレ事情を考えますとパンツスタイルは厳しいかもしれない。スカートの方が安全そう。

今日は新しい携帯でどのくらいの画像が撮れるのかと思い、試しに携帯カメラを使用してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。