オモウソラ

日々の想うことをつらつらと。 本家“想空”のミラーブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

宝塚のアステアと言われた大浦みずきさんが亡くなったと、今朝のニュースで訃報を知りショックでした。
なつめさん、レスリーと同い年だったんだなあ・・・。なんてことまで考えてしまった。若すぎるよ。


なつめさんの率いた花組は、その後の宝塚に大きな財産を残しました。たくさんのスターが生まれ、この時代の花組はホントに素晴らしかった。
なつめさんは偉大なトップスターだったけど、舞台では下級生までみんなが輝いて適材適所で活躍の場を与えられていました。その結果、層の厚い素晴らしい組になっていたと思います。
個性豊かで華のある花組。
わたしは根っからの月組ファンだったけど、あの頃の花組は好きだったなあ。
月組もやっぱり剣幸さん時代は層が厚くて個性豊か。特にお芝居でキラキラしてる下級生がたくさんいました。
ダンスの花組、芝居の月組を一番感じる時代でした。
いまは組のカラーってなくなっちゃったから、それが寂しくもあり残念でもあり。もう見なくなっちゃいましたけどね・・・宝塚。

なつめさんとウタコさんは同期生で、優等生と劣等生と二人はよく笑い話で語っていました。
お二人とも自分の舞台に対する姿勢をもって下級生を率いていたトップスターだと思います。
持ち味は異なりましたがTMP音楽祭(当時。現在はTCA)などで顔を合わせた時など、同期生らしいフランクな空気がステキだったな。お互いの女役を見て爆笑してるシーンとか・・・あったと思う(笑)
コンビを組んでいる相手役さんに対しての心遣いもステキだった。自分が出る時は必ず相手役さんも隣にいてちゃんと立ててる。
そうそう。昔は娘役が退団する時は記者発表なんてなかったんだけど(同時退団の時でも、男役トップだけが会見して、後日新聞に相手役も、と発表されるのが通常でした)、ウタコさんと同時退団するこだま愛さんは、娘役で初めて記者会見したんだよね。これはウタコさんの意向で実現したそうです。ミミさんはウタコさんに本当に感謝してましたもんね。

なつめさんも、いつもいつもひびき美都さんを大事にしてて、OGのTCAスペシャルの時、本当に久しぶりに見たお二人の姿は、あの当時と変わらず仲が良い夫婦でした。
だんだん思い出してきたけど、確かキャルさんは結婚なさることになっていて「嫁を嫁に出す」って散々言ってたなあ(笑)
あの頃の宝塚はコンビを組むってものすごく意味が深くて、長い時間をかけて世界を作り上げてきたコンビが多かったの。
なつめさんとキャルさんも、トップになるずっと前からダンスなどでコンビを組んでましたね。なつめさんがトップになるとき、キャルさんを指名したって聞いたことがあります。
トップになってからのお二人のデュエットダンスは、毎回花組の見せ場だった。大人の落ち着きと茶目っ気を併せ持った本当に素晴らしいコンビだった。


