オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今さらながら激しくリピートして聴いている「Di-Dar」。たぶん王菲を好きになって最初の頃に購入したもの。
わたしが持っている王菲(フェイ・ウォン)のアルバムは北京語のものが圧倒的に多いのだけど、このアルバムは広東語の作品です。“流星”だけ北京語かな。
北京語の王菲は、やんわりフェミニンなイメージが強いのだけど、広東語だと言語の音の持つ印象と相まってとても個性的な感じの曲が多くなります。北京語が正統派なイメージだとすると、広東語は自由人って感じの王菲を楽しめます。
王菲の最大の魅力である“声”を生かした音作りという意味では、広東語曲の方が圧倒的に存在感あるなあ。

確か“流星”を聴きたくて(&ジャケ写で蝶がバックに写っている)このアルバムを買ったんだけど、聴きこんだ今となっては“曖昧”と“一半”が特に好き。“Di-Dar”と“一人分飾兩角”も好きだし・・と挙げ始めると結局どの曲も捨てられない王菲マジックなアルバム。
“享受”は鈴木祥子さんの“あの空に帰ろう”という曲のカバーだそうなのですが、日本の曲を知らなかったのでYou tubeで聞いてきました。おおおおお同じだ~~(←当たり前)(でも広東語で歌ってしまう自分・笑)
“享受”から“一半”への流れがこのアルバムの中で一番好きだ~~。癒される。。。

気がつけば、王菲のアルバムが一番多いです。それにレスリーと王菲と王力宏があるから、新しいボーカルに・・っていう気がまったく起きないんですな。
もう2年ぐらいCDを買ってませんが、意外と大丈夫なのはありがたいです。あ、いや・・そういえば「愛情大魔咒」を見つけたので買ってしまったな。。ウソつきました。1枚買いました。
王菲とレスリーのアルバムは、ちゃんと聴きこんでからじゃないと次のものに興味が沸かないので、なかなか揃わないです。廃盤のショックもあるでしょうけど、その時はその時。ゆっくりと大事に聴いていきたいと思います。
王力宏の「蓋世英雄」以降のアルバム2枚(・・もしかして3枚?それすらわからなくなっている)と、チャオちゃんの「天使旅行箱」は買っておきたいです。そのうち。

ああー。。王菲が復活する。嬉しいです。待ってたよ~

スポンサーサイト
チャオちゃんがブログを始めたってことを今さらながら知り、アクセスしてみたんだけど・・
重たくて開かない~~~
これだからあちらのサイトにアクセスするのが億劫になるんだよね。。広告とか動画とか多くていぃぃぃぃぃぃぃってなる。シンプルにやってくれんかのぅ。。
中国系のサイトを見なくなってかなり経つので、久しぶりにあけようとして忍耐がなくなっている自分に気付く始末。
チャオちゃんのブログでは、彼女のMVが流れるようになってるみたいだけど、読み込みに相当時間かかってます。これは日本からアクセスしてるからなのだろうか。それとも。。。我が家だけ??
まあ・・いっか。
見られなくてもチャオちゃんは好きなんだし^^

趙薇空間 趙薇(ヴィッキー・チャオ)のブログ
長らく・・・長らく・・・・・・(涙)
趙薇ちゃんといえば小燕子です。
ええ。。サンテレビで放送されてるのを知っても、我が家に電波入らず・・・涙を飲んでおりました。でもきっと、日本語版が発売されると信じておりましたよ。
p-343.jpg還珠姫 ~プリンセスのつくりかた(6枚組DVD-BOX)
ドラマのままのタイトルがちと・・・まあいいでしょう。そして6枚で25,000円ですよ・・高いですっ!アマゾンさんで2万円切ってますが、それでもちょっとキツイ~。。
いま話題のバラマキもとい給付金がおいくらいただけるのでしょうか。家族4人で6万円ぐらいと言われていますが、単身者にはあまりいただけそうにないですよね。単純計算15,000円も期待できそうにないんですけど~。
1万円ぐらい貰ったところで何か思い切ってお買い物!という気持ちにはならないので、そうなると使うとしたら・・・・税金のお支払い?!現実ってこんなもんよね。。

まあレンタルも出そうですし、ちょっと様子見るとしましょうか。


そうそう。また今さら公開ですか・・と思ったこちら。
「初恋の想い出(情人節)」日本公開はないと思って中国語版とっくに買っちゃったわよっ。そしてなぜか関西の上映ないです。なんでやーっ
この映画の主題歌は趙薇ちゃんが歌う♪シェイクスピア~ 素直な声の伸びめっちゃ可愛いんだよなあ~(『飄』に収録)
ダサダサな趙薇ちゃんが一番可愛い(笑)

私はサッカーのことは全然わかりません。だから選手のこともまったく知りません。
そんな中、数少ない名前と顔が一致しているうちの一人、中田氏の特集を先ほどテレビでやっていました。
少し前に夜中にやっていたのとたぶん似たような内容なんだけど、彼が世界中を飛び回り、アジアの子どもたちの元を訪れているというようなもの。
前の時、もしかすると周迅が出るかも~と、、テレビをつけっぱなしにしていたら、やっぱり!
今回も周迅と一緒に施設を訪れたシーンが流れました。周迅のインタビューもほんの一瞬だけど…
中国のサイトで読んだものなので大まかなことしかわかりませんが、罪を犯し服役している囚人の子どもたちが共同で生活している場所で、周迅は以前から支援活動をしていたので、その村に中田氏を誘って連れて行ったのだそうです。
・・・中田氏はカーリン姐さんのパーティーにも出席したりしていますよね。確か台湾のモデルさんと噂になったりもしてたかと。その上周迅とも交流があるとは。。いったいどんな繋がりなんだ?
私も周迅と友達になりたい。

お正月、あまりにやることがなかったので地元の本屋さんへ行きました。そこでなんとエヂと目が合いました。いや「POP ASIA」を見つけてしまいました。
いやぁ、あんな田舎にも韓流の波は押し寄せておりまして、その流れでこの雑誌がポツンといたわけです。
立ち読みで帰るつもりだったのですが、表紙にレスリー・チャンとあっちゃ無視できねぇ。
中身も確かめずに買ってしまいましたわ。
車の中でめくってみたところ、レスリーの姿は見つからず、、、いや、あるにはあったんですがね。まぁ、ええ。(美しい古装の男、なら私は「東邪西毒(楽園の瑕)」が好き)
でも、何よりも「如果・愛」で陳可辛(ピーター・チャン)監督へのインタビューが載っておりまして、周迅も載ってまして、、もうこれが救いです。いえ、二人は私のこの落胆を察してくれたんですよ。きっと。
レスリーの名前が出てくるんです。感激。

女優になる決心をしたのは2000年のことで、「風月」「蘇州河(ふたりの人魚)」を撮ったときはまだ決めてなかったんですって。「風月(花の影)」でレスリーや鞏俐(コン・リー)と共演して、いろんなことを学んだと。
そしてこのインタビューによると、新アルバムを準備中って話です。黄耀明(アンソニー・ウォン)も関わってるって、、これまたレスリーに繋がるじゃないの~~
めちゃくちゃ楽しみにしてます。いつ頃かなぁ~

陳可辛監督の語るレスリーは、すごく大切に思ってくれてるんだなぁ、、と感じるよいお話です。
ソフトバンク携帯のCMを見ていて違和感を感じていたのは私だけじゃなかったようで。
しかもこの時期にあんなCMが流れるとは。。とビックリしちゃったんですよね。
テレビはCMのない局くらいしか見ていないので唐突にこのCMを見て、世の中おかしいんじゃないか、と思いましたよ。