今でもやっぱりあの時代が一番好き。
宝塚のトップスターと言われたら、わたしはいつも大浦みずきさん、剣幸さんの名前が一番に出るんですよね。かなめさんのファンなのに(笑)
そのぐらい人柄の良さや、完成度の高い舞台や、下級生にいたるまで一人ひとりの顔と個性を思い浮かべられる層の厚い組構成を作り上げたこと、色々な意味で偉大なトップスターだったと思う。
あの頃を思い出すだけで胸が熱くなってドキドキするし、何度も見てるのに毎回ワクワクさせられる。名場面、名コンビがたくさん生まれた時代でした。
スポンサーサイト
水戸黄門見てたら「なんだかこの人大鳥れいに似てる・・・」って、大鳥れいだった。(ブログにも載ってた)
この人まだ若そうなのに貫禄あるし所作が決まってるなぁ~って、そりゃそーだ(笑)
花組の娘役で日本物が似合うタイプって意外と少なかったんよね。だから大鳥れいは好きだったわぁ。
今、「マルちゃん 麺づくり」のサイトで宝塚ファンの母という設定で歌い踊るみきさんのCMが見られるのですが、クイズに3問正解するとメイキング映像も見られます。これが笑える。みきさん素敵すぎやし(笑)
おうちの壁に飾ってあるサインとかね、よく見てるわあ~。あれ宝塚独特よね。花の道にあるお店みたいな家なのも笑えるww
「ドラマでもここまでやんないから」って・・そんなドラマあったら見てます。
秋バージョンは、ラーメン屋の大将になったみきさんが流れるみたいです。今朝「おはよう朝日です」で少し見たけど、TCAスペシャルかと思ったよ。。朝からええもん見させてもらいましたo(_ _)o
テレビで宝塚の特集番組をやっていて、何気なく見ていたのだけど、とうこさん77期のラストだったんだね。
わたしが初めて大劇場公演を見たのは月組の「ベルサイユのばら」でかなめさんのお披露目公演を見られるとドキドキしていました。ただ一言のセリフも漏らさず全部覚えておこうってずっと思ってました。
その時の初舞台生が77期生。4月4日11時公演は、安蘭けいさん、鈴懸三由岐さん、花總まりさんの口上で、「剣幸さんに似ている人がいる」とわたしにとっては特に思い出深い人だったりします。
たしかその時に泊まっていた若水に置いてあった「withたからづか」で、初舞台生代表として安蘭けいさんがインタビューされていた記事を読んだ記憶もあります。
77期生の中で、とうこさんはトップまっしぐらの人という意識が早くからありましたが、実際にそうなるまでは長かったですよね。主演経験も豊富だったし、実力も申し分ないし、いけそうなタイミングは何度かあったけれど、同期の他のメンバーが先にトップになり、とうこさんはホントに苦しんだと思うな。
76~80期あたりは、特に人気・実力がある男役スターが多かったし、劇団の方針転換なんかもあって、昔だったらとっくにトップになっていただろう、と思われる人がその座に就く前に退団するパターンも多かったと思う。そんな中で、とうこさんは踏ん張って努力してきたんやな。すごいことやと思います。
77期では花組のすみれちゃん、月組のナルちゃんもわりと早くから役を貰ってたけど、本公演での活躍度からいくとダントツとうこさんだったと思う。少ししてコムちゃんが台頭してきて、ナルちゃん、コムちゃんが組替えになって、いつの間にか雪組三兄弟が結成されて・・そのあたりからとうこさんを推すスピードが落ちてきたような感じだった。
このことは得るものも多かったと思うけれど、やっぱり競い合いの世界だから、それを忘れては日々の進歩はないわけで。仲の良さだけでは乗り切れない色んなことがあったに違いないと思います。

安蘭けいさんで思い出してみると歌劇の初舞台生対談で、かなめさんに「憧れのスターは?」って聞かれて「涼風真世さんです」って答えてかなめさんに突っ込まれたとうこさんの発言が一番最初浮かぶわけです。
芸名の由来について聞かれたときも、かなめさんから「『ベルサイユのばら』のアランからかと思った」って言われてたよね。さすがのわたしも「それはないやろ」って突っ込んださ(笑)
77期生で一番最初に思い出すスターさんは安蘭けいさん。花ちゃん、ナルちゃん、コムちゃん、すみれちゃんとトップスターは誕生しましたが、結局とうこさんの名前が最初に出てくるのは今も変わらないままです。
有休を取ったので、のんびり過ごした本日。
(*・ ・)...ボーっと見ていたテレビにみき(真矢みき)さんが出ておりました。宝塚時代を思い出させるようなマニッシュなスーツを着ておられましたが、足元は真っ赤なハイヒール。みきさんらしい(笑)
ドラマで川嶋芳子を演じるとの話になり、その映像が少し流れました。中国語喋ってます。うまい・・・
お芝居の中で中国語を話す、というシチュエーションは最近多くなってきたように思いますが、中国語のシーンになった途端、言葉に注意が行って演技が不自然になってしまう人も多いですよね。
そんな中、みきさん上手いよ。ちゃんと芝居になってます。驚いたけど、なんとなく納得。

長年宝塚を見てきて「ハッタリを効かせられる人がスターになる」とわたしの中では思っていて、そういう意味でみきさんはバツグンでした。歌もダンスも上手い人はたくさんいたけど、みきさんのセンスとか存在感は他の人にはないものでしたからね。自分をよく知ってるから出来ることなんやと思います。
宝塚は男役という不自然の存在があって成り立っている世界なので、特に特にハッタリが重要なのです。歌や芝居やダンスの上手さよりも、宝塚の世界観の中に自分がどう位置取りするか。人と同じやったら目立たないし、かといって違うことして違和感なくいられるかというと、それもまた難しい。
長い時間をかけて自分の芸名を育てていくわけです。男役10年といいますが、娘役も10年やと思う。


で。常々思うことの一つに、宝塚スターの演技について。
ドラマや映画や舞台でその活躍の場はわりとあるんじゃないかと思います。芸の基礎をつんでいるからある程度のレベルを保つことができる。
宝塚スターの現代物に感じてしまう違和感は、時代劇スターが現代物に出たときの違和感と似ています。どうしても物語のスケールと演技スケールにズレが感じられて居心地が悪いんだと思う。
時代物に宝塚出身者が強いのは、コスチュームや時代のスケールに負けないハッタリを身につけているから。所作や言葉遣いは一朝一夕で身につくものではありません。
でもそこから一歩前に出られるか否かは、それぞれの空間の中にどう自分を位置取れるか、にかかっているように感じます。

自然な演技って、普段の自分たちと同じようなセリフまわし・・というわけじゃないと思うわけです。
演技なんですから同じなわけありません。自分でドラマなどのセリフを言ってみたらわかりますが、普通の生活の中でこっ恥ずかしいもんですよ。言えませんて(笑)
では、自然な演技とは何か。
そのストーリーの中に違和感なく存在している演技のこと。セリフ回しに多少の灘があったとしても、その人物の人生が他の人物のそれと絡み合い柔軟に対応していける、言うならば空気をよめる芝居、それが自然な演技なんやと思います。
相手を飽きさせない、非日常の世界である物語の世界に“自然に”引き込む演技が“自然な演技”と言うのではないかなと。わたしの持論ですが。

檀ちゃん(檀れいさん)は大好きだった娘役さんですが、彼女もホンマに下手で下手で、昔から散々言われていた人ですけど、それでも檀ちゃんのお芝居好きでしたね~
新人公演時代の檀ちゃんは、そりゃもう下を向いてしまいそうなぐらいの下手さで、喋れば声は通らず、動けばギクシャク・・でも彼女のパワーは半端なかったです。
その場面の中にちゃんと役が生きてました。ぶっ飛びながらも目が離せませんでした。何があっても動じない強さがあったんですよね。それは彼女が役の人間として舞台に生きていたからなんじゃないかと、今思えばハッタリの勢いに相手を納得させる力があったんだなあって思ったりします。

みきさんの中国語が上手いと思ったのは、もちろんたくさん練習されたんだと思いますが、やはりドラマの中で川嶋芳子として生きているというハッタリがそうわたしに感じさせたんやと思います。


余談ですが、またまた(*・ ・)...ボーっと見ていたテレビCMにたぶん沢樹くるみちゃんが出ていました。
久しぶりに見た~~ 相変わらず可愛いね。(同期の叶千佳ちゃんも大阪ガスのCMに出てますが、やはり可愛い・笑)
くるみちゃんのお芝居も情緒があって素晴らしく良かったよなあ・・。大好きやったわ~
NHKの時代劇ドラマとか出てくれへんかなあ。。
“Don't let the sun go down on me”

この曲、レスリーとリーホンがデュエットしたことがあるそうですね。
Elton John(エルトン・ジョン)とGeorge Michael(ジョージ・マイケル)が熱唱しているのを聴きまして「あー ジョージ・マイケルほんまにええ声やなあ~」と浸る本日は日曜日。


わたしが彼の歌をはじめて聞いたのは高校生の時。
大好きなかなめ(涼風真世)さんが歌っていた曲を探して聞いたのが最初です。
ご自身もおススメされていたワム!のCD買ったなあ~

| u*) フリーダムが好きでした

かなめさんは、よく二人のマイケルを歌っておりましたなあ。
ジョージ・マイケルとマイケル・ジャクソン。大好きだって言ってたもんなあ。(大好きで歌えちゃうんだからさすがのかなめさんだよ)