さて。以前から記事にしようと思いつつ流れていたネタを今さら。
「天龍八部」に続き「新雕侠侶」でもヒロインを演じている劉亦菲(リウ・イーフェイ)孃が、この夏から日本のCMに登場しています。(・・・私は彼女のバージョンを見たことないのですが)
社団法人公共広告機構のサイトで「生命を咲かせるカード」というタイトルの映像が公開されています。
いいねぇ、正統派美少女。
日本だと、蒼井優ちゃんが最近のお気に入りです。可愛いわ。年賀状のCMで着てる紫の振袖、めちゃくちゃ似合ってるよなぁ。
劉亦菲孃は中国人なので難しいとは思うんだけど、、、「細雪」見てみたい。
幸子→檀れい、雪子→劉亦菲、妙子→蒼井優かなぁ。年齢全く無視なキャストですけど…
「春琴抄」もええなぁ。。日本語だけでも大変やのに、関西弁なんかもっと大変でしょうかね。。(っていうか「SATURI」でも叩かれまくったツィイー孃を思うと到底無謀な発想だよね)
あ、じゃあポッキー四姉妹でいいや。(古っ・笑)
「飄」と同時に購入したアルバムです。
コンセプトは二面性。趙薇の多面的な魅力をこのアルバムで見せよう、ということのようです。
全体的には、前作「飄」のイメージにファッショナブルな挿し色が加わったという感じ。でもやっぱり「飄」の流れがメインなんじゃないかなぁ。穏やかな柔らかい印象です。
ダンスチューンな雰囲気の曲もありますが、私としては郷愁を誘うセンチメンタルな雰囲気の曲の方が彼女の素直さが感じられて好きだなぁと思います。
今回もグレイトなチャオちゃんの写真が…胸にズギュンときました。撮影はLESLIE KEE。ハリウッドスターなんかを撮影してる有名カメラマン。
チャオちゃんの可愛さだけじゃなくて、シャープな部分もちゃんと出てます。いい仕事してます。
「飄」と「雙」で思いっきりチャオちゃんが好きになってしまって過去作を集めてしまったという…実を言うと私は芝居ではなく音楽からファンになったのでした。
このアルバムの1stプレスには「京華煙雲」のサントラがついています。2ndプレスはサントラはなく、MVが収録されたVCDとの二枚組。
私のオススメは大陸盤1stプレスです。2ndとは全然違います。大陸盤だというのに美麗なジャケ写、しっかりした品質。絶対1stがいいです。(2ndは大陸だなぁという造り。そしてMVはDVDでも発売されてますから)
台湾盤にはオマケはついてません。cd本編のみ。

趙薇(ヴィッキー・チャオ)のこのアルバム…手にしたのは昨年の秋でした。1年寝かされ、ようやくレビュー。と言っても聴かなかったんじゃなくて、むしろその逆。「飄」はめちゃくちゃよく聴きました。初めて聴いたアルバムではありますが、彼女の作品の中では一番好き
優しいピアノとギターの音が戯れる中、チャオちゃんのハミングが…ってな感じの優しい女の子らしいアルバムです。全編通してふんわりと穏やかな雰囲気に包まれています。そしてそのシンプルさ故についつい手が伸びてしまう。そんな1枚。
しかし、実はこのアルバムめちゃくちゃ豪華メンバーだったんですね。
王菲の曲でもおなじみの陳亞東(チャン・ヤートン)、日本でもアルバムを発売しているYiDAこと黄義達(ホアン・イーダー)、、、よく名前を見かける謎のNo Name。
このレビュー書くために情報を整理するまで、私、まったく気づきませんでした。というか、知ってる名前が増えた、という方が正しいのか。
チャオちゃんレコード会社移籍後(Avex→Virgin)の作品ということだからなのかもしれません。作風が思いっきり一変してます。
小燕子のイメージを払拭(と言うかそれにこだわり過ぎなんだと思うけど)、等身大の魅力溢れる佳作です。ジャケット写真も中のリーフレットも非常好です。私ジャケ買いでした(笑)

“飄”というのは、風に吹かれひらひらと舞いあがり漂うという意味です。
チャオちゃん自身はこのアルバムについてこう語ってます。
「学生の時、授業中にこの“飄”のイメージをノートに綴ったの。このアルバムのタイトルにしたのは、ファンと共に思い出を振り返りたいから。音楽を通して私のことを知ってほしい。」
このアルバムの発売前に、色々とバッシングや誤報なんかで槍玉に挙げられてたことも含めて語ってるようですね。
私自身はそういう話題から遠い日本にいるのでまったく真っ白な状態で聴きましたが、チャオちゃんのメッセージがちゃんと感じられるとてもステキな作品だと思いました。
533.jpg少し前になりますが、王菲のDVDを買いました。
カラオケと普通のLive映像の切り替え方が分からず四苦八苦。
一通り見まして、やっぱり王菲って上手いわぁ、、、と聴き惚れる。
喋ってるのが(何言ってるかサッパリわかんないんだけど)、なんか可愛くて見惚れる(笑)
“千言萬語”は上海灘で毎回見てるので、おぉ~この映像だったのかぁ、、、と言いながらやっぱり一緒に歌ってしまうのでした。(「菲靡靡之音」のボーナスに入ってるのもこのときの音源でございます)
でね、ラストにクレジットが出てくるんですけど王家衛の名前を発見!
なぜ?!と追求してみますと、このLive映像(一部の曲)を設計、映像編集?を王家衛が手がけてるみたいです。クレジットには3曲ありますが、収録されてるのは1曲だけ。あと2曲は在[ロ那]里~?
“出路”、、、ラップ?のような、つぶやきのような。歌ってる王菲の映像が切り貼りされております。
Live盤CDの曲リストを見てみると、随分と端折られてる…。なんでダイジェストなんだ?嫌やーー
ライブCDってほとんど聴かないんだけど(王力宏のもまだ聴いてない)、買ってしまおうかしら。。
いや、でもこれのDVD出てたよな。やっぱ映像探すべきか…悩みますなぁ。
ま、追々探していくか。それもまた楽しいってもんよ。
このLiveでの王菲はモトローラのコマーシャルみたいな感じのルックスですのね。
きぃちゃんは「泣きながら歌ってるヤツ」と言っていましたが、泣いてません、ので。メイクです。お間違いなきよう>きぃちゃん
今日のレッスンで言おうと思ってこればっかり練習してたら、、、復習がほとんど出来なかった…(何やってるんだか)
出現了とか参加在廣播節目になるそうな。ふむふむ。やっぱり質問できる人がいると勉強もはかどるものね。嬉しいわ。