あの頃、気軽にCDを買えるようなお小遣いもない高校生時代。洋楽のかかるラジオ番組をじーーっと聴き続けてました。大人になった気分で意味もわからず楽しんでいたような・・(笑)
確か「スターライト・ファンタジー」というディナーショーだったと思うのですが“One More Try”という曲がありまして、大好きでして、ラジオでこの曲が流れてきた瞬間「待ってーーーー!まだテープがセットできてない~~~っっっ」って叫んだのをよく覚えてます(笑)


ああ、そうそう。
かなめさんと言えば“Unchain My Heart”もはずせませんね。
これ聞くとゾクゾクします。
この曲ね、フルートの教則本に載ってたんですよ。こっそり吹いてみたことがあります。難しいです・・・息・・・・・絶えます(笑)
ええ、それはもう「トップなんてなれるわけないじゃん、あの成績で」と言われ続けていたあの時代から大好きでしたわ。
ずば抜けて美人だったけど、ずば抜けてヘタッピと烙印を押されていた。
だけど檀姫は決してヘタッピでは…ちょっと頼りないだけで経験さえ積めばいい女役になれるのよ!って思ってました。
いや、さすがの私も「チェーザレ・ボルジア」の新人公演はずっこけましたけど。あのセリフの浮き具合に。。。だけど、それを補って余りあるあの情熱的な演技。
檀ちゃんはいつも猪突猛進で役に体当たりする人だったから、いわゆる娘役とは明らかに違う道を歩んでいたわけで。
しかもダンスが・・・歌が・・・路線に乗れる要素がなさすぎる(しかも月組は昔から娘役の宝庫)。
カテリーナ・スフォルツア。女傑と言われた伯爵夫人。本役の夏河ゆらさんがはまり役だったのですが、檀ちゃんも負けてなかった。とにかく凛とした美しさにあの勇ましさ。。そりゃチェーザレもちょっかい出すさ。(でも私は可愛い祐飛さんに釘付けだったけど~)

そんな檀ちゃんが驚きの組替え、驚きのトップ就任、そして専科に異動したかと思うと再びトップ返り咲き。
なんつー波乱万丈な宝塚人生。
プリマダム、最終回は生放送でバレエを踊るってことで、、、大注目して見ましたわ。
ショーコ(黒木瞳)さんの最年少記録を破り、最速でトップ娘役になったくららちゃん。新旧サラ(ガイズ&ドールズ)の共演とあっちゃ、見なきゃならんでしょ。
神田うのちゃんは予想通りの踊りっぷりだったけど、意外にも高岡早紀さん踊れるんだと思った。
あと、古田さん~~。めちゃくちゃカッコええやん。惚れそうやったわ。

CMに出ててビックリしたぁ。
6月6日に新発売になった「キュプルン」とやらのCMでした。
そんなん、檀姫はもともと美しいじゃないかぁ!
それ飲んだら檀姫みたいになれるの?真っ白のスベスベの内側発光肌になれるっていうの?ねーねぇー
F子さんにも教えてあげなくちゃ~

武士の一分、予告をワクワクしてクリックしたら、、、出てないやん~。
しかも最初の「ドーン、ドーン」ってので「2046」の音楽が脳内に流れてきた自分が情けない…。

夏川りみ、という名前を初めて聞いたとき、
どっかで聞いた名前やなぁ…と気になってました。

今テレビを見ていて思い出しました。
小柳ルミ子の宝塚時代の芸名が

夏川るみ

だったーー!
スッキリした。
初舞台踏んですぐ退団したので、在団中のことは何も知らないんですけど・・・
56期(1970年)って言ったら麻美れいさんと同期やん~(ターコさんめちゃ好き~♪)藤京子さん、萬あきらさんと同期なのは知ってたけど(こっちのがマニアックや)
条はるきさんとか東千晃さんとか、宝純子さんて、、めちゃ渋い&豪華!
○年ぶりに80年史をめくって妹と騒いでしまった。

一時期は≪歩く宝塚おとめ≫とまで呼ばれた私も、記憶力落ちたなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。