そうなんです。昨日NHK FMの「アジアポップスウィンド」で周迅が出てくれたの~~~
ちょっとだけ日本語も話してましたよ。めちゃくちゃキュートねぇ。当然ですが、ほとんど中国語。色んな話をしてくれてました。
「如果・愛」のこと、共演者のこと、歌のこと、、などなど。MDに録音してあるのであとで何回も聞きなおすんだ~♪
曲は“春天”(←これは周迅が選んだ曲)と“外面”が流れました。あとおしゃべりしてる時のBGMはたぶん“翅膀”。
私は“飄揺”とか“偶遇”が結構好きなんだよね。“大齊”もいいね。可愛い。

チャイニーズ・ポップスでお気に入りを紹介してください、ってことでチュンちゃん(張學友)の曲から“藍雨”を選んでました。私は最初“藍宇”かと思いましたよ。。。ビックリした。
ところどころしか聞き取れない中国語ですが、なぜか王力宏とか周迅とかレスリーとか、自分が好きな人の言葉だとわりと聞き取れるらしい。やはりこれは愛ゆえに?
10年後の自分はどうなってると思いますか?っていう質問に、
「え~~10年後?!そんなのわかんないよ~」
と言いつつ、酒びたりのおばちゃんになってるかもしれない、って。これまた可愛いお答え。
ラスト曲“外面”の紹介前に「歌神張學友」と紹介しているにもかかわらず、日本語の通訳さんは普通にジャッキー・チュンさん、、とだけ。悲しい…

そしても一つ。昨日の「テレビ中国語会話」に周迅が出てたっていうじゃないのよー。
外出してて見られなかったわ。。。悔しい。
明日の早朝に再放送やるので、絶対見なくちゃ。ってことは来月か再来月にはテキストに載るよね?楽しみ~~
今「如果・愛」の予告とかCMがテレビでもしょっちゅう流れてて、なんかもう嬉しいったらありゃしない。(さすが金さん効果はすごいわ)
いよいよ今週末だわよ。待ち遠しかった。去年から待ち続けましたもの。いっぱい見に行くわっ!
p-262.jpg
「只愛陌生人」のカラオケDVDを手に入れました。もう廃盤でどこにもないと思っていたのに~~!(「寓言」と「唱遊」もきっと見つけてみせる!)
初めて王菲が女性歌手とデュエットしてるの聴きました。
すっごいいい~~っ!
彼女の声って存在感あるのに不思議と主張が強すぎない。個性的なのに押し付けがましくない。
それがデュエットにおいては強力なパワーを発揮してて、聴きごたえあります。
那英(ナー・イン)と歌った“相約1998”。
奇をてらってなくて安定したアルトなんだけども、すごく澄んでるのです。素晴らしいっ!
ハモったときの気持ちよさって、単に歌が上手いだけじゃダメなんですよね。声の相性ってあるもの。
王菲の声は相手に合わせながら自分も主張できる声なんですよ。だからデュエットしててもしつこくなくて、相手をちゃんと立てて自分もアピールできる。
王菲ってばやっぱりすごい歌手やと思うわ。
那英もすごいパワーのある声でいて包容力がある感じ。いい声です。

過去に私が大満足できたデュエット声の持ち主っていったら、花組の娘役トップだった森奈みはるさんだけなのだわ。彼女の声は素晴らしかった。みはるさんも音域が広くてやっぱりアルトが綺麗に響く人でした。やっぱりクリスタルボイスってすごいのね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